Hiromi's Sonicbloom JAPAN TOUR 2007 @ 横浜 BLITZ 

071204britz.jpg


上原ひろみさんのHiromi's Sonicbloom JAPAN TOUR 2007
@ 横浜 BLITZ 行ってきました。ボクは初・横浜 BLITZ。
普段はスタンディングが多いのだと思いますが
キャパも多すぎず少なすぎずいいスペースですね。
これは会場の力かわかりませんが音も良い感じに思えました。


感想文を提出いたします。
--
先週のBlue Noteの余韻が残りつつの参加。
各会場それぞれの特徴はあると思うのだけれど
客層もステージもBlue Noteはやはり特殊なんだな。と実感。

会場が暖まるまでちょっと時間がかかった印象。
一曲目ソロ終わりに拍手して軽く「いぇ~いっ」と言ったら
周りのお客さんに引かれてしまいました。w 
ちょっと一人で前のめりになってしまったようです。
Blue Noteではスタート前からみんな前のめりでしたから(w

しかし会場を暖めるのは何と言っても良い演奏。
2曲目フューズのギターソロが怖ろしく素晴らしく
もう我慢できずに全力の拍手。
すると同じタイミングでみんなが拍手していた。
やはり良い演奏を聴けば会場は一瞬に暖まりみんな盛り上がります。

前回の日記でも書きましたが世界各地を周り築き上げてきた
このバンドは素晴らしいバンドに進化していると思います。
今日特にそれを痛感したのは1st setの最後に演奏された
TIME CONTROL OR CONTROLLED BY TIME。

インプロ開けの中盤にイントロ部分で登場するものと同じ
ピアノとギターの高速ユニゾンがあるのですが、そこまで絶好調だった
フューズが完全に弾き遅れてしまうシーンがあった。
フューズ自身「グッ」と唇を噛みしめ悔しそうにしていたが
他のメンバーは揃ってニッコリとした表情で視線を送る。

ボクの感想(妄想)でしかないけれどその直後の演奏は
弾ききれなかった状態を「既にあるモノ」として
曲全体を成立させる演奏のように思えた。

インプロヴィゼーションはJAZZの醍醐味だし
これ自体がインプロヴィゼーションで当然の事なのだと思うが
このシーンはお互いの信頼関係が明確に感じられたシーン。
どんな状況でも走り続けられる信頼関係。

この信頼関係が「どんだけ自由なんだw」と思わせる
楽しい演奏を支えているような気がする。


「どんだけ自由なんだw」といえば
今日のマーティン。はしゃぎすぎだろ。w

上原ひろみさんの内部奏法とのドラムのインプロ。
タオルで押さえてミュートしながら叩く幻想的なシーン。

そのタオルを振りスティック代わりに叩く。
そのタオルをグルグルと回しだしランダムに音がなる。

上原ひろみさんの内部奏法も反響板を叩くなど
以前より激しくなっている。実験的で好きだ。
しかし、、、、、

グルグル、グルグル、グルグル、ぽーーいっ。

ちょっw タオルをトニーに投げるなっww

別のシーンではちょっと目を離した隙にいつの間にか
スティックがペットボトルに変わっていたりと、
はしゃぎすぎだろ。w

目を閉じて聴いていたらオフザケに全く気がつかない
出来なのがまた怖い所でもある。


2nd ラスト。TIME OUT。
フューズがソロで演奏をやめて不機嫌に椅子に座る。
一人の観客を指さし「立ち上がれ」のゼスチャー。
立ち上がらせた観客に「盛り上がれ」の指示。w
ソロ復活後も次々と指さし客を立たせていく。
観客総立ちでのTIME OUT。これはホント嬉しかった。

ボクは必要以上にデカイので後ろにいた人には
申し訳ないがやっぱり立って聴きたい曲もある。
まぁ総立ちになってしまえばこちらのモノ。
その流れもあってアンコールの
RETURN OF KUNG- FU WORLD CHAMPIONも総立ち。

ホントに楽しかった。
キット日によって出来の善し悪しがあると思うが
今の Sonicbloom は向かうところ敵無し状態。w
ツアーのFinalも期待して大丈夫ですね。

--
追記。
別の場所で見ていた友人に教えてもらったのですが
マーティンのスティックがいつの間にかペットボトルに変わっていたのは
その直前にスティックを飛ばしてしまったからだそうです。w
--

久々に自力セットリスト。w 間違ってたら教えてください。

2007.12.04.
Hiromi's Sonicbloom JAPAN TOUR 2007 @ 横浜 BLITZ

--1st set--
1. TIME DIFFERENCE
2. DEEP INTO THE NIGHT
3. TIME & SPACE
4. TIME FLIES
5. TIME CONTROL OR CONTROLLED BY TIME

--2nd set--
6. TIME TRAVEL
7. Note from the Past
8. DOUBLE PERSONALITY
9. TIME OUT

EC1 PLACE TO BE (SOLO)
EC2 RETURN OF KUNG- FU WORLD CHAMPION


上原ひろみ Live Report Index
関連記事





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/25-f80d8dc9