矢野顕子×上原ひろみ 今年は2人でさとがえるツアー ~Get Together~ 

ちょっと時間が経ってしまいましたが
さとがえるツアー@東京NHKホールの感想でございます。


感想文を提出いたします。
--
ホールに入ってまず目に入ったのはステージ上につられた鏡。
2人の手元が映し出される様に設置されていてこれはオモシロイ。
ピアノは反響板が外されていたので反響板のような効果もあるのか!?と。
多分反響効果はあったと思うんですがそんなに音が飛んで来ないという。(笑

MCの比重やボクが座った席の雰囲気が大きく影響しているのだと思いますが
前回のライブレコーディングの時とは違って
やはり矢野顕子さんのライブに来ているなぁという感じでした。

矢野顕子さんに詳しくないボクが書くのもおこがましいですが
やっぱり矢野さんってスゴイなぁと。

矢野さんの歌って唯一無二のものだと感じました。
管楽器のようでもありフレットレスの弦楽器のようでもあり
歌劇のようでもあり。。。

やはりズバッと例えるのは無理ですね。
「the 矢野顕子」という事になるんだと思います。

その歌はインプロヴィゼーション満載。
楽器で奏でるインプロとは違い繰り出した音に対して
言葉という縛りまである上であんなにも縦横無尽に
音楽を産みだしていく様は圧倒的な存在でした。

演奏終わりで矢野さんのよろこぶ姿は
まさにライブの醍醐味であるその場で音楽が
産まれていった証なんだろうなぁと。

もっとも矢野顕子さんの「the 矢野顕子」な部分を感じたのは
「こんな所にいてはいけない」
この歌詞・言葉は矢野顕子という存在が無いと
全く別の意味を持ってしまうと思います。

一見ネガティブな印象を受ける言葉。
もちろん歌詞全体を見ることで真意はキッチリ伝わります。
しかし曲終わり最後の言葉「こんな所にいてはいけない」。
これは矢野顕子さんのメロディ・声質・表情・動きの
全てが相まって一つの意味をなしている。
ホントに素晴らしいと思いました。


そしてこの矢野顕子さんと上原ひろみさんの
共演という事ですから素晴らしくない訳が無い。

音楽が産まれる瞬間
言葉が産まれる瞬間

そんな杞憂な瞬間が詰め込まれた
素晴らしいライブ体験でした。

これはどんなコラボレーションでも同じだと思いますが
繰り返される事で進化・深化する関係性。

念のため書いておきますが初回の独特の緊張感。
スリリングさというのは貴重な瞬間であります。
特にこのお二人の初ライブはミラクルな内容でした。
いろいろな付加価値が付いてしまう初回ライブで
ミラクルが起きてしまうとそのミラクルは
そうそう越える事はないだろうと。

前回のレコーディングライブはそれらの付加価値や
思い入れ込みのミラクルをさらに乗り越えてしまった驚き。

今回のライブでは圧倒的な深化という種類の驚きでした。
これまでのコラボを経て、ツアーを一緒に廻る。
よりチャレンジングなアプローチでのライブ。

上原ひろみヲタとして(笑)同じツアーを複数回脚を運んでしまうのは
そういったチャレンジを強く感じる部分にあります。

その意味で今回のチャレンジスピリットをヒシヒシと感じるライブが
東京での公演が1度しか無いのが残念でなりません。
もっともっと見てみたい。まだまだいろんな表情があるハズ。
という気持ちになりました。


とはいえMCで矢野さんが
「こんな曲もできるねぇ。って昨日話したよね。」
というような事を言っていっていましたし
またいつか、近い将来にお二人のライブを
観ることができる機会があると期待しています。


2011.12.11.
矢野顕子×上原ひろみ
今年は2人でさとがえるツアー
~Get Together~
@東京NHKホール

1st
--
1. そこのアイロンに告ぐ
2. Evacuation Plan
3. ずいずいずっころばし(My Favorite Things)
4. Cape Cod Chips
5. Lean On Me
6. Deja Vu
7. 学べよ

