東京JAZZ2011 MAKIN' HAPPY!(9/4・昼) 

東京JAZZ2011最終日お昼の公演。
もちろん上原ひろみさん目当てでの参加になります。(笑


感想文を提出いたします。
--

20110926_07.jpg

ケニー・バロン トリオ
featuring 北川潔 and ジョナサン・ブレイク


不勉強で初めてお名前を聞いたのですが非常に良かったです。
時間がお昼で有ることを忘れさせる程アダルトな感じでしたが
緩急織り交ぜたセットリストで終始楽しんで観る事ができました。

特に最後の曲(だったかな?)もの凄く良かった。
素人なので間違えていたら恥ずかしいのですが
あまり聴いたことがない和音でテーマが構成されていたり(違う?w)
曲終わりがバツッと終わる感じとかかなり好みでした。

01. I Hear A Rhapsody
02. Fragile
03. And Then Again
04. My Funny Valentine
05. Untitled




20110926_08.jpg
 
20110926_09.jpg


上原ひろみ × 熊谷和徳

もう定番のセッションと呼んでいいんじゃないでしょうか。
毎回素晴らしいパフォーマンスを見せてくれます。

実は一瞬今回見送ろうかな?とか思っていました。
この日の公演の他の出演者を知らなかった事が一つと
タップもピアノも生音が響き渡るブルーノートでの公演が
あまりにも素晴らしすぎたのでここは一回見送って
間隔を空けてた方がいいんじゃないかな?と。

まぁそんな事を思ったのは一瞬でスグに思い直したのですが(笑

そしてこの決断は大正解でした。
ホントに素晴らしい内容でコレ見送ってたら
確実に後悔していましたね。いやぁ良かった。

熊谷和徳さん足からコード出てましたが
シューズにマイク付けていたんですかね?
前回の東京JAZZの公演の時もそうでしたっけ?
客席から登場が定番の熊谷さんがステージから
登場だったのはマイクのせいなのかな?とか思いました。

これは何回も書いている事なんですが
ピアノとタップという違いがあっても
この2人には同じタイプのアーティストだと感じます。

やはりこれはライブで見ないと素晴らしさ半減。
生音のタップの迫力は言うまでもありませんが
この日のライブでPAを通したタップの音もスゴク良かった。
生音に比べると柔らかく少し甘い感じになっているのですが
それはそれで非常にいいなぁと。

今まではTVやUSTだとタップの音の厚みが激減していて
(まぁそれはそれで軽快な感じがして味わいがあるのですが)
少々ザンネンに感じていたのですが今年の放送は期待しちゃいます。

もう一つこの二人のセッションの見所としては
選曲にもあると思います。
『Beyond Standard』というアルバムが出来た事で
上原ひろみさんの弾くスタンダード作品があるにはありますが
やはり『Beyond Standard』は強烈の解釈が入っている上に
音作りも含めて再構築されたオリジナルに近い仕上がり。

今までの二人のセッションでは
ピアノオンリーの素直な意味でスタンダードを
今の上原ひろみさんがどう弾くのかというのも見所だったし
過去の上原ひろみさんのバンド曲をピアノ+タップでの
新しいアレンジで聴けるなどホントに選曲が楽しかった。
また、この2人の十八番であり大作「Rhapsody in Blue」は
この東京JAZZで産まれた作品。

この日も「Rhapsody in Blue」でもいいけど
他の新しい選曲があったら嬉しいなぁ。なんて思っていました。

で、ライブ後半。

!?

えっ!これってっ!

The Planets Op.32 Jupiter

マジかよ。ホルスト。

ピアノとタップ。
ミニマムから産まれる宇宙。

いやぁスゴイの聴いちゃったなぁという感じです。

ホントに見送らなくて良かった。

01. TOHOKU(さくらさくら / あんたがたどこさ)
02. I Mean You
03. The Planets Op.32 Jupiter

EC. What A Wonderful World / ふるさと




セルジオ・メンデス

うん。うん。
タダでさえ守備範囲が狭いボクなのですが
そのさらに外側といった感じで完全に守備範囲外です。
そんなボクが何か言うのも失礼という事で感想は割愛。

カポエイラとタンバリンの凄さはボクにもわかりました。(笑


と言うこと東京JAZZ 2011楽しんで来ました。

--
このライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記 [ uzazo's friend blog ] 
感想を拝見するといつも気が合うなぁと思わされます。


上原ひろみ Live Report Index
関連記事





コメント

こちらはプラス方向で共感できます!
「これぞ、ひろみさん」というピアノを聴くことができ、
前日のトリオでの憂さ晴らしになりました(笑)

パワーアップした熊谷さんのタップも素晴らしく、
その上、あの「木星」まで聴けたことを
神様に感謝したいくらいです。

熊谷さんの足のコードは、
「引っ掛けたら危ない」とハラハラしながら
観てました。
前回、どうでしたっけねぇ?
おそらく、なかったと思うのですが・・・

そして、セルジオ・メンデスも
おそらく共感出来てると思いますよ(笑)

yasuさん

どもどもです。

ホントに良かったですよねぇ。
ボクはパスしようなどと血迷わなくて良かったです。
このセッション観ていなかったらフラストレーションが
溜まって大変な事になっていたと思います。(笑

クラシックアレンジがひろみさんのブームなんですかね?
何か新しい選曲は期待していましたが
まさか「木星」が来るとは思いませんでしたよ。
タップとのセッションというミニマムな状況での
スケール感は圧倒的でしたね。(まだまだ進化しそうですが)
「Rhapsody in Blue」に続く大作に出会った喜びは格別でした。

セルジオ・メンデスはホントに守備範囲外なので
良かったとか悪かったとか言う資格も無い感じでして。
でもまぁそういう立場として共感できそうですね。

いつも記事読ませてもらってます。

4日のひろみさんのステージの木星ですが、フィーチャーされてた曲がいくつかありましたよね。
ラプソディーインブルーも少しありましたし、Giant Stepsもあったような気がします。
しかしその他はわかりませんでした。
お分かりになりましたか?

bkさん

こんにちは。
過疎ブログへのご来訪・コメントありがとうございます。
これまでも遊びにきていただいた事があるようで恐縮です。

演奏中に折り込まれていた曲なんですが
ひろみさんのアイディアには毎回圧巻ですよね。

なのですが・・・ボク、JAZZのスタンダードはもとより
他のジャンルの曲にも詳しくないというザンネンな人間なんで(笑
あんまり気にしない、というか気に出来ないんですよ。(←失格・w

bkさんの指摘されている以外の楽曲だとちょっと自信ないんですが
「おやっ?」と思って記憶に残っているのが
シンディ・ローパー/Time after Time が
入っていたような…いなかったような…

NHKの放送でノーカットで流れると予想しているのですが
その時 Time after Time 入って無くても怒らないでくださいね。(笑

妄想感想ブログですがまたお暇な時遊びにきていただければウレシイです。
今後ともよろしくお願いしますっ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/215-8de684d8

東京JAZZ 2011 9/4 上原ひろみ×熊谷和徳

東京JAZZ2011 9/4(日)昼の部 「MAKIN' HAPPY!」ピアノ上原ひろみ&タップ熊谷和徳、おなじみコンビのステージですね。春にブルーノートで聴いた時もそうだったのですが、このステージ ...