レキシ 対 オシャレキシ ~お洒落になっちゃう冬の乱~ 

DisplayImage.jpeg

スミマセン。スミマセン。スミマセン。

オシャレキシ目当てでの参戦です。

ライブ前日にチケットを確認したらまさかのチケット番号で
レキシの曲を全く知らないのに特等席で見てしまいました。
どセンター最前列にも行けたのですが以前も書いた通り
ワタクシ無駄にデカイので流石にそこは遠慮しまして…
とは言いつつオシャレキシの真ん前で見てしまいました。

場所を確保しドリンク交換に行っている間に
「ここ超見えやすい」と言っいながら後ろの方が
来たそうなんですが前回ホールAでの事があったのでヨメ氏が事前に
「180超えの連れが来るのでもしかしたら見えにくくなるかも…」
と前もって声をかけて置いてくれたそうです。
後ろの方は「大丈夫ですぅ」と言ってくださったそうで、
って実際大丈夫であったかは定かではないのですが良かった。ヨメ偉し。


ボクは予習無しでの参加だったのですが
ヨメ氏はレキシのCDも持っていますしライブにも行っているので
チケットの整理券番号に大喜びしたのはむしろヨメ氏の方。

なにやらバンドメンバーはツアーによって変わるらしいのですが
好きなアーティストがメンバーとして出演しているとの事。
自ら電車の時間など調べるほど喜んでいまして
普段どこにも遊びに連れて行かない不甲斐ない旦那が
図らずも年末に全てを帳消しになるという展開。

ありがとうレキシっ!



感想文を提出いたします。

という事でファンの方には少々申し訳無いと思うのです。

しかしファンの方には定番の展開も
全く知らないさらの状態で見ていますからね。
歌詞の内容やパフォーマンスの一つ一つに大爆笑の連続。
想像を遙かに超えた素晴らしいライブに度肝を抜かれました。
その意味ではファンの方に負けず劣らす楽しんだと
自負しておりますのでお許し頂きたい。

池ちゃんは昔ヨメ氏が見ていたSSTVの
「スペ中」という番組で知ったのですが
その頃は「100s」というバンドだったと思います。
まだレキシは始めたばかりだったような…(ウロ覚え)

「スペ中」という番組はミュージシャンによる学園設定の
バラエティ番組だったのですが池ちゃんは群を抜いて面白かった。
なのでオモシロイというのはわかっていたつもりだったのですが
レキシライブの面白さは想像を超えていました。


まず何が凄かったってハイレベルの演奏力ですね。

ハイレベルな演奏力に裏打ちされているからこその
爆笑の楽曲・パフォーマンスだと思うんです。

音楽に限らない事ですがこういう笑える要素というのは
そもそもの実力が高ければ高い程純度が増し面白さが倍増されると思います。
その意味において今回のバンドメンバーの実力は申し分無し。

そして、もちろんレキシ(池ちゃん)の
フロントマンとしての存在感は圧倒的でした。
前述の通り実力に裏打ちされた純度の高い笑いを作る
楽曲はもちろんの事ボーカリストとしても素晴らしい。

ライブでは曲中にどんどんと脱線していくんですが
アレは脱線ではなくインプロヴィゼーションと
呼ぶべき内容だったと思います。

次々とわき上がるアイディアを最終的には
音楽に着地させているわけですからものスゴイ。

レキシ恐るべし。


とりあえずヨメ氏にCDを借りなければなりません。


そしてオシャレキシによる超絶オシャレアレンジも素晴らしかった。

事前にインタビュー記事を読んでいたので
単なるゲストプレーでは無いと判っていましたが素晴らしいアレンジ。

もちろん初めて聴く曲ばかりだったのですが
あぁ確かにコレは上原ひろ…オシャレキシによるアレンジだなっと。

演奏に関しては言わずもがな。

チープな表現ですが明確に化学反応があったと感じます。

そしてレキシ池ちゃんによるオシャレキシいじりで
いままで観た事のない上原ひろみさんを観ることもできた。

ピアノ横にマイクスタンドが設置されていましたが
上原さんが演奏中に「マイクを通して」カウントするなんて初めて見ました。
まぁ一回こっきりでしたが(そのためだけのマイクスタンド?笑)

池ちゃんとの2人でのシーンでは
「上原ひろみが弾く○○」的な展開でお得感満載。

上原ひろみさんが「魔王」弾く所なんて普通見られないですよ。

「Fly Me To The Moon」はあり得るかもしれないけど
そこからエヴァ繋がりで「残酷な天使のテーゼ」って
二度と聴けないんじゃないかと思う。

どうしても笑いの方の感想が長くなってしまいますが
再三書いて来た様に音楽のレベルの高さに裏打ちされた「笑い」

年末に良いライブを観ることが出来て大満足です。


で、本日のライブが放送されるそうなのですが NEXT かよ!
ウチ見られないんす。「一ヶ月だけ契約しようかなぁ」とか言ったら
ボクは忘れていたのですがヨメ氏が見たいライブが NEXT で放送された時に
ワタクシ「その為だけに契約するなんてあり得ない」と却下したそうで…。
今回はヨメに却下されるという…。
新たな火種を我が家に持ち込む事はできないので泣く泣く諦めてます。

なにやら NEXT で放送した後に円盤が発売される事もあるそうなので
ヒッソリと発売を期待しておこうと思います。

でもアレだけ曲中に他人の曲を歌っていたら無理かw
ピー音入れてでも発売して欲しいなぁ。


以下セットリストはネットでの拾い物。

2014.12.28.
レキシ 対 オシャレキシ
~お洒落になっちゃう冬の乱~
@豊洲PIT

set list

01.狩りから稲作へ
02.姫君Shake!
03.君がいない幕府
04.きらきら武士
05.年貢 for you
06.ハニワニハ
07.salt & stone
08.憲法セブンティーン
09.和睦

EC1.Love レキシ.
EC2.狩りから稲作へ

—-
Vo, Key: レキシ(池田貴史)
Pf: オシャレキシ(上原ひろみ)

Gt:健介さん格さん(奥田健介 from NONA REEVES)
Piano&Cho:元気出せ!遣唐使(渡和久 from 風味堂)
Ba:御恩と奉公と正人(鈴木正人 from LITTLE CREATURES)
Dr:蹴鞠Chang(玉田豊夢)
Sax&Flute: TAKE島流し(武嶋 聡)
Trumpet: ほっぺた犯科帳(類家心平)




という事で過疎ブログなんで報告も必要無いと思いますが
これが年内最後の更新になるかと思います。

更新頻度の激しく低いブログですが来年は
FC2仕様の巨大広告表示阻止の為に最低月一更新を目指します。

では、良いお年を。


上原ひろみ Live Report Index
関連記事





コメント

ライブ盛り上がりましたね!
池ちゃんの天才的なトークに脱帽です。
僕は整理番号の関係で、中央よりちょい後ろの位置で、
周囲のレキシファンの皆様に見様見真似で
ついて行く感じでした。
もし次回があったら、ひろみさんの曲に
レキシが詩を書くなど「レキシの復讐」として
企画してほしいなぁと思ったりします。

では来年もライブご一緒しましょう!
よいお年を。

yasuさん
どもどもです!
ホントに盛り上がりましたよねぇ。楽しかったです。
あまりに素晴らしい内容だったので
確かに今回限りは惜しい気がします。
「復讐」「~の陣」「~の変」とシリーズ化して欲しいです。
リターン・オブ・オシャレキシ的に(笑)

来年も素晴らしいライブが観られますように…。
よいお年を〜。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/302-d3f00412