01
2017

上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ LIVE IN JAPAN TOUR 2017 @ COTTON CLUB 1st show

20171130_01.jpg
[少し追記しました]
唯一当選した COTTON CLUB での公演に参戦してきました。

ライブの感想の前に。

矢野顕子さんのツイートで見たのですが先日
ニューヨークでの上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ公演を
アンソニー・ジャクソンとご覧になったそうです。
元気な姿の写真を観る事ができて良かった。

いつの日か THE TRIO PROJECT で再び日本に来てくれる事を祈ります。

時間の経過と比例して進化し続けていた THE TRIO PROJECT の
最高傑作にして最新作の『SPARK』を海外での演奏を重ねてきた形として
観る事が出来なかったのは正直心残りでならない。


その後の怒濤の顛末は昨年のツアーパンフに書かれていますが
THE TRIO PROJECT の次に上原ひろみさんが
どんなプロジェクトがはじめるのか興味津々でした。

良くも悪くもバンドという形式であれば
THE TRIO PROJECT と比較してしまうだろうし
代替の様に見られてしまうのは本意ではないでしょうから
余程変わった編成・人材で組むのか。。。

よくよく考えてみればJAZZバンドは同じ編成で
メンバーが変わる事は普通にある事ですが
そんな事を心配してしまう程
上原ひろみさんの各プロジェクトは
それぞれ独創的であるという事を再認識して驚いてしまう。

そんな中、同じフェスに出演していた事で出会った
ハーピストに声を掛けあり得ない早さで共演を果たし
想像もしていなかった形の新たなプロジェクトが始まる。
そしてソレがとてつもなく素晴らしい。

なんとも上原ひろみさんらしい展開である。



感想文を提出いたします。
——

チケットが抽選式、かつカード決済でのエントリーという事で
キャンセルも見込めない COTTON CLUB の公演。
(実際はキャンセルチケット購入のチャンスはあったのでしょうか?)

なんとか1公演当選して1setのみを見てきました。
上原ひろみさんのクラブ公演を片方だけ見るというのは初めてだったので
後ろ髪をひかれまくると思っていたのですが終わってみればお腹いっぱい大満足。

CDでも感じていた事なんですが似た構造を持つ楽器、
ピアノとハープの組み合わせにプレイスタイルも似ている二人のディオ。

もちろん笑顔で繰り広げられる楽しい演奏なのですが
これまでに見た事の無いほど緊張感を感じるライブ。

それぞれの楽器独特の音色、奏法による明確な違いがありますから
ピアノディオと比べれば自ずと互いの棲み分けがあるはずなのに
戦っているフィールドが同じという印象でドキドキとハラハラが止まらない。

CDと同様の曲順でのスタート。

どの曲も一曲の中でおおきなうねりが何度も起こり
前述の通りお二人のスタイルが似ている事もあって
お互いのソロパートがシームレスに展開して
まるで二人で一つの大きなソロパートを作っているように感じる。

個々の楽曲の感想はまた書く機会があると思うのですが
CANTINA BANDのひろみさんのソロでは
The Throne Roomがチラリと現れる遊び心がある展開。

ボクの中一レベルの英語では曲名が聞き取れなかったのですが
エドマールのソロで披露された曲は祈りのような美しい楽曲。
(セットリストに書きたいので曲名わかる人教えてくだちい)
(※CLさんに教えてもらいました。ありがとうございまっす!)
続いてひろみさんのソロ「Haze」。