2nd
--
8.しあわせなバカタレ (AKIKO's solo)
9. こんな所にいてはいけない(AKIKO's solo)
10. Haze(HIROMI's solo)
11. 月と太陽
12. CHILDREN IN THE SUMMER
13. りんご祭り

EC1. ラーメン食べたい
EC2. Green Tea Farm



--
このライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記 [ uzazo's friend blog ] 
--
PLACE TO BE... [ uzazo's friend blog ]
--
お二方とは今年も何度も同じ会場で素晴らしいライブ体験をしました。
また来年も素晴らしい瞬間を共有できると思います。


上原ひろみ Live Report Index



以下、
個人的にホントに個人的な理由で「うむむっ」と思った部分。
と、しつこいけどマナーについて。

ホントに個人的な理由で「うむむっ」と思った部分が2つ程。
しつこいようですがホントにホントに個人的な理由なんです。

一つは上原ひろみさんの「Haze」。

もちろん素晴らしかったです。
ソロパートの持ち時間を1曲に費やすあたりは
なんとも上原ひろみさんらしいストイックな姿勢で好きです。

しかしながらこの曲にはボクの勝手で(w)明確なイメージがあるんです。
この日の披露されたロングバーションの演奏も
そのイメージを崩すものではありませんでしたが
ポイントが2つになっていたんですよ。
故にカタルシスも分散されてしまったかなぁと。

まぁホントに勝手なイメージを持っているから
思った事ではあると思うんですがね…。
「Haze」についての個人的な想い・イメージはまた別の機会に。


もう一つは「Green Tea Farm」
これもね。ボクが歌詞を知っている事と
東京JAZZでの印象が未だに記憶に残っているので
ボク自身の問題であるんですが
矢野さん独特の間・インプロが不安になってしまうという。(笑


そんな事は些細な事で素晴らしい内容の
ライブあったのは間違いなかったです。
まぁ個人的な思い出感想として書き残しておきます。




で、

ですよ。
前回も追記欄にボクが考えるマナーについて書きましたし
(一瞬、超過激な内容を書いて書きすぎたと削除したのですが・w)
過疎ブログに書いた所でなんの意味もないのもわかっています。

アンコール。

今回はほとんどの方が気がつかなかったと思いますが
ボクが確認できる範囲で十数名が座席無視して前に来ていましたね。
矢野さんのライブは初めてなので普段どうなのかわかりませんが
上手側に集まって来ていたのはきっと上原ひろみさんのファンでしょう。

しかもその十数名の中には
いいオッサン・おばちゃんも含まれてるじゃねぇか。と。(笑

NHKホールの座席配置の特性で最前列がオケピエリアにあるので
ステージ前に出られなかったというのが幸い。
後追いする人が出る前にスタッフに戻るよう促されていましたが

ホント恥ずかしいですわ。

関連記事





コメント

こんばんは☆

今年のひろみちゃんはこれで見納めですね。
来年が楽しみであるのと同時に、やっぱり終わってしまうと寂しいですv-406

今から来年のプロジェクトが気になります(笑)

uzazoサンの感想を読んでいると、レコーディングライブに参加したからこそ感じる部分もあるのかな?と。
ぽにょもレコーディングライブ、参加したかったです・・・(涙)

マナーに関しては、ぽにょも今回ひしひしと感じるぶぶんが・・・。

ライブが素晴らしいだけに残念です・・・。

ライブ全体の素晴らしさからすれば
本当に小さなことなのですが、
それがどうしても気になってしまい
毎回のような120%の楽しさは
感じられませんでした。。。

でも、あの時、あの場でしか生まれない音楽に
触れられているわけですから
贅沢言ったらいけませんね(笑)

来年の活動が早くも楽しみです。
今後もuzazoさんと一緒に
感動を共有できたら嬉しいです^^

(ちなみに、例年さとがえるコンサートでは
アンコールの時に自分の座席を離れる人は
いなかったと思いますよ)

