21
2017

上原ひろみ×熊谷和徳 TOUR 2017 @ Bunkamura オーチャードホール

感想文を提出いたします。
——
お二人の激熱パフォーマンスは圧巻でした。


上原ひろみ×熊谷和徳の組み合わせが
一般の人が見られる公演として初披露されたのは
2006年12月に恵比寿の「L’ULTIMO」で行われた公演

この11年の間、たびたび披露されその度に
進化したパフォーマンスを見せてくれる
定番のコラボレーション。

「MCが締まらない2人ですがその分演奏で〜」と始まった上原ひろみさんのMC。
共演していない公演を観た時に「なぜ自分が一緒に演っていないのだろう」という
気持ちになれるかどうかが上原さんが共演者を選ぶ基準になっているとの事。

ボク自身は熊谷和徳さんの単独公演は1度しか見た事ないので
久々に熊谷さんのタップを観る事になったのですが
これまで通りの素晴らしいパフォーマンスはもちろんの事
新しいアプローチの数々にに驚かされました。

熊谷和徳さんのタップはタップボードの
位置による音の違いをもコントロールする音楽性の高い表現。
時に砂をまいて踏む音を使ったり裸足で踊ったり(今回は裸足は無かったですね)

今回初めて見たのはディレイを使ったパフォーマンス。
洞窟の奥から聞こえて来る残響音のような表現や
自身の鳴らした音のディレイに新しいリズムを被せるような表現。

2set冒頭。マイクを持って登場した熊谷さん。
断片的なフレーズの合間に「本日はありがとうございます」などの言葉を挟みつつ
スタートしたソロパフォーマンスではまさかのボイパ。
厳密にはボイスパーカッションとスキャットの中間みたいなイメージかな。

初めて見たこの二つのアプローチはタップという
表現の可能性を一気に広げてみせたと思います。
もっともっと進化していきそうな予感がしました。


それを受けて上原ひろみさんのソロ
「Desert On The Moon」。
楽曲を構成する要素を極限までそぎ落としたような演奏は
これまた今までに無いようなアプローチ。

このソロに象徴されるこの公演での上原ひろみさんのパフォーマンスは
随所でタップとピアノという決定的に違うツールでの表現で
どこまで重なれるかという挑戦にも見えました。

これは直前に行われていたエドマールとのディオで
自ずと印象の重なってくる似た構造の楽器で
互いの個性をぶつけ合うのと真逆のアプローチで同じ姿を目指す。みたいな。

ちょっとわかりづらいですね。

兎にも角にも初共演から11年重ねてきた関係性、
エドマールとのディオを終えた直後、
その「今」産まれている音楽である。というのを強く感じました。


2017.12.20.
上原ひろみ×熊谷和徳
TOUR 2017 @ Bunkamura オーチャードホール
open : 18:00 start : 19:00


01. Tohoku ~ Wanderer
02. Seeker
03. The Times They Are A-Changin’
04. What Will Be,Will Be
05. Place To Be

06. Tap into the Light (KAZ’s solo)
07. Desert On The Moon (hiromi’s solo)
08. The Planets Op.32 Jupiter

ec. What A Wonderful World



余談。
ボクの席のお近くでレキシのお二人がご覧になっていました。
お二人ともスタンディングオベーションを送っていて
一ファンとしてなんだかウレシクなりました。

是非またいつの日か「レキシ×オシャレキシ」を。

期待してます。

上原ひろみ Live Report Index


あと公演の内容とは関係のない愚痴。
お付き合い頂ける方いましたら右下からどうぞ。
-----


公演の内容とは全く関係ない愚痴でございます。


久しぶりのオーチャードホール。

音楽素人の好き嫌いなんてどうでも良いことなんですが
実は個人的にあまり好きなホールじゃないんですよね。(笑

もちろん席の位置によって印象が違うと思うんですが
普通のホールでは良い環境とされているど真ん中の席だと
音がすっこ抜けていく印象で(伝わらないかなw)好みではないんです。
ボクが見た事ある席だと何気に2階のバルコニー席が一番良かった印象が。

残念ながら本日は1階席ど真ん中…

あと動線なんとかならなかったんですかね。
クロークの列が出口への動線をふさぐという最悪の設計な上に
クロークの対面に物販テーブルがあったので
さらに状況を悪化させるという。。。

ボクはデカイおっさんなのでいいんですが
満員電車状態の押し合いの中で
逆流せざるおえない人とかもいて
結構コワイ思いをした人もいると思います。

まぁ愚痴です。
関連記事


0 Comments

Leave a comment