17
2011

いまさらですが

あけましておめでとうございます。
今年もユルユルの素人感想を更新していきますが
お暇な時にでも遊びに来ていただければ幸いです。

ちょっと旅行に出掛けていたのですが
帰ってきたら新譜情報が来ているではありませぬかっ!

Voice / 2011.03.16.
Outlook.jpg


トリオであるという噂は聞いておりましたが
気になるメンバーは

上原ひろみ
Anthony Jackson
Simon Phillips

うぉっこのメンバーはまたスゴイですね。

不勉強でサイモン・フィリップスは
初めて知ったのでググってみたのですが
かなり幅広いジャンルでプレイしているようですし
youtubeでいくつか見てみたらカッコイイじゃないですかっ!

そこにアンソニー・ジャクソン。
もう言わずもがなですね。

超絶トリオですねぇこりゃ。

収録曲のタイトルだけでは内容の想像つきませんが
バリバリグリグリキメキメ系の予感。
まぁどんな内容であってもこのメンバーなら
スゴイ作品になっているのは間違い無さそうです。

Voice

1. ヴォイス / Voice
2. フラッシュバック / Flashback
3. ナウ・オア・ネヴァー / Now or Never
4. テンプテーション / Temptation
5. ラビリンス / Labyrinth
6. デザイアー / Desire
7. ヘイズ / Haze
8. デルージョン / Delusion
9. ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」第楽章
 / Beethoven's Piano Sonata No/8,Pathetique

member
--
上原ひろみ
Anthony Jackson
Simon Phillips



発売が楽しみですねぇ。

関連記事


2 Comments

yasu  

ご旅行はいつもの南の方ですか?
だとしたら、ゆっくり休息が取れたことと
思います。うらやましい w

そして年明け早々、楽しみな情報が
舞い込んで来ましたね。
「3人とも重箱の隅を突く性格」だと
新作発表会の時にひろみさんが言っていた
らしいです。
完成度の高さはハンパ無いでしょうね(笑

2011/01/17 (Mon) 23:00 | EDIT | REPLY |   

uzazo  

yasuさん
どもです。
いつもの南の方に行って
いつものように何もせずに帰ってきました。(笑

しかしスゴイトリオになりましたねぇ。
スタンリーとのトリオは自由度満載の
セッションバンドでしたから次のプロジェクトが
重箱の隅を突く超絶3人組というのは楽しそうですね。

個人的にはそろそろトニーのベースも聴きたい
ところなのでトニーの新譜でないかなぁ。

2011/01/18 (Tue) 02:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment