上原ひろみ THE TRIO PROJECT @ 東京国際フォーラム ホールA 12/9 

20121209.jpg
東京国際フォーラム ホールA
2日目・MOVE JAPAN TOUR 2012 最終日 観てきました。


感想文を提出いたします。
--
なんだよ。


なんだよこれ。





最高じゃないかっ!


あまりに密度の高いライブで
あっという間に終わっちゃいましたよ。

もうなんか曲を取り上げて感想を書く事に
あまり意味が無いんじゃないか、と思えてくる程
空間がうねり沸騰していく感覚。いやぁもう最高ですね。

ほんとにどの瞬間を切り取っても最高。
最高の一瞬が繰り返され続ける濃密な時間。
その中でもさらに特別な瞬間・ミラクルが
起こっちゃうんだから困ったものである。(笑

Margarita! 後半の神展開とか最高にアガりました。
なんかわからないけどアゲ展開の曲でも涙が出てしまう程。

なんの根拠も無かったけど
「今日聴けるんじゃないか?つか聴きたい」と思っていた
「Place to be」がホントに聴けちゃったり。もちろん泣いた。

前述の通り
1曲1曲の感想を書くのは野暮ではないか?と思うぐらい
素晴らしく濃密な内容のライブでした。


でも1曲だけ取り上げて感想を書きます。

それは「11:49PM」

初めて聴いたのは Blue Note TOKYO でのライブでした。
その時は「あまりに壮大すぎてよくわからなかった」
というボンクラな感想を書いております。(爆死

その後、CDも聴き「名曲である」となり
昨日(12/8)の2ndセットでは満足できた楽曲の一つ。
まぁ好きな曲になっていった訳です。

しかし今日(12/9)のライブでの演奏は
これまで以上に深く突き刺さってきました。

「あぁそうかっ!」と。

もちろん意味的にはこれまでも
今日思った事と近しい印象ではあったのですが
こんなにも強烈に、明確にスコーンっと
心の奥に入ってきた感覚は初めてでした。

このライブ全体に産まれた濃密な空間。
その空間を「この楽曲」が締めくくる事で意味が浮き彫りになって
「曲」という概念を越えて突き刺さって来たような気がします。

上原ひろみさんのパフォーマンスに見えた
いまココにある音を余すことなく使い切る。
この空間に産まれた空気を昇華する。

この曲は「人生礼賛」ですね。

勘違いかもしれませんが
ボクにとってはそういう曲になりました。


終わるのが惜しい。もっともっと聴いていたい。

と強く願ってしまう程の素晴らしいライブ。
その想いをこの楽曲・パフォーマンスが燃焼し尽くし
まとめて昇華してくれるように鐘の音が終わりを告げる。

素晴らしい。

今年もなんとか頑張れる気がする。
ってあと1月も無いじゃねぇかっ!(笑


上原ひろみさんの次のプロジェクトが
どんな形になるのかわかりません。
もちろん新プロジェクトも楽しみです。
でも、このバンド。もう少し聴いてみたい。



2012.12.09.
上原ひろみ THE TRIO PROJECT
featuring Anthony Jackson and Simon Phillips
@ 東京国際フォーラム ホールA

Open16:00 Start17:00

1st
--
1.MOVE
2.Endeavor
3.Brand New Day
4.Delusion
5.Desire

2nd
--
6.Labyrinth
7.Rainmaker
8.Margarita!
9.Place to be(Solo)
--Suite Escapism--
10. "Reality"
11. "Fantasy"
12. "In Between"

EC.Encole: 11:49PM



上原ひろみ Live Report Index

--
このライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記 [ uzazo's friend blog ] 
今年も同じステージをいくつも観ていますが共感する内容が多いです。
時に「オマオレ」的に同一人物かと思う程に
ボクの感想とのシンクロ率が異常に高くなる事があります。(笑


--
え〜と。この時期恒例。ってか恒例にしたくは無いんですがw
考え方の違う人は激しく不快に感じる事を追記に書きます。

気がつかなかった方には素晴らしいライブ体験に
水を差すような内容になりますのでスルーで。
内容は終演後の事。

--ちょっと言葉足らずであらぬ誤解を与える可能性があったので加筆--

素晴らしいライブでしたよね。
本編の感想に書いた通り「11:49PM」で幕を閉じるのは
内容的にも意味合い的にも素晴らしいものでした。

それでも拍手止めたくない気持ちはわかります。
感謝・感動の意を示す為に自分の納得するまで
拍手を続けるのはいいと思いますよ。

まぁでもさ。ぶっちゃけ
「ダブルアンコールしてくれないかなぁ」とか
よこしまな気持ちもあったりするじゃないですか。(笑

これはもう、さじ加減といいましょうか
何か明確な線引きができるものではありません。

全員が一斉に拍手を終えるなんて不自然ですし
タモリさんの仕切りが無ければあり得ませんからね。(笑

称賛であれ感謝であれ感動であれよこしまな思いであれ
おのおの納得のいくまで拍手していいと思います。

ただ客電のタイミングとかアナウンスとか。
会場の使用時間とか会場の構造(関係者を楽屋へ通す為の間取り)とか
運営する上での会場毎の制限もあるわけですよね。

ボク自身は自分の想いの分拍手できたと納得すれば、
よこしまな気持ちの場合はこれ以上はワガママだなと思ったら席を立ちます。
もちろん席を立ったという事は感謝・感動の意として(よこしまな気持ちも)
自分は納得したという事ですから仮にその後演奏が始まっても戻りません。

もちろん前述の通りそのタイミングは人それぞれですよね。

で、今日のボクはどうだったかと言えばですね
気分的には拍手を止めたくなかったですし
今までの東京国際フォーラムでのライブの慣例からして
よこしまな気持ちも抱いてましたよ。

たださ。

お前らバカだろっ!

って輩が多すぎだろ。

拍手がどうこうの話じゃないですよ。

何ステージ前に群がってるんだよ。

もう納得いくまで拍手とかいう状況でも無いというか
拍手を続ける事自体が「ああいう人」と
同義になってしまうと思ったのでボクは席を立ちました。

もちろんご自身の席で拍手を送り続けていた方達には何も文句はありません。
あくまでもステージ前へ群がる人達に対して
「なにやってんだコイツら」って話です。

ホールを出かけた時に聞こえて来た
ダブルアンコールは行いませんアナウンスってw

ちなみにワタクシ以前にこんな事書いていますよ

普通に考えればこうなるでしょ。
Wアンコールがどうこうでは無くてね
ホールの前方にスタッフが配置されたり(去年から、今年人数増えた)
Wアンコールやらないアナウンスがあったり(今年から)

ちなみに
曲の構成から考えた演出上そもそもWアンコールをしないと
決めていたのかもしれませんが日本のツアーの最終日に
Wアンコール無かったのは今年が初めてじゃないですかね?
(↑これ加筆部分ね。無かったんですよね?)

その後メンバーが出てきたかどうかは知りませんが
まぁあんな状況では聴きたく無いですからどうでもいいです。

こんな過疎ブログに書いても意味無いんですけどね。
同じ会場にいるだけでああいう人達と同類とは思われたくないです。

関連記事





コメント

初めて

セットリスト調べたくて検索したら辿り着きました。詳細に書かれててありがとうございます。

私も二日間行きました。
こんなに同じ感情で二日間観ていた人がいるのは驚きました。

初日は何か違和感を感じ分析できないまま二日目を迎え、そしてどうでも良くなった、まさに感動でした!

終演後、私も期待してしまいましたが前列の群がり観て期待するのをやめました。でも拍手は呼び込みから賞賛に変わり拍手を止める事はできませんでした。

彼女が残してくれた最後のメロディと思い余韻に浸ってました。

勝手な書き込み失礼しました。

ホリグチさん

どもどもです。過疎ブログへご来訪・コメありがとです。

そうですかぁ。
似たような感想の方がいたかと思うとウレシイです。

素晴らしいパフォーマンスでしたよね。
ボクも余韻に浸りまくりでライブで披露された曲の
フレーズが脳裏に浮かんで来るような感覚です。
そして今も継続中です。w

個人的な妄想感想ブログですがまたお暇な時にでも
覗きに来ていただければ幸いです。

ではではぁ。

こんばんは★
私も日曜日だけですが、参加してきました(^^)

上手側の席だったので、若干ピアノの音が聞こえづらかったですが、休憩はさんだら、PAで調整してくれたのか、耳が慣れたのか、そんなに気にならなくなりました(^.^)

ホントに、あっという間の3時間でしたね(*≧∀≦*)

Place to be以降は泣きっぱなしでした(T^T)

小沼さんの状態が気になりますが、早く元気になってもらいたいです!

ぽにょも拍手止められなかったです。
ダブルアンコールを期待もしてましたが…。

ダブルアンコールなしのアナウンスの後は、撤収作業が始まってました。

今回は休憩中のステージ前に、撮影禁止のカードを持った方がずっと立ってたり、ステージ前には立ち止まらないようにと、声かけが行われてたり…監視の目というか、いつもの年より厳しい気がしました。

前年までのことが招いたことなのかと…。

ぽにょさん

どもどもです。ご無沙汰ですぅ。
2日目はボクはセンターブロックの席だったので
ボクが「ピアノ中音域が全く聞こえなくなった」と書いた
初日の2ndと比べようが無いのですが
やはり座席位置による差は大きいんですかね?

いやはやしかし内容は素晴らしかったですよねぇ。
毎度の事とはいえ感動してしまいましたよ。
「この為に生きてるといっても過言では無い」みたいな。w

あっあと追記の方は誤解を与えるような
(しかも過激なw)書き方だったかもしれませんが
拍手を送り続ける事はいいと思っていますよ。
(よこしまな気持ちを含めて・笑)
むしろ周り全員が拍手止めて帰っても一人で
拍手を続けてしまう姿とか見たら素直にスゴイ。
「想像を絶する衝撃を受けたんだろうなぁ。これは純粋な称賛の拍手やっ!」と。

ただ座席指定を無視するのは「ありえへん。」と思います。
ステージ前に出てくるのが常態化しつつありますからねぇ。

こんな過疎ブログに書いても改善はされないんですが
「ボクはこう考えてます」ぐらいは書いて置きたいみたいな感じです。

こんにちわ、キムです。

行きました~国際フォーラム。すごかったですね。もう何回もライブに行っているけど、毎回最高だなって思わせてくれるところは、ホントにすごいですよね。

個人的にSuite Escapismが楽しみで、3曲目は自分の心臓の音が聞こえてくるくらいでした。

僕もずーっと聞いていないなぁとか終わらないで欲しいなぁって思いながら聞いていました。また、しばらくライブがないのは寂しいですが、また来年も期待したいですね♪

キムさん
どもども。ご無沙汰ですぅ。
ほんとに毎回、毎年、何度も(笑)最高だと
思わせてくれるのは驚きですよね。
故に何度もライブが観たくなる。

Suite Escapism。
ひろみさんの組曲形式の楽曲ブロックは毎度スゴイっすよね。
"Reality"は特に大好物なんですが
"Fantasy"から間髪入れずに突入する"In Between"とか最高にアガります。

とか書いていたらスパイラルツアーの
Music for Three-Piece-Orchestraのライブ映像見たくなってきた。(笑
時間のある時大音量でみようと思います。

来年もまた期待を越えるライブを見せてくれると信じてます。楽しみっ!

uzazoさん

ホントだ、uzazoさんは僕ですか?(笑)
そして同じ感想を共有できる人がいて
心から嬉しいです!

アンコールですが、僕も同じく
開場を出た時に、背中で
「ダブルアンコールはありません」
アナウンスを聞きました。

そうですか、またステージ前まで客が押し寄せたんですか、残念。

今回は「11:49」で完結するように
ドラマの筋書きが出来ていたような気がするんです。
それに、あの渾身のパフォーマンスを見て
それ以上要求する気にはなれません。

どんなに拍手が鳴り止まなくても、
撤収作業開始してしまえば良いと思います。
と、赤坂BLITZの時のアンケートに書いて来ました。
主催者さんに伝わっていることを祈りつつ。

yasuさん
たまにビックリするほどピンポイントの
言葉や内容ででシンクロしますよね。(笑

遅まきながら 11:49PM の楽曲の意味が
「あぁっ!そうかっ!」とダイレクトに飛び込んできて
ややもするとアンコールには重すぎでは?と思える
この楽曲が本当の最後を飾る場で演奏される意義を
もの凄く強く感じました。素晴らしいステージでした。

ステージ前はもうね。
運営さんもスタッフを配置したりいろいろ考えて
対応してくれていますがその甲斐虚しく…もはや打つ手無しですかね。
モッシュ有りライブの対応ぐらいまでやるしか無いか(笑)

某所の書き込みでボクは「故意犯」だと思っていたのが
「確信犯」の輩まで存在する事を知って愕然としました。(笑

まぁボクはその場その場でボクの思う
称賛の送り方をするだけなので
どうでもいいんですが(投げやりw)

アンケートかぁ。今度書いてみようかな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/253-ca0039e3

上原ひろみ THE TRIO PROJECT 「MOVE」JAPAN TOUR 2012 @国際フォーラムA 12/8&9

 12/8 Sat  12/9 Sun 東京国際フォーラム ホールA 赤坂BLITZのスタンディングライブで 始まったツアーですが 待ちに待った国際フォーラムで 遂にファイナル。 楽しみが終わって ...