ぽにょさん

どもども。
今年は例年と比べると早めにライブ終わっちゃいましたから
寂しさひとしおです。とはいえひろみさんの事ですから
次のアクションもキット驚かせてくれると思うので
楽しみに待ちたいと思います。

感想に関しては複数回見たとしてもそれぞれのライブを
比較する事ではないと思っています。
感じ方も人それぞれのライブ体験ですし。
ただ自分が違いを感じた部分は書いて置かないと
書く事がなくなっちゃうんで(笑
粗探しにはならないように気をつけているつもりではあるんですが。

マナーに関してはね。。。ホントに。。。
自分が過敏すぎるのかとも思うんですが
年々悪化していると感じる場面に遭遇するんで
ちょっとなぁ。と思ってしまいます。

yasuさん

どもどもです。
ライブ体験は個人の物という前提ではありますが
やっぱり奇跡としかいいようの無い瞬間があるのを
知ってしまうと「その瞬間」がくるのを求めて
何度も足を運んでいるんで仕方ない部分ですよね。(笑

>でも、あの時、あの場でしか生まれない音楽に ~
おっしゃる通りそういうライブを繰り広げるお二人だからこそ
120%の瞬間が降りてくる事があるんですよね。
ソレを理解している僕らは贅沢を言い続けましょう。(笑

座席離れ。やっぱそうですかぁ。言葉は悪いですが
マナー違反の人は「味をしめている」という印象ですねぇ。
ひろみさんのライブならひろみファン同士で
あいつらしょうもなっ。って思っていればいいですが(それもイヤですが)
矢野さんのファンの方に迷惑がかかると
「上原さんのファンって~」ってなって
上原さん自身の印象も悪くなるからホント勘弁です。

はじめまして

実はこちらのファンでいつもこっそり拝見させていただいてます。
マナーについてですが、今回&先週のトリオでは割と後ろの席だったので、後ろから人がくることはなくそれほど感じなかったのですが、昨年末のライブでは前の方の席だったので、後ろから度々どっとやってくる人々に昔の「レインボウ」事件(を知ってられるかな?ファンが亡くなりました。)を思い出しました。あのあと、しばらくロックコンサートでは前に警備員がずら~っと並ぶようになったものです。ああなってしまうと雰囲気半減です。ちょっと危惧しました。
ここ数年増えていたへんな手拍子や掛け声は減ったと思うんですけど、ファンが増えるにつれやっぱりいろんな人が来てしまいますね。ある程度は仕方ないのかな。

すばらしいライブであるだけに、今後困ったことのないようにファンの方も気をつけなければいけませんね。

おじゃましました。

hakkoさん
どもども。個人的な妄想感想ブログへ
ご来訪・コメントありがとうございます。感謝。

マナーについてはホントに困ったものですね。
別の方へのコメントレスにも書きましたが今年の状況は
マナー違反者が「味をしめている」という印象がありますから
今後も悪化していってしまうのかなぁ。と危惧しています。

ボクの見ている範疇では運営されている側も
それなりに対応を検討して実践しているようですが
「味をしめている」輩が相手では力及ばずという感じですね。

結局ファンのマナーが悪くなれば対応も厳しくなりますから
開演前に「アンコール時でも座席の移動は~」とか
寒いアナウンスを入れなければならないとか最悪ですしね。
ボクが運営する側なら今の状況が続くのであれば
「Wアンコールは絶対やらない。」という選択をすると思います。

誰かの身勝手な行為で誰かのすばらしいライブ体験を
台無しにするような状況はなんとかして避けたいですねぇ。

妄想感想ブログですが
またお暇な時にでも遊びにきていただければ幸いです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/226-1b7fb08f

矢野顕子×上原ひろみ 今年は2人でさとがえるツアー@NHKホール

12/11 Sun  NHKホール9月のライブレコーディングが11月末にCDになり、そして毎年恒例矢野さんのさとがえるコンサートが今年は上原ひろみさんと二人。僕にとっては最強のドリームマッチ ...