矢野顕子 × 上原ひろみ TOUR 2017 「ラーメンな女たち」 04/25 

もしこの世界に音楽の神がいるなら昨晩は
三軒茶屋あたりにいらしたようですよ。


感想文を提出いたします。


11年前、お二人がライブとして初共演なさった場所であり
最初のアルバムレコーディングが行われた場所でもある
昭和女子大学人見記念講堂でのライブ。

11年前の初共演、初のレコーディングライブに立ち会えたのは
今となってはボクの人生で数少ない自慢できる出来事。
そして時が経って共演される今回のライブを体験した事も
自慢できる事に加えたいと思う。


ライブ冒頭からゾクゾクと鳥肌がたち
目がウルウルとしてきてしまう
最高の瞬間が2時間半繰り返されていく。

インプロヴィゼーション満載のお二人の音楽は
スリリングでありながらも暖かい空気に充ち満ちていて
キラキラとした音のツブが会場全体を覆っていく。
あの感覚は何と表現してらよいのか。

矢野さんの声とお二人のピアノが
何時間も耳に残り続ける幸せ。

最高でしたっ!



という事で圧倒されたライブの感想に
細々した事を書くのも野暮だと思うんですが
数年後、自分で読み返した時の想い出用に少し書き残しておきます。

2nd set 冒頭の「The Tom and Jerry Show」。
ボク、結構ライブで聴いているハズなんですがね
なんなんですかね。アレは。凄すぎる。

入れ替わりで登場した矢野さん

ワタクシいつもは上原ひろみの4倍で弾ける、あっ、4倍遅くね。
と言っているんですが今日の相方は非常に調子が良いみたいで
5倍と言わないといけないですね。5倍遅く弾けます。

よくひろみさんがやってるこういうのあるでしょ。
ソソソソソソ あれってね…



と単音連打の解説。

首をかしげながら冗談めかして再現していましたが
少なくても5倍遅くは無かったです。w
会場からも拍手が起こっていました。


続く「SUPER FOLK SONG」。

先週の感想に書きましたが
スゴイスゴイと思い続けてきた矢野顕子さんの魅力が
自分の中で整理されその理由が明確になった。
もちろんその理由は素人が考える事であって
あっているか否かは定かではないのですが
まぁ矢野さんの歌が突き刺さり具合がハンパない。


ソロでのパフォーマンスでも圧倒してしまう
お二人がPPAPよろしく合体して披露するライブが
素晴らしくない訳がないんですよね。

ちなみにPPAP。
どんな曲でも合体してしまうお二人のコラボを例えた矢野さんのMC。
上原さんもお腹を抱えて笑っていました。

お二人のコラボではいろいろな楽曲を合体させてきましたが
最後のMCでは「アレンジャー上原ひろみ」への称賛が語られる。


一曲演奏する毎に
矢野さんは上原さんにフワリを手をさしのべ
上原さんは矢野さんにピョンと手をさしのべる

唯一無二のボーカリスト・ピアニスト 矢野顕子さんと
唯一無二のアレンジャー・ピアニスト 上原ひろみさん

最高にして最強のディオでの至高のライブ。


東京での公演が終わりボクは一端見納めになりました。

次のお二人の共演を観る事ができるのは何年後だろうか。

いまからその時を心待ちにしています。



2017.04.25.
矢野顕子 × 上原ひろみ
TOUR 2017「ラーメンな女たち」
@ 昭和女子大学人見記念講堂

1st
01. ラーメンたべたい
02. 東京は夜の7時
03. おちゃらかプリンツ
04. 真赤なサンシャイン
05. DREAMER
06. 飛ばしていくよ

2nd
07. The Tom and Jerry Show(上原ひろみ Solo)
08. SUPER FOLK SONG(矢野顕子 Solo)
09. CHILDREN IN THE SUMMER
10. こいのうた
11. ホームタウン・ブギウギ
12. ラーメンたべたい

EN1. そこのアイロンに告ぐ
EN2. Green Tea Farm





上原ひろみ Live Report Index
関連記事





コメント

人見記念にも行かれたのですね、
うらやましい!!!

しかも矢野さんもひろみさんも
絶好調更新中のようですね。
PPAPウケました。

また何年か後、お二人のライブに行けるのを
楽しみ待とうと思います。

yasuさん

どもどもです。行ってきました。
先週のライブも含めて今回のライブは
全部神がかっている印象ですよね。

お二人のコラボは必ずまたあると信じて
楽しみに待ちましょう!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/358-2c9f9402