矢野顕子×上原ひろみ Recording Live in Tokyo〜ラーメンな女たち〜 

20160918_01.jpg

矢野顕子さんと上原ひろみさんのライヴという形での共演を
さかのぼるとSSTVの企画で2006年12月に行われた
「Jammin' The Piano Session 矢野顕子 × 上原ひろみ」
今でも会場の雰囲気自体を鮮明に思い出す事ができる程の
強烈で素晴らしいライブだった。

その後レコーディングライブ、ツアー、イベントと10年の時を経て
再び新曲でのレコーディングライブに期待しない訳がない。

チケット争奪戦では最初の先行にハズレ
「これはマズイっ」と少々焦り始めていたところに
友人から重複当選分のチケットを譲っていただく。
早い段階でのチケット確保に一安心。感謝です。

くしくも知り合ったのは10年前の「矢野顕子×上原ひろみ」の
チケットのやりとりであったりするのも感慨深い。


開演前。

ヨメ氏と別行動で現地集合だったのが
二人とも早く着くことができたので
Bunkamura 内でお茶をしていると
「どうも。どうも。」と別に友人に遭遇し
一緒にお茶をする事に。

これまたくしくも知り合ったのは10年前の
「矢野顕子×上原ひろみ」のチケットのやりとりで。

引き籠もり&人見知りのワタクシですが
同じアーティストのライブを聴き続けている事で
知り合った方がいたり、気がつけば10年経っていたり
はたまた「矢野顕子 × 上原ひろみ」という
10年前と同じ組み合わせのライヴで
チケットを譲っていただいたり、再会したりと
なかなか楽しいものでございます。



感想文を提出いたします。
--

感想を書くのに困るライブでした。

最高でした。スゴかったです!

という事しか書くこと無いな。と。

それは上原ひろみさんのライブではいつもの事なんですが
なにぶん初めて聴く曲ばかりで…すっスゴイなっ と。
(って、もちろん原曲は聴いた事ある曲もありますが)

でも書くんですけど。

矢野さん、上原さんによる開演前の
ご注意アナウンスから始まりお二人ご登場するも
何やら忘れ物とパタパタと袖にはける上原さん。

袖からのスタッフの声に(少し繋いでください。とかだったのかな?)
「はいはい。まかせてちょうだい」と矢野さんのフリートーク。流石。
上原さんが戻ってくるも動画撮影の関係があったのか
「最初からやり直したいそうです」「え〜」なんてやりとりがあり
一度2人ともはけて客入れ曲フェードアウトからの再度登場。

ライブスタート前から何度も会場爆笑の
アットホームな雰囲気でライブがスタート。


各曲毎の感想はCDが発売されてから書く事にして
矢野さんと上原さんの共演というのはいろんな意味で
唯一無二の共演だなぁ。と当たり前の事を思いました。

以前の感想にも書いた気がしますが矢野顕子さんのボーカルって
管楽器とのセッションという側面があると思うのです。
スキャット的なパートはもちろんの事
歌詞の乗っている部分に関しても
様々な音(声)を自由にあやつる
インプロヴィゼーション全開の組み立て。

またピアノディオとしての側面。
矢野さんご自身のお言葉を借りるなら
「アプローチの全く違うピアニスト」の共演。

そして当然の事ですがボーカリストとの共演。

唯一無二のアーティスト「矢野顕子」と共演なので
書いてみると当たり前の事なんですがそんな事を思いました。


矢野顕子さんの事がスキだ、キライだ、とか
人それぞれいろいろな好みがあると思いますが
そういうのとは別の次元で音楽家としての矢野さん
というのを再認識させられた次第であります。
(あっボクはスキですよ)


そして唯一無二のアーティスト「矢野顕子」と共演する
これまた唯一無二のアーティスト「上原ひろみ」

ピアニストとしてはもちろんの事
コンポーザーとして大胆かつ繊細な楽曲アレンジ。

素晴らしい音楽家2人の共演に酔いしれた夜だったのでした。


で、1曲だけ曲の感想を。

4曲目に披露された矢野さんの楽曲「飛ばしていくよ」。

あの上原ひろみさんのライブを見続けていると感想でね。

速弾きがどうこう。超絶技巧がどうこう。

とかあまり書かなくなるんですよね。

もちらん確かにスゴイんだけど、それは知ってるし
みんながソコを強調しすぎるので

「上原ひろみの魅力ってソコを超えた違う所なんだよなぁ」

とか、うるさ方気取りで言いたくなる訳です。

でもね。

「飛ばしていくよ」

速弾きすげぇよ。

浅い感想でスミマセン。


「飛ばしていくよ」の高速リフ。いろんな形に展開していくんですが
リフに突入直後は手首の位置が全く動かないんですね。
演出では無いんですがワタクシの観ていた席からだと
上原ひろみさんの手の平側にライトが当たっていたので
打鍵する指が白い光になって見えたんですよ。

なので手の平から先に細い光のストロボがあるみたいな(伝わります?)

高速リフ ならぬ 光速リフ

CGかよっ!

とか思っちゃいました。

そんなこんなで

上原ひろみの速弾きすげぇよ。

と久々に書きたくなったのであります。


CDの発売は来年になるそうです。
今から楽しみであります。



2016.09.15.
矢野顕子×上原ひろみ
Recording Live in Tokyo
〜ラーメンな女たち〜
@オーチャードホール

1. 東京は夜の7時
2. おちゃらかプリンツ
3. 真っ赤なサンシャイン
4. 飛ばしていくよ
5. ドリーマー
6. こいのうた
7. ホームタウン・ブギウギ
En. ラーメンたべたい

retake
1. 東京は夜の7時
2. ドリーマー
3. 飛ばしていくよ
4. ラーメンたべたい



--
ライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記[ uzazo's friend blog ] 
ライブの進行が分かる詳細なレポートが読めます。


上原ひろみ Live Report Index
関連記事





コメント

あれから10年も経つんですね。
本当に感慨深いです。
今の僕があるのはuzazoさんのおかげです。
そして、以後ほとんどのライブで
同じ時間を共有させていただけて感謝です。

本文中に触れていらっしゃった「光速リフ」!
なんとも神々しそうな光景。
あの早弾きには「すげぇよ」以外の言葉は
見つけられないですね。

ではCD発売まで、首を長〜くして待ちましょう!


そうなんですよ10年も経っちゃってますw
ほんとに沢山の同じライブを見てきましたねぇ。
ライブ後にyasuさんの感想を読むというのも
恒例の楽しい行事になっています。

CDの発売は楽しみすぎて
ホントに首が伸びてしまいそうです。w

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/346-0079e948

矢野顕子 × 上原ひろみ Recording Live in Tokyo 〜ラーメンな女たち〜

9/15 Thu.  Bunkamura オーチャードホール僕が上原ひろみを知り、ファンとなった原点、矢野顕子×上原ひろみ。矢野さんのデビュー40周年企画の一環らしいです。このお二人のユニットは ...