東京JAZZ2014 9/7 

東京JAZZ2014 9/7

引き続き東京JAZZ、2日目の感想。
前置きとしてワタクシ楽譜も読めない音楽素人です。
そんな素人が思ったママに書く感想ですので。

--
前日の最前列と打って変わって昼・夜ともに2階席。
チケットの発売タイミングを完全に見誤って
中途半端なタイミングで購入してしまいました。。。

自分の覚え書きとして書いて置きますが東京JAZZは
オフィシャルのプレオーダー→コンビニ扱いの先行販売(先着順)
→各種プレイガイドでの抽選販売の順で発売されていきます。
思い返してみれば知っていたハズですが3年ぶりの東京JAZZで
すっかり忘れていました。

THIS IS JAZZ

・The Quartet Legend
 featuring ケニー・バロン、 ロン・カーター、 ベニー・ゴルソン、 レニー・ホワイト
TJ_04.jpg


素人考えですが出演者が発表された時に
非常に不思議な組み合わせのバンドに感じました。
ケニー・バロン と ロン・カーター は普通に合うような気がするのですが
レニー・ホワイト? やや突っ込み気味のドラムとロン・カーターという
リズム隊って合うのかしら?的な不思議さ。
ただ滑らかなロン・カーターのリズムと前乗りのレニー・ホワイトの
化学反応があるかもしれませんしね。聴いてみないことにはね。

なんて思っていたら飛んだ伏兵が。
ベニー・ゴルゾン(sax)が全く合っていない。
カルテットですから彼だけが悪い訳ではないと思うんですが
別のテイストが入ってケミストリーが起こる事はあると思います。
ケニー・バロン、 ロン・カーター、 レニー・ホワイトの
トリオだったら科学反応が起こっていたかも。
もしくはドラムがもっと後ろ乗り(?)の人だったら
カルテットでも良かったのかも。

何にしてもこのカルテットはボク的にはイマイチのれませんでした。


・小曽根真 featuring No Name Horses
 VS クリスチャン・マクブライド・ ビッグバンド

TJ_05.jpg


これも期待していたんですが内容も良かったのですが
この形式が良かったのかはちょっと疑問。

2つのビックバンドがステージ上に登場し
お互いの自身のバンドの楽曲を演奏する訳です。
つまりお互いがそれぞれ単独の公演が行えるメンバーな訳ですが
それ故に同じ板に登場していると
出演者の50%はお休みの状況なんですね。

例えばですけどフルオーケストラが舞台上に上がっているのに
半分の楽器(例えば管楽器全部)を使わない曲を演奏されたら
物足りなく感じるじゃないですか?
逆に3ピースバンドの演奏に物足りなさは感じない。
オーケストラの公演でそういう楽曲を演奏するときって
登場しないパートは一端下がりますよね。(下がらないかな?)

単独公演をしている両バンドが自身のバンド曲を演奏してる訳ですから
パフォーマンスは別に目減りしている訳ではないのに
観ている側としては物足りなさを感じてしまう不思議。

小曽根真 featuring No Name Horses は
「Rhapsody in Blue」を始めちゃったからこれまた。
別に内容が悪かったわけでは無いんですがこのステージで
「Rhapsody in Blue」やっちゃったら
No Name Horsesは1曲で終了確定なんで…。
折角なので他の曲も聴きたかったのに。

で、この物足りなさは最後に披露された
小曽根真さん書き下ろしの2つのビックバンドの為の楽曲で解消。
ステージ上に上がっている2バンドが
フルに鳴るのはもちろんの事、このステージ特有の配置で
各セクションが左右にいる事を利用しRLを振り分ける
アイディアが含まれた楽曲はやはり素晴らしかったです。

この曲がある事でこのステージの意味はありますが、
別の活動をしている2バンドの共演なので無理なのは承知ですが、
最後に披露された様な曲で1ステージ丸々が
構成されていたら最高だったと思います。

例えばお互いのレパートリーで共通の曲、
スタンダードを選曲して部分融合させるとか…。

披露された演奏が良かったのに
物足りないというのもオカシイですが
そんな印象でした。


・Herbie Hancock and his band
 featuring ヴィニー・カリウタ、 ジェームス・ジーナス and リオーネル・ルエケ
TJ_06.jpg

ハービー・ハンコックは好きではあるんですが非常に偏っていまして
「Man-Child」「Thrust」あたりが好きで
一番好きなアルバムは「洪水 live In Japan 75」。

これって無理矢理ですが上原ひろみさんに置き換えると
「Hiromi's Sonicbloomしか聴いたこと無い」というのと
同種の極端さだと思うんです。

もちろん最近のハービー・ハンコックがとのようなメンバーで
どんなテイストの楽曲を披露しているのかの知識もありませんでした。
なので開演前の組まれたセットを見た時に「おっ!」と上がったんですよ。

しかし演奏が始まってみるとカオス。

素人のボクの理解を超えていまして
正直、良い演奏なのかそうでないのかも判断できませんでした。
もう聴く側の能力不足なんでしょうね。。。

アンコールに登場して「RockIt」とかって喜んでいいのやら…。
何か2014年なりの新しい解釈の「RockIt」とかなら感動しますが
当時の最先端として登場したHIP HOPとの融合は既に大昔の事ですし
演奏自体も最新のシンセでスクラッチもサンプリング済みと簡略化。

最大のヒット曲を聴けました。という喜び方はあるにしても
それって大物演歌歌手の過去の代表曲を聴いているような感覚で
フレッシュな感動ではないんですよね。


と、言う事でボク的にはこの昼の公演は
無理して観なくても良かったかなぁ。と。



DISCOVER


・Ahmad Jamal
TJ_07.jpg


神降臨。


いやぁもう本当に感動。感動の嵐。格好良すぎです。

ハッキリ言って今回の東京JAZZ最大の楽しみはアーマッド・ジャマル。

ボクは上原ひろみさんのファンですからもちろん
上原ひろみさんのデビューのきっかけを作った人として知った訳ですが
今ではそういうこととは全く関係なく大好きなアーティストです。
もし上原ひろみさんのライブとアーマッド・ジャマルのライブが
重なる事があったらぼくはアーマッド・ジャマルのライブに
行くと思います。そのぐらい好き。

もちろんアルバムも持っていましたが決定的だったのが
以前wowowで放送された1993年のドイツでのライブ映像。

ピアノを上手側にセッティングするスタイルで
他のプレーヤーとのアイコンタクトが取りづらい配置ですが
身体的距離は近いんですよね。
そしてアイコンタクトが取りにくい変わりに
他のプレーヤーからは常にアーマッドが見えている配置。

で、繰り広げられる演奏もそのセッティングならではの内容。
クラシックのソレとは違いますが
弾き振りといっていいのではないでしょうか?
各パートのソロの入りとソロの抜けを
指先の仕草とピアノの音で完全にコントロールしていく
圧倒的な演奏。

この日の開演前のセッティング。
上手側にピアノがある事で一安心。
なにぶんアーマッド・ジャマルのライブ映像って
近年のものは上記のものだけですから(他にもあるのかな?あったら教えて)
今でも同じスタイルでやっているとは限らなかったので。

で、演奏も変わらず、というか

超絶進化しているんですけど!

もうね。
演奏時間の半分は弾いてないんじゃねぇか
っていうね。(大げさ)
ソロパートを指示した後はピアノを弾かずに
腕組みして演奏者を観ていたりする訳です。
時には立ち上がっちゃったりして。

つまりどの楽曲でも全員がオープンソロをするという構成。
そして奏者がソロを出し切った頃あいにスッと演奏に戻る。
バンドメンバーには他のバンドのインプロ的関係性以上に
アーマッド・ジャマルのビジョン・空気を感じ取る
センスが求められる恐ろしいバンドだと思うんです。

演奏を始めるのもソロに入るのもソロが抜けるのも
全てがシームレスに移行していき一つの形が見えてくる。
演奏していない時間も含めて(ステージに登場する所から)
全部がアーマッド・ジャマルの音楽なんですよ。

ピアノのタッチも柔らかで
クラスター的なアプローチをしていても
フワリとした印象があるんです。

この演奏、ステージの姿はまるで
白い1枚の紙に大きな筆でポンポンと色を乗せていき
一見ランダムに置かれていくように見える音達から
次第にエレメントが見えてきて
いつの間にか美しい絵が現れている。そんな感じです。

もうホント最高でした!大満足です!!


終演後に上原ひろみさんが花束を持って登場。
帰り際にパーカッションのマイクに頭をぶつけるという
ドジ娘っぷりを披露するというオマケ付き。


・菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール
 スペシャルゲスト UA

TJ_08.jpg

菊地成孔さんはボクの好きな番組の
音楽を担当していたりで興味ありのステージ。
幅広い音楽アーカイブの持ち主で
いろんなテイストのいろんな音楽プロジェクトがあります。
ただボクにとっては「校長」のイメージが強い。(わかる人にはわかるかと)

ライブは初めて拝見したんですがゲスいトーク封印かと思いきや
やはりMCでは若干マイルドではあるものの恒例のトーク。

もちろん今回のプロジェクトの演奏も初めて聴いたのですが
前半部に顕著にみられた菊池さんが指揮を振っているように見えた演奏。
あれはたぶんハンドサインによる演奏ですね。(間違えていたらゴメン。)

指の形によって「単音を出す」「今やっている事を繰り返す」
「パターンを真似る」などの約束事が決まっていて
その場で鳴った音を聴きながらコントロールし
音楽を産み出していく即興音楽演奏。

そもそもは楽譜が読めない・楽器を演奏できない人も交えて
音楽を合奏する為に考案されたものだったと思いますが
プロの演奏家によって演奏された形というのは面白かった。

ただやはりインテリジェンス系のアーティストなんですよね。
ご本人もMCで自虐的に
「アーマッド・ジャマルと上原ひろみを聴きに来たら変な物を聴かされた〜」
なんて仰っていましたがちょっとこのセットに入ると異質感がありましたね。

最後の曲の前に演奏されたのがかなりツボでした。
ちょっと曲目を確認して購入を検討したい。



・上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト
 feat. アンソニー・ジャクソン & サイモン・フィリップス
TJ_09.jpg

当然ボクにとっての見所な訳です。

えぇと。国際フォーラム ホールAで音についての文句は
言い尽くしている感がありますしあれだけの大ホールですと
観ている席にもよりけりですので改めて書くのはどうか?
とも思いますが…やっぱ書きます。


ヒドイ。


これはボクは上原ひろみさんのファンだから
上原さんのステージの音響必要以上に反応して
キビシイ意見になってしまうのですかね?

他のステージでは全く気にならなかったのに
上原さんのステージだけ特にヒドク感じました。

ピアノの音はリバーブでもかけてるのかっていう程で
音の粒どころかモッサモサの塊になって聞こえるし
ベースに関しては完全にダンゴ状態で
なに弾いているのかわかりませんでした。

終盤アンソニーが袖にブチ切れしているように
見えましたが気のせいですかね。。。

ちょっと演奏がどうこうという感想も書く気が起きないぐらい。

まぁ3人が元気に演奏している姿を
久々に見ることができたので良しとしますか。



とそんなこんなでイロイロ思う所もありましたが
終わってみると楽しい2日間でした。

The Quartet Legend
featuring ケニー・バロン、 ロン・カーター、 ベニー・ゴルソン、 レニー・ホワイト

ケニー・バロン(p)、 ロン・カーター(b)、 ベニー・ゴルゾン(sax)、 レニー・ホワイト(ds)

STABLE MATES
SONIA BRAGA
L's Bop
[Ron Carter Solo]
You Are My Sunshine
J.S.Bach's Prelude
CUT + PASTE
BLUES MARCH
WHISPER NOT


小曽根真 featuring No Name Horses VS
クリスチャン・マクブライド・ ビッグバンド

小曽根真(p)、 エリック宮城(tp, flh)、 木幡光邦(tp, flh)、 奥村晶(tp, flh)、 岡崎好朗(tp, flh)、 中川英二郎(tb)、 片岡雄三(tb)、 山城純子(b. tb)、 近藤和彦(as, ss, fl)、 池田篤(as, fl)、 三木俊雄(ts)、 岡崎正典(ts,cl)、 岩持芳宏(bs, cl)、 中村健吾(b)、 高橋信之介(ds)
クリスチャン・マクブライド(leader, b)、 ザビア・デイビス(p)、 ユリシーズ・オウエンス・ジュニア(ds)、 メリッサ・ウォーカー(vo)、 ヌーボタ・アイスレス(Tp)、 ブランドン・リー(tp)、 レディ・ヘンドリックス(tp)、 グレッグ・ギスバート(tp)、 ジェームズ・バートン(tb)、 ジョセフ・マクドノー(tb)、 マイケル・ディーズ(tb)、 ダグラス・パーヴァイアンス(b.tb) 、 ロン・ブレイク(ts)、 ダニエル・プラット(ts)、 スティーヴ・ウイルソン(as)、 トッド・バショア(as)、 カール・ムラーゲ(Baritone sax)

クリスチャン・マクブライド・ビッグバンド
Shake in Blake
The more I see you
In a hurry

小曽根真 featuring No Name Horses
Rhapsody in blue

小曽根真 featuring No Name Horses &
クリスチャン・マクブライド・ビッグバンド

Bouncing in two different shoes


ハービー・ハンコック and his band
featuring ヴィニー・カリウタ、 ジェームス・ジーナス and リオーネル・ルエケ
ハービー・ハンコック(p)、 ジェームス・ジーナス(b)、 リオーネル・ルエケ(g)、 ヴィニー・カリウタ(ds)

Actual Proof
Seventeen / Watermelon Man
Speak Like A Child
Cantalope Island / Flying / Cantalope Island
Rock It / Chameleon


アーマッド・ジャマル
アーマッド・ジャマル(p)、 マヌエル・バドレーナ(per)、 レジナルド・ヴィール(b)、 ハーリン・ライリー(ds)

Fitnah
Sunday Afternoon
Dynamo
Morning Mist
Blue Moon


菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール
スペシャルゲスト UA

菊池成孔(vo, sax, cdj)、 林正樹(p)、 鈴木正人(bs)、 早川純(bdn)、 堀米綾 (hp)、 大儀見元(per)、 田中倫明(per)、 梶谷裕子(vln1)、 高橋暁(vln2)、河村泉(vla)、 森田香織(vc)、 UA(vo)

即興:タケミツトーン with マンボ
京マチ子の夜
導引
ボーン・トウ・ビー・ブルー
ランバネルの賛美歌
この街はジャズ過ぎる
キリング・タイム
バンドネオン・ソロ
ルペ・ヴェレスの葬儀


上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト
feat. アンソニー・ジャクソン & サイモン・フィリップス
上原ひろみ(p)、 アンソニー・ジャクソン(b)、 サイモン・フィリップス(ds)

MOVE
Player
Warrior
Dreamer
Alive
Spirit



--
このライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記[ uzazo's friend blog ] 

関連記事





コメント

おじゃまいたします

ご無沙汰しております。私は6日の昼と、7日の夜を観ました(要は上原ひろみさん目的なのですが…) 確かに7日の音は違和感を感じました。アンソニーのアンプのトラブルか開演も遅れましたしね。年末のツアーに期待したいところです。

追伸 この日程ですと上原さんはお正月は日本でしょうか?年明けにソロでブルーノートか?なんて秘かに期待しているこの頃です(笑)

voiceさん
どもどもですっ!
7日のお昼は見所はいくつもあったのですが
期待以上の感動は得られなかったのがザンネンでした。
好みにもよると思うのですが6日昼と7日夜で正解だと思います。
通しだと何気に体力も消耗しますから(オッサンなだけw)

やっぱ音は変でしたよね。少なく見積もっても良くはなかった。
時間が経って上記の感想を読み返したら
「ちょっと過激に書きすぎたかな…」とも思ったのですが
思い返してみると会場ではかなりヒドイと感じていました。
もちろん見ていた席で違うんでしょうが…。

ボクも密かに追加公演を期待して
もう一度チケット争奪戦に挑む覚悟です。w

僕が座った1階の後ろ左後方の音響は
良くはないけど悪くもなかったです。
ピアノは若干大きく、でもベースは聴こえにくく、
ドラム適音って感じですかね。
屋根の下であることがむしろプラスだったのかも?
ただ、他のアーティストでは感じないのに、
ひろみさんのステージのみ音に違和感あるのは事実。
なんなんですかね?

それはともかく、
アーマッド・ジャマル、最高でした!
一生の思い出ライブに追加です(笑)

クリスチャン・マクブライド・ビッグバンドは
圧倒的な音圧とテクで、本場の凄さを
見せつけられました。すっかりファン。

様々なアーティストの、しかもコラボも観られて
今年も大充実でした。





質問ですm(._.)m

はじめまして。
東京JAZZの感想記事めぐりをしていて辿りつきました。
上原ひろみさんファンです。

9/7夜公演見にいきましたが、上原ひろみトリオの音に関しては本当に同意です…
ちょっと残念でしたね…

MOVEのツアーのときも、同じような音だったので…年末の改善に期待です!

さて、アーマッドジャマル好きの方ということで、
もしお分かりになれば教えていただきたいのですが、
2曲目の演目はなんという曲でしょうか?
はじめて彼を拝見して、遅ればせながらハマってしまいました。
神様ですね…!

yasuさん
どもどもです。やはりあれだけ大きなホールだと
席によってかなり違うんですかね?

とはいえこのトリオでの東京JAZZは
前回も音に関して文句を書いた記憶があるので
(東京JAZZ以外では良かった記憶もあります。)
何か会場とは別の(PAさんとか?)相性があるんですかね。

アーマッド・ジャマルはホントに良かった。
ホントに一生の思い出ですね。

なかなか来日されませんが
(少なくてもボクがファンになってからは初?)
是非単独公演も観てみたいです。

とり子さん

どもどもです。先に謝っちゃいます。スミマセン。
アーマッド・ジャマルのセットリストわからないんですよ。
大半知っている曲ではあったのですが
家で聴いてる時はアルバムひとかたまりで聴く感じで
曲名覚えていないんです。。。(ファン失格)

例年だと東京JAZZのOfficialサイトにセットリストが出るので
そこで確認しようかと思っている次第です。

上原さんのステージの「音」に関して
時間が経つにつれ「過激な書き方としてしまったかな…」とか
「それほどでも無かったかも…」とか後悔しはじめていたので
共感してくださる方がいて良かった。(笑

ありがとうございます!

ご返信ありがとうございます!

そうなんですね、では公式発表がでるのを待つとします!
BSの放送時には曲名付きで放送してくれるかもしれませんし!

これからも、ブログ読ませていただきます〜◎

とり子さん
どもどもです。ボクもBS放送楽しみにしています。
(例年通りだと曲名もクレジットされます。)
過去の東京JAZZのステージでDVD化されているのもあるので
(ってボクが知っているのは1つだけなんですが…)
アーマッドのステージノーカット版も
是非ソフト化してもらえたらもっとウレシイんですがねぇ。(期待薄)

内容も薄く更新頻度の少ないブログですが
お暇な時に覗いていただけたらウレシイです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/295-91caab0d

13th 東京JAZZ 9/7 Sun 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト 他

9/7 Sun 東京国際フォーラム 日曜日は昼夜の両方に参戦。今年はかなり豪華な出演者だったと思います。そのためか、1日通し券は先行予約ではずれ。昼と夜バラでなんとか取れました ...