上原ひろみ / Another Mind 

anothermind.jpg

--
このアルバムの購入時の感想はPCに残していなかったため
書いているのは Time Control が発売された後(2007.12)です。
--


言わずと知れた上原ひろみさんのデビューアルバムです。
CDを購入する動機は人それぞれですがキッカケは誰でもあると思うのです。
今となっては後発のアルバムを聴いてから遡り聴く人もいるかもしれませんが
私の場合は某TV番組で彼女の演奏を観たことがキッカケでした。

その画面に映った日本人の女の子の演奏する姿はボクには衝撃でした。
その翌日CDを買いに走ったのは言うまでもありません。w

CD発売当時に購入した人なら初めて触れるT1「XYZ」。
そのドライブ感と音の厚みといったら半端ではありません。
ベースとユニゾンし続ける左手と自由に動き回る右手。
もちろん人には好き嫌いがあります。ただこの「XYZ」を聴いて
キターと思ったらもう上原ひろみファンと名乗って大丈夫。w

デビューアルバムという事で自己紹介的な側面もあってか
このアルバムの特徴としては強烈な個性を打ち出しつつ
実は非常にバランスがとれたアルバム。というのが私の感想です。
疾走感溢れる曲から始まって、ゆったりとした曲へ。
もちろんノード・リードも活躍しますしシリアスな曲もあります。

今となってみればその後の上原ひろみさんの進んでいく
方向性が見事に散りばめられている構成。
そういった意味で非常にバランスがとれたアルバムだと思います。

たまにボクが上原ひろみさんのファンであることを知っている知人に
「上原ひろみを聴くなら何から聴けばいい?」と聴かれる事があります。
「まだ4枚しか出てないから全部聴け。」というのが本音ではありますが w
それでは元も子もないので(ロック好きとかクラシック好きとかの)特別な趣向が
ある人以外には非常に悩んだ末に上記の理由で「Another Mind」を勧めています。

また唯一ゲストプレーヤーが参加しているアルバムでもあります。
DOUBLE PERSONALITYでは後に
「HIROMI'S SONICBLOOM」に参加する事になる
David FUZE Fiuczynskiがギターで参加しています。

そして「XYZ」に「Summer Rain」「The Tom and Jerry Show」。
ライブでその一音を聴いただけでファンの熱狂する「Dancando No Paraiso」w
いつまでも愛され続けるアルバムであるのは間違いありません。

アナザー・マインドアナザー・マインド
(2004/09/08)
上原ひろみ

商品詳細を見る


上原ひろみ CD Review Index
関連記事





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/24-3a81e4e3