東京JAZZ 2008 [ TOKYO JAZZ2008 meets BLUENOTE TOKYO ][ SUPER PLAYYERS ] 

昨日に引き続きの参戦。
この日の公演はSam MooreとSLYが目当てで参加。
他は「せっかく行くんだから。」と勢いで。w
いつもよりさらに予備知識全く無しでの通し参加。


感想文を提出いたします。
--
2008.08.31 13:00-
TOKYO JAZZ2008 meets BLUENOTE TOKYO
--


【Robben Ford】
とても面白かったです。
トリオだったのですがいろんなアプローチがあって。
ただ(31日・昼)の中に入ってしまうとちょっとファン層が
分かれてしまったのかなという感じでした。
まぁ実際のファンがどうなのかはわからないんですが。
内容の割にちょっと盛り上がらなかったイメージ。
もっと盛り上がってもいい内容だと思うんだけど。ザンネン。


【Sam Moore】
Sam Mooreの存在を知ったのはJaco Pastoriusの
ボーカルナンバー「Come On, Come Over」を聴いた時。
ソウルフルなボーカルに圧倒されました。
サム&デイヴというデュオで活動していた(らしい)のですが
ソロ名義のアルバムは最近にでた1枚だけ。(←素晴らしいです)

ここにも元気なじいさんがいました。w
ホントすごかったです。楽しかった。
昨日の公演とは見方が違う感じでとにかく
でっかいグルーヴを体感しろっ。みたいな。w

終盤Sam Mooreがちょいっと「立って聴いたら」みたいな
身振りをしたら会場がグワッと総立ちに。w

ファンク・ソウル。最高でした。


【SLY & THE FAMILY STONE】
SLYは上原ひろみさんが好きな音楽で挙げたのが
きっかけでCDを購入し気に入って聴いていました。

ボクがあまり持っていないファンク系のCDでのお気に入り
Sam MooreとSLYが1日で観られるなんてお得です。
ってかSLYはもう日本で観られないかもしれないし
1度は生で体感しておきたい。

。。。が、さすが素人にわかリスナーのオレ。
それでもSLYの人気を過小評価していたようです。w

セットチェンジの休憩時間で既に会場のいたる所から
「うわぁ~っ」とか「いやぁぁぁ~い」とかスゴイ事に。
開演5分前のブザーで「うぉ~っ」と。あんなに盛り上がるとは。w
待ちきれないファンの熱はスゴイです。
つい頭に「暴動」の文字が浮かびました。w
(もちろん実際は平和でしたよ。)

客電落ちた瞬間に完全に総立ち。
初っぱなから『ダンス・トゥ・ザ・ミュージック』。
キラーチューン満載でもう最高すぎでした。

SLYも
「もしやしたら1・2曲で下がっちゃうかも・・・」とか
「つか入国出来てないなんてオチはないだろうなぁ・・・」とか
思っていたけどかなり歌ったし、立ったよっ。感動しました。

ここでは書きませんがSLYの経緯を考えると
こんな幸せなオッサンいないだろうと。
こんなに大勢の人が待っているんだからさ。

-
ヨメ的には無理矢理連れて行かれてSLYの
最初からの総立ちで疲れただろうなと思ったら
Sam Mooreが気に入ったらしくご機嫌で良かったです。w
ただSLYは「ちょっとあきた」とか言いだしたのでハラハラしました。w
感想を聞いたのが会場出た後で良かったです。w


ホントノリノリで楽しかったです。

ロベン・フォード
ロベン・フォード(g,vo)
トラビス・カールトン(b)
トス・パノス(s)


1. Lateral Climb
2. Indianola
3. Supernatural
4. Riley B.King
5. Cannonball Shuffle
6. There’ll Never Be Another You
7. Peace
8. Lovin’ Cup

サム・ムーア
サム・ムーア(vo)
クリスティン・ポーランド(vo)
ブレンダ・ヴォーン(vo)
ナオミ・マーゴリン(vo)
ラリー・エトキン(tp)
ダン・シプリアーノ(sax)
大野清(bs)
青木タイセイ(tb)
ジェームズ・ダウアー(key)
マーク・ニューマン(g)
アイヴァン・ボドリー(b)
トニー・ルイス(ds)
オマー・マルティネス(per)
ジョイス・ムーア(mc)


1. PETER GUNN
2. HOLD ON,I’M COMING
3. KNOCK ON WOOD
4. THEM CHANGES
5. I CAN’T STAND THE RAIN
6. YOU DON'T KNOW LIKE I KNOW
7. DON’T PLAY THAT SONG
8. I STAND ACCUSED
9. SOUL SISTER,BROWN SUGER
10. STANDING ON SHAKEY GROUND
11. MR.PITIFUL
12. I CAN’T TURN YOU LOOSE
13. I THANK YOU
4. SOUL MAN

スライ & ザ・ファミリー・ストーン
スライ・ストーン(vo, key)
ローズ・ストーン(vo, key)
リサ・バンクス・“ストーン”(vo)
アンソニー・ステッド(vo)
シンシア・ロビンソン(vo, tp)
マイク・リンタ(tb)
ジェリー・マルティーニ(sax)
トニー・イェーツ(g)
ピーター・イェーツ(b)
レミリオン・“スパイダー”・デュボース(ds)


1. Dance to the Music
2. Everyday people
3. Don’t call me nigger whitey [スライ登場]
4. Family Affair
5. Sing a Simple song
6. Stand
7. If you want me to stay
8. Higher [スライ退場]
9. Thank you
EC. Higher




--



入れ替え時間にご飯を食べていたらヨメに
「で、この後はどんな感じ?」と聞かれたので素直に
「知らん」と答えたら「じゃぁ通しじゃなくて良かったじゃんっ」と。
「えぇ。おっしゃる通りです。ただビックネームが
 名を連ねているしせっかくの機会なので。。。」
と、ホントに勢いのみで自分にも予備知識なしのライブへ突入。w


感想文を提出いたします。
--
2008.08.31 13:00-
TOKYO JAZZ2008 meets BLUENOTE TOKYO
--


【Gerge Benson】
良かった。スゴク良かった。
昼の部の流れを崩すことなく熱くソウルフルでありながら
メロディアスな感じでかなり楽しめました。
歌もギターも最高でした。

ヨメも気に入ったらしく機嫌もよくなりました。
サンキューGerge Benson GJ!


【FOURPLAY】
ボブ・ジェームス、ネーザン・イースト、ラリー・カールトン、
ハーヴィー・メイソン とビックネーム揃いの4ピースバンド。

こればかりはボクが悪いんです。
素晴らしいアーティストだったとしても
自分が好きな物と一致しないこともあります。
きっと素晴らしいバンドなのだと思うのですが
ザンネンながらボクは全く楽しめなかった。

ホントに好みの話なんで万が一ファンの方とか
読んで気を悪くされていたらごめんなさい。

ヨメをチラ見した所、
無表情だったので「帰る?」と聞いてみたら帰ると。。。
(多分ヨメはおねむだったのだと思います。w)
他の方の迷惑にならないタイミングで出てきちゃいました。

ラストSam Mooreが登場したようですが
まぁそれは仕方ありません。
フィナーレはTVで楽しみます。

ジョージ・ベンソン
ジョージ・ベンソン(g,vo)
マイケル・オニール(g,vo)
マーク・シモンズ(ds)
スタンレー・バンクス(b)
トム・ホール(key)
デヴィッド・ガーフィールド(p, Musical Director)


1. Love X Love
2. Affirmation
3. Being Workout
4. Turn Your Lave Araund
5. Nothing Gonna Change my Love For You
6. In Your Eyes
7. Beyond the Sea (La Mer)
8. Love Ballad
9. Give Me The Night
10. On Broadway




--
ホントに濃密な2日間になりました。
欲しいCDがいっぱいになりましたし。w
FES形式は単独公演とは別の楽しみがありますね。
来年のラインナップが楽しみです。

・・・が、やっぱ正直疲れましたね。
屋内FESでこんな調子ですから野外は無理だな。w

--
東京JAZZ 2008の放送予定。興味のある方は是非。
-

【BShi】9/22(月)~25(木)23:40/9/26(金)24:30
【BS2】10/06(月)~09(木)24:00/10/10(金)24:40
【総合】10/03(金)24:10


上原ひろみ Live Report Index
関連記事





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/87-6268e282