Chick Corea 上原ひろみ / Duet 

DUET.jpg

ついにこの日がやってきました♪
【 Duet Chick Corea / 上原ひろみ 】

昨年ブルーノートで行われたコラボレーションライブ
CHICK COREA DUET with HIROMI UEHARA @ Blue Note TOKYO
のライブCDが2枚組フルセット収録で発売されました。

さて、この過疎ブログにお越しいただき(感謝です♪)
このエントリーを読んでいただいているということは
検索か何かで偶然辿り着いてしまった(w
「このアルバムの感動を分かち合いたい」という方か
「今、購入するか迷っているんだよなぁ」という方
なのではないでしょうか?

前者の方は記念にコメントください。(笑
後者の方は迷わず早速初回盤を購入しに行きましょう。(笑
まぁとにかく素晴らしいライブアルバムです。


感想文を提出いたします。
--
ボクは幸運にもライブに参加することができたので
内容に関しては当然期待マンマンでしたが
「どんな音に収録されているのだろうか?」という不安もあった。
しかしその出来は2人の醸し出す空気感とでもいいましょうか。
あの日の空間が見事にCDに納められている。そんな感じです。

グラスのふれあう音も一つのスパイスかと。
部屋を暗くして目を閉じ大音量で聞く。
なんて楽しみ方もあるかと思います。

内容に関してですがお互いのオリジナルとスタンダードを織り交ぜた全12曲。
2人の演奏は緊張感を保ちつつも見事に解け合い
どちらがどのフレーズを弾いているのか完全に見失う瞬間が何度もあります。
ボクの素人耳では当たり前かもしれませんがその事を差し引い考えても
この2人の持っている空気が相性がいいのは間違いないと思います。

この事は初回盤に付いているDVDを観てみるとより実感出来ると思います。
映像として観ている訳ですから指先や肩の動きを見れば
当然どちらがどの音を弾いているか一目瞭然です。しかし
「あれ?これはチック師匠っぽく聞こえるのに指がひろみさんだっ。」
とか。またその逆も当然あります。

映像として見る事で余計に翻弄されてしまう不思議な感覚。

そしてSpainに関してはDVDとCDでは別セットでの演奏を収録。
(Fool on the HillはCDと同じテイク)
2曲収録のDVDは決してオマケなどではなく2枚のCDを
より深く楽しむ為の重要な要素だと思います。
なので是非、初回盤を手に入れてください。w
(っつかDVD単体での発売も希望したいところです。)

「スタンダードへの想い」(サマーレインの彼方参照)があって
現段階では自身の作品ではスタンダードを収録していない
上原ひろみさんがスタンダードを演奏している事、
また、上原ひろみさんの曲にチック師匠の息吹が吹き込まれ
新しい表情を見せている事がとても面白い。

とにかく聞き所満載です。


--
さて話はそれますがボクが普段思っている事を少し。

JAZZには沢山のレジェンドと呼ばれるプレーヤーがいますが
音楽がこれだけ多様化している状況で新たなレジェンドが
生まれるというのはなみ大抵の事ではないと思うのです。

そして将来スタンダードに加わる曲を作ることも同様に
いくつかの奇跡的な事が重ならないと実現できない事だと思う。

上原ひろみさんが尋常ではないスケジュールで世界各地を飛び回り
ライブをしている事はあまりにも有名な事ですが
例えば世界地図に「上原ひろみ」を知っている人がいる所に
点を打っていったとしたらどうなるだろうか?などと想像したりする。
もちろん日本に集中的に点が打たれるのは当然ですが、
まばらとはいえ世界中に分散された「ひろみウィルス」(表現が良くないかw)に
驚く事になるんじゃないかなぁ?。と。

そしてこの上原ひろみのオリジナル曲を含むレジェンド・チック師匠との「Duet」。
ウイルスの拡散を加速する要素の一つになるんじゃないかなぁと。

また、チック師匠の最近のインタビューを見ると意図的に
若いプレーヤーを引っ張り上げている節もかいま見える。

--
以前ひろみさんがラジオ出演の時に自分のCDの世界での売り上げ枚数の
一覧をみて「1」という数字が非常に気になる。と言っていた。

「この「1人」はなんだかわからず偶然買ってくれたのか?
 それとも日本から仕事でいった人が買ったんだろうか?
 できることなら直接会いに行きたいぐらいです。」

などと、いろいろと想像してしまうのだそうだ。w
その放送を録音していなかったので、うろ覚えですが売り上げ枚数「1」の国。
たしかそれは「南アフリカ」だったような気がします。(違ったらゴメンナサイ)
この時点ではライブでアフリカには訪れていなかったそうだ。

先日LIVEスケジュールに見つけた「South Africa」。
その一人の購入者がライブに足を運ぶかはわからないけれど
また新たな場所に「ひろみウィルス」が潜伏することになる。

いつの日か世界中に潜伏した「ひろみウィルス」が
猛威を振るうことを想像してしまう感染者の一人のボクでした。w

--
長文、最後まで付き合ってくれた方。感謝です♪


--
追記。
知人に突っ込まれたので言い訳しておきますが、w
上記でさもチック師匠とひろみさんのフレーズを聞き分けられるような
感想文を書いていますがボクの素人耳では「ぽいなぁ」という程度です。w
しかしこのアルバムでは左右の音の振り分けがはっきりしているので
左から聞こえてくる音はチック師匠・右から聞こえてくる音はひろみさん
になっているので興味のある人ヘッドホンで聴いてみるのも楽しいと思います。
(間違いないと思う。。。逆だったりして・w)

--
このアルバムのレビューは下記のサイトでも紹介されています。
--
ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと
確かな知識に裏付けされた素晴らしいレビューでとても勉強になりました。

Bagus日記
[ uzazo's friend blog ] 想いのこもった熱いレビューを読むことができます。



デュエット(初回限定盤)(DVD付)デュエット(初回限定盤)(DVD付)
(2008/01/30)
チック・コリア&上原ひろみ

商品詳細を見る

上原ひろみ CD Review Index
関連記事





コメント

TB、そして、ご紹介ありがとうございました。
なんか恐縮です・・・
このCDが発売されてから、ずっと聴き続けてますが
聴けば聴くほど好きになるアルバムです。
全曲映像があれば、もっと良かったですけど
それは次回に期待ですね。

yasuさん
いえ、こちらこそ唐突にTB失礼しました。w
折角ブログを始めたので今後は素敵なレビューを書かれている所には
積極的にTBをかけさせていただこうかと。今後ともよろしくです。
ボクもカナリ聞きましたがどんどん好きになりますね。まさに名盤。
ホントにDVD発売して欲しいですっ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/41-9c3502aa