TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA / Goldfingers 

Goldfingers.jpg

一昔前はスカパラよく聴いていたんですが
随分とご無沙汰していました。

音楽はどんなジャンル/アーティストでも
延々と聞き続けていると
「どの曲も同じに聞こえる」「なんか飽きた」
みたいな事ってあると思うんです。
もちろんそのアーティストの熱烈なファンは別ですが。

で、 SKA というジャンルが持っている特性というか
アゲアゲアップテンポが好きだと聴く曲も偏ってきて
好きなんだけど「飽き」がきてしまうみたいな。

そんな折りに別に激しく肩入れしたくなる
アーティストに出会ってしまったのでご無沙汰に。


本作はプレーヤーとのコラボレーション。

ボーカリストとのコラボ作品はスカパラサウンドに
新しい息吹が入るという意味でいいアプローチだなぁと
思っいましたので今回の企画もとても期待していました。

仲でも気になっていた
菊地成孔さんとYasutaka Nakataさん

菊池さんの方はソリッドで良かったです。期待通り。

Yasutaka Nakata。
割とNakataサウンド好きなんですよ。
perfumeは正直どうでもいいんですが
ペラペラシャリシャリの音(←褒めてます)が好きなんです。
それがホーンセクションとどう融合するのか・・・



まったく融合してねぇ(笑



スカパラとペラシャリ。はっきり言って合わないですね。
ちょっw って感じでした。(笑  1+1=1 みたいな。
(スミマセン。あくまでも個人的な感想です。)



さてボクの大本命

水琴窟 -SUIKINKUTSU- feat.上原ひろみ

ホーンセクションとのセッションは楽しみでした。

もちろんヘビロテ中でございます。

メローなイントロから始まり歯切れの良い楽曲。
ファンのひいき目ではありますが一番良かったなぁ。

ソロパート以外の部分でもアイディアが織り込まれていて
新たなグルーブが産まれている気がしました。
専門的な事はわかりませんが拍の取り方とか和音の付け方とか。

初聴きの時はテーマをピアノでなぞっている部分に
「もっと、もっと激しいのをっ」とソワソワしちゃいましたが
ソロパートはもうね。(笑 やりたい放題ですね。
ひろみさんが弾いている姿が脳裏浮かんで
ニヤニヤが止まらないみたいな感じでした。

今ならCDショップで視聴できると思いますので
何かのついでがあったら是非に。





上原ひろみ CD Review Index

関連記事





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/179-54125b74