この2曲が演奏された時間は
何か神聖な空間が産まれたようでした。


話は前後しますがエドマールがMCした際に
冒頭少し日本語で話をされていたのですが
「ここに戻ってこれられてウレシイです。」という言葉があった。

コットンクラブ。
実はワタクシ訪れた事が数回しかありませんでトニーの公演以外では

2011年の上原ひろみさんの公演 以来。

震災直後に急遽行われた公演で
ボクの中ではとても想い出深いライブ体験。

「ここに戻ってこられてウレシイ。」

開演前からボクが思っていた事が
図らずもエドマールMCの言葉と重なり
お二人の2曲のソロが産み出した空気に
ウルウルとしてしまいました。


ラストに披露されたのはなんと「Spain」。
前情報を何も知らずに参加したライブだったので
この選曲には驚かされてしまいました。

アンコールでは大好きな「LIBERTANGO」
大満足の展開で幕を閉じました。

ホントに楽しかった。


平日という事もありますしヨメ氏は金曜も仕事後に
別のライブに行く予定があるそうなので
9時には家に着いて体力的には調度いい感じ。


本音を言えば2ndも見たかったですよ。

そりゃね。(笑


という事で唯一当たったクラブ公演堪能いたしました。


が、

「BNTのキャンセル分が放出されているぞっ」と
知人に教えて貰い1公演の席を確保いたしました!
次は 1st/2nd 両方見られます!!

楽しみ。



2017.11.30.
上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ
LIVE IN JAPAN TOUR 2017 @ COTTON CLUB
1st show
open : 17:00
start : 18:30

01. A HARP IN NEW YORK
02. FOR JACO
03. MOONLIGHT SUNSHINE
04. CANTINA BAND
05. Jesus De Nazareth (Edmar’s solo)
06. Haze (hiromi’s solo)
07. Spain

ec. LIBERTANGO





上原ひろみ Live Report Index
関連記事


8 Comments

ゲキソク  

お久し振りです。大満足のライブだったみたいですね。このプロジェクトは未知数なのでフェス形式で観たいと思い、今回はパスしました。Spark信者としてはTrio Projectの魔法のケミストリーに飢えてるので復活してほしいです。激やせのアンソニーの体調が気がかりですが、元気そうでホッとしてます。

2017/12/01 (Fri) 10:53 | EDIT | REPLY |   

uzazo  

ゲキソクさん
どもどもです。
いやぁ想像以上に満足度の高いライブで
2ndが見られない心残りがありつつも大満足で帰って来ました。
アンソニーの体調はホントに気がかりではありますが
ボクは何も情報を知らなかったので
ライブを見に外出されている様子を知れたのはうれしかったです。
アンソニーのいるTrio Projectをいつまでも待ちたいと思います。

2017/12/01 (Fri) 13:06 | EDIT | REPLY |   

CL  

Jesus De Nazareth という曲みたいですよ。

ひろみさんのソロは日替わりだけどエドマールのソロは固定っぽいですね。

2017/12/01 (Fri) 14:15 | EDIT | REPLY |   

uzazo  

CLさん
どもどもです。
曲名教えて頂き感謝です!
さっそく記事の方のセットリストに書き込みます!

ありがとうございました〜♪

2017/12/01 (Fri) 14:23 | EDIT | REPLY |   

CL  

キャンセル公演についてですが、若干キャンセルが出たようですね。
それとは別に立ち見席の記述がHPにあったので(学生のための~とかで満席の場合は立ち見云々とありました)自分は何回も連絡してみて、当日立ち見席というかカウンター前の通路席で高いすを確保できましたよ。
ブルーノートは追加席に気づいた頃には全滅でしたが(T_T)
ご参考までに。

2017/12/01 (Fri) 22:00 | EDIT | REPLY |   

yasu  

どうもです。僕は28日の1stでした。
ひょっとしてuzazoさんがいらっしゃるかも?と
ロビーでキョロキョロしてしまいました(笑)
まさかのSpainは嬉しかったですよね!

矢野さんのツイートは僕も見ました。
アンソニーは、確か以前にも
病気で激やせしたことがありましたから、
今回も必ず復帰してくれますよ。
楽しみに待っていようと思います。

2017/12/01 (Fri) 22:24 | EDIT | REPLY |   

uzazo  

CLさん
どもどもです。
情報ありがとうございます。
キャンセル・立ち見もあったんですかぁ。
最初から諦めていたのはマズかったなぁ(反省
次の機会があったらチャレンジしてみたいと思います!

2017/12/01 (Fri) 23:34 | EDIT | REPLY |   

uzazo  

yasuさん
どもどもです。
28日も素晴らしかったんでしょうね。
ホントに大満足の内容でした。

アンソニー。はやく元気になって欲しいですね。
スグには無理でもTrio Projectでの演奏を楽しみにしたいと思います。

2017/12/01 (Fri) 23:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment