上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト @ EX THEATER ROPPONGI 

20161116_01.jpg
年末恒例の上原ひろみさんのアジアツアーがスタートしました。
当初、東京の順番が回ってくるのは来月の予定でしたが
EX THEATER ROPPONGI の公演が追加されツアー皮切りが
東京というウレシイサプライズ。

数少なかったであろう指定席は見事にハズレ
オッサンには厳しいスタンディングライブで
足腰パンパンでございます。


感想文を提出いたします。
——

バンドでの演奏を生で聞くのはCDリリース前のBNT以来かな?
「SPARK」に収められている楽曲の素晴らしさを痛感するライブでした。
足腰に厳しかったですが サイモン・フィリップス の音の感じ、
上原ひろみさんのソロ冒頭からアグレッシブなアプローチ
スタンディングライブ ならではの素晴らしい物があったと思います。

サイモンのドラムは圧倒的なテクニックは言わずもがな
ある時期から繊細で柔らかなアプローチも加わり
楽曲の世界観を豊かに描き出していて素晴らしかったです。

上原ひろみさんに関してはスタンディングライブという事もあったからか
ソロは冒頭から終始フルスロットルという印象で楽しかったです。
湯水の様にあふれ出るアイディアとそれを実践する圧倒的なテクニック。

過去のライブの一音一音を記憶している訳ではありませんが
アイディアの幅もテクニックも年々レベルアップしていく印象。

と、いう感想を10年以上も感じ続けている訳ですから末恐ろしいです。


という事で素晴らしいライブではありました。





ただ個人的に思う事もありました。

当然ですがボクと感想が違う人も沢山いると思います。
感想が違う事で折角の感動に水を差すつもりはありませんので
昨日のライブが「大満足だった」という方はココでお別れです。


思う事があったのは今回ベースとして加わった
アドリアン・フェロー についてです。

あまりに高度すぎて素人のボクには
理解出来なかったという可能性はあります。

ベーシストが変われば楽曲の印象が変わるのも当然。
むしろ今回はそれを楽しみに行った部分もありました。

しかし昨日の内容はボクはハッキリ言って不満でした。

フレーズの頭に余計な一音と感じる部分が多々あったり
キープすべきであろう場所でオクターブ上に移動してみたりと

手癖なのか「間」を嫌っているのか…。

とにかく曲の輪郭がモワンとぼやけているような印象。

まぁ好みの問題もありますからライブ前半では
聴き手であるボクの問題とも思っていたんです。

ただソロパートは間違いなくいただけなかった。

明確なソロは「WONDERLAND」「INDULGENCE」の
2回だったように記憶していますが両曲とも
ソロの入りからフレーズが気持ち悪い所でぶつ切れになり
「たどたどしい」という表現がピッタリな印象。

ソロ後半はスケールを高速でなぞる。
派手なプレーですし盛り上がりやすいので
この事自体は決して悪くないのですが
前半で「たどたどしい」と思ってしまっているからか
手詰まりで逃げたように感じてしまう。
そしてこれまたなんとも気持ち悪い所で
フレーズが切れてしまうんです。

何より「WONDERLAND」「INDULGENCE」の
ソロパートはフレーズがループし一定の間隔で
ブレイクが訪れるんでそのオイシイ部分で
弾かないという選択肢はないと思うんですね。
(意図された無音という演奏はありですが)

その部分に中途半端に切れるフレーズのお尻が
またがってくるのでぶつ切れ感が強調されてしまうという
最悪の印象になりました。

「INDULGENCE」ではベースの後にピアノのソロがありましたが
この日のこの曲のピアノソロでは高速フレーズを持ち入らず
和音のみのアプローチで弾かれていました。
しかも前半は一つの和音のみだった気がします。

これは完全にボクの妄想ですが
「複雑な事をやらなくてもソロは成立する」という
本番中の指導に見えてしまいました。


素人のクセに生意気に長々と辛口感想を書いてしまいましたが
単純にまだ曲になじめていないという事なのかもしれません。

各地でライブと積み重ねてからの12月。
思わす今日書いた内容を詫びて手の平クルリ感想を
書いてしまうようなライブを期待しております。


2016.11.16.
SHINJYUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY
上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト
feat.アドリアン・フェロー & サイモン・フィリップス
『SPARK』日本ツアー 2016
@ EX THEATER ROPPONGI

01. SPARK
02. DESIRE
03. WONDERLAND
04. WHAT WILL BE,WILL BE
05. DILEMMA
06. INDULGENCE
07. IN A TRANCE

EN. MOVE



上原ひろみ Live Report Index
関連記事





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/348-97d4b22c