Frank Zappa & the Mothers of Invention / One Size Fits All 

One_Size_Fits_All.jpg

一昨日のエントリーにも書きましたが
上原ひろみさんの国際フォーラムでの公演両日とも
客入れの際に流れていたCD 「One Size Fits All」

Zappaファンに「一番オススメのCDって何?」と聞いたら
きっとみんな「ウ~ンッ」と頭を抱えてしまうと思います。w
そしてその次にかなりの確率で
「普段はどんな音楽聴いてる?」と
逆に質問してくると思います。

ホントに優劣のつけがたい名作が多いし
テイストが幅広いのでコレッ!という一枚が選びにくい。
Zappa先生に対する深い愛情から初ザッパの人へのオススメは
出来るだけ その人が入りやすい テイストを紹介したい。
そんな気持ちがグルグルと渦巻く訳です。
(書いてて気がつきましたが「上原ひろみさんのオススメCDは?」と
 聞かれた時にもにも全く同じ事が言えますねw)


真逆の方向としