WILD LIFE など。 

音楽をあまり聴かない、
というか聴いてはいるものの
非常に狭い幅でしか聴いていないワタクシ。

特に邦楽の歌物は最も知識がないジャンルなんです。
TVを着けていて流れてくるものを聴くぐらいで
積極的に聴くことはまぁ無いんですね。

そんなワタクシが素晴らしい
アーティストを見つけましたよ。

もしかしたら既に知っている方もいるかもしれません。

知らなかったとしても名前ぐらいは聞いたことあるかな。


宇多田ヒカルさんです。


えっ?知ってるって。

って知らない人はいないですね。

ネタ的な書き方をしましたがボクも知っていましたよ。
てか、昔から好きです。

CDは1枚ももっていませんがDVDのPV集を持っております。
ボクは他の邦楽歌物のCD・DVDは他にほとんど持っていませんから
uzazo基準ではTOP、一番好きな邦楽アーティストという事になります。

「おいCDも持ってないで語るのかよ」って話ですが
まぁこのブログで宇多田ヒカルさんについて書くのは
最初で最後になると思いますのでお許しを。


ボクが一番最初に明確に「好きだっ」と感じたのは
紀里谷和明さんが監督を務めたPVのイメージが相まって
独自の世界観が明確に提示されたように感じた所から。

(以降、youtubeにOfficialでアップされているものをペタペタしていきますが再生リストで
 貼り付けられている…方法が判らないので内容に合わせた頭出しと思っていただければ…)


宇多田ヒカル - FINAL DISTANCE


宇多田ヒカル - traveling


紀里谷和明さんについては
宇多田さんのPV・アートワークを担当される以前から
カメラマンとして好きだったのですが書き始めると
「CASSHERN」「GOEMON」のアレな部分についても
書かなければならなくなるので今回は割愛します。
ちなみに次回の監督作は「The Last Knights」というタイトルで
出演がクライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン…

って、ホントかよ!

皮肉ではなくホントに楽しみにしています。


で、宇多田ヒカルさんの魅力なんですが
作詞・作曲・アレンジ・ボーカルの全てをご自身でこなし
それがとんでもないクオリティである事だと思います。

音楽の評価は作家主義である必要は無いと思いますが
宇多田ヒカルさんの凄さは自身の声質を最大限に活かした形で
世界観を自ら構築できる事だと思います。

何かの番組のインタビューでレコーディングを進めて行く中で
途中段階でいいので曲を聴かせて欲しいという要望があっても
「ラフ状態の音源を聴かせたくない」と仰っていた記憶があります。
それは全てを自身がプロデュースできる事と無関係ではないと思います。
明確な完成のビジョンを持っているが故の事ではないかと。


そんな事を昔からボンヤリ感じていて好きだったのですが
それらのことを一気に言語化して整理してくれたのが
大好きなラジオ番組での

「宇多田ヒカルのどこがホントに凄いのか?特集」

でした。
(当時の音源は探せば出てきますので興味のある方は是非に特集タイトルでググってみてくださいまし)

この特集を聞いて「なるほどっ!」と自分が感じていた事が
整理・強化されてさらに宇多田ヒカルさんが好きになりました。


さて、何で唐突に宇多田ヒカルさんの事を書いているのかといいますと
先日WOWOWで放送されていたLIVE映像を見ての事です。

1999年〜2010年の5本のライブ映像を放送していたのですが
途中、ゴハン食べたり・プラモ作ったり、うたた寝したりしながらも
約11時間見続けました。

それぞれの時期にそれぞれの魅力がありましたが
本当に素晴らしかったです。

宇多田ヒカルさんの最大の魅力の一つでもある声。

「ゆらぎ」なんて表現であっているんでしょうか。
上記のラジオの特集では「繊細な楽器」と表現されていましたが
ビブラートとは別の次元で(ビブラートも素晴らしいですが)
短い単音でも揺れているように感じる声はまさに「繊細な楽器」だと思います。

「歌が上手い」とされる歌手って声量が基準で
評価されている風潮がある気がするんですよ。
そういった歌い方でも声質・楽曲での違いはあると思うのですが
どこか似た後味になって聞こえてしまってボクはあまり惹かれないんです。

一方、宇多田さんの歌。
「繊細な楽器」から発せられる様々な音・表現。
聴いていて心が揺さぶられるんですよね。
しかも前述の通りその楽器を最大限に引き出す術を自身が知っている。

11時間見続けながらこの宇多田さんの歌声の素晴らしさを
なんかウマイ表現で説明出来ないかと考えていたのですが
「筆」と「ペン」の違いのような気がしました。

声量を重視型のヴォーカリストはペンのバキッとしたラインで描かれる絵。
もちろんそういう歌声でも魅力的なヴォーカリストはいます。
そういうの人は「Gペン」の緩急ある生々しい線で描かれた絵のような印象。

誰とは言いませんが「歌が上手い」とされる歌手でも
「マッキーの太と細」でしか表現出来ていない人もいますよね。
そういう人が「歌が上手い」とされるとなんだかなぁ。です。

一方宇多田ヒカルさんは「筆」。
まっすぐに引かれている線の中にも微妙な揺れがあり
かすれ や にじみ など多種多彩な表現で
非常に複雑で奥深い絵が描かれていく。

これはコントロールが非常に難しい事だと思う。
様々なボーカル(コーラス)を重ね作りあげていく世界観は
CD音源の方が最大限に表現できる部分が「あった」と思うんです。

実際11時間のライブ映像をみてみた所
初期のライブでは「繊細な楽器」を鳴らす事に
苦慮しているように感じられる場面も見受けられた。


昔、何かのTV番組で宇多田ヒカルさんの歌っている映像を見た知人が
「生歌だとあまりウマクない」なんてぬかしたヤツがいるのですが

もう馬鹿かと。

あんなに繊細な楽器のコントロールが難しいのは明白。
そんな事はさておきあの楽器の音色に何にも感じないのか。と。

ちなみに「じゃウマイと思っている歌手って誰?」と聴いてみた所
彼があげたのは「マッキー」(しかも極太オンリー)な
歌い方をしているとボクが感じる歌手でした。

もうそういう人とはわかり合えないのでどうでもいいんです。

先に「苦慮しているように感じられる」と書きましたが
これはホントに初期のライブのみです。
初期のライブなんて10代とか20代前半ですよ。
いくら天才とはいえデビューしたばかりのライブで
あの繊細な楽器を鳴らしまくっていたらソレはソレで怖いでしょ。

中盤からのライブでは見事なコントロールをしていますし
終盤、特に現段階でのラストライブ「WILD LIFE」では
ライブならではの表現もされていて
CDで構築された世界観とはまた別の意味で
素晴らしいパフォーマンスを見せています。

「WILD LIFE」冒頭で披露された「Goodbye Happiness」が
Officialで上がっているのでペタリしております。



全編通して素晴らしいライブでした。

「WILD LIFE」は当時 ustream で配信されましたが
アクセスが集中していたため接続出来ず冒頭部分が見られ無かったし、
なにより高画質で全編見ることができたのでWOWOW様々です。

11時間見続けていた事もあってライブの最後の最後に披露された
「time will tell」にワタクシ泣いてしまいました。


人間活動宣言をされた際に発表されたのが
上記にライブ映像を貼った「Goodbye Happiness」ですが
セルフパロディで作られたPV同様
楽曲的にも集大成感があって好きです。




その後「ヱヴァ」のエンディングとして発表された「桜流し」は
さらに突き抜けた感があり進化した楽曲にやられました。

宇多田ヒカル - 桜流し



人間活動の合間、4年に1曲とかでもいいので新曲を発表して欲しいです。
次の「ヱヴァ」で聴く事ができるかしら?

そんなこんなでデビュー当時からのライブ映像を
11時間を観たことで更に更に好きになりました。

宇多田ヒカルさんはセールス的にも大成功したアーティストですし
誰もが知っているので「好きなミュージシャン」として挙げるには
ベタというか無難すぎて中々名前を出しにくいと思っていたのですが
「今後は好きなミュージシャンと聞かれた時に入れておくべきだな」と
思う程好きになりました。

上原ひろみ、アーマッド・ジャマル、フランク・ザッパ、
スティーブ・ライヒ、ryouji ikeda、宇多田ヒカル(NEW)

といった感じです。

今からCD買い集めるか。。。

ほんとはマキシシングルを集めたいのですが
itunes Storeで探してみたら全曲コンプリートには
結構予算が必要ですね。。。

だれかマキシシングルをコンプリしている知り合いを捜そう。。。

関連記事





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/292-f17f12c2