四月は君の嘘 

thumb.jpg
kimiuso50.png


久々にアニメ感想。

録画で撮りためて見きれていないアニメが沢山あるのですが
毎週欠かさずO.A.を待ってリアルタイムで見て
さらに録画したのも見ていた「四月は君の嘘」。

こちらのブログに書くのは音楽がテーマのアニメであったからです。

原作は少年マンガ誌に掲載だそうですが
少女マンガっぽいキャラクター造形に
ポエミーなシーンや展開が多かったですし
一期のOP曲のキラキラした感じが
オジサンにはまぶしすぎました。

が、しかしボクはとにかく好きな作品になりました。

音楽モノはアニメよりも音の無いメディアである
マンガの方が有利であると思っています。
それは「奇跡の歌声or演奏」などの表現は
そもそも音の無いメディアであれば
読者の想像にゆだねることができるから。

しかしここ最近でボクが見た音楽テーマのアニメは
歌モノで無いという要素も大きいですが素晴らしいモノが多い。

劇中の演奏で流れる音楽のクオリティはもちろんの事
演奏シーンにドラマを持たせる演出、
全く違和感を感じさせる事の無い運指など作画も圧巻ですね。

本作「四月は君の嘘」も、もちろん演奏シーンの素晴らしさは言う事無しです。
前述の通りポエミーなシーンもあるので演奏シーンにも
演奏空間が別のモノに置き換わるなどの演出がなされていますが
こういった演出をキッチリ効果的にみせているのがは
過剰なまでに緻密で丁寧に描かれている運指などのリアルな演奏描写。

キャラクターデザインや物語のテイストから考えて
音楽がテーマであっても作画上では逃げた表現もあり得たハズ。
しかし本作では表現の難しいフレーズであろう演奏シーンに
指のアップを差し込んで来る事で空間が変わるなどの
大胆な演出があってもリアリティを失うことなく見せている。


物語は演奏する事ができなくなった天才少年ピアニストが
自分を取り戻すまでのボーイ・ミーツ・ガール。

オジサンが見るにはまぶしすぎるお話ではあるのですが
シリアスな展開でありながらもギャグ絵を織り交ぜながら
小気味よいテンポで進む物語にグイグイ引き込まれました。



そして、結果…



号泣です。


もうね。登場人物全員の幸せを願いたくなる作品。


今期アニメ。
録画してまだ一話目もみられていないモノもありますが
間違い無くボクの中では「四月は君の嘘」が一位です。


次の音楽モノは京アニさんの「響け♪ユーフォニアム」ですか。
予告映像ではホンワカっぽい作品になりそうですが楽しみにしております。

話はそれますが京都アニメーションといえば
30周年という事でwowowで京アニ特集をやっているのですが
日曜の深夜から月朝にかけてというコロスきマンマンの時間枠。
久々に「涼宮ハルヒの憂鬱」全話見ましたが最高ですね。

あと「氷菓」の #10:万人の視角/#11:愚者のエンドロール も
昔から大好きでしたが改めて見て最高でした。
この回だけの感想を書きたいぐらい大好きです。
機会があったら別のブログで感想書きます。


関連記事





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/306-40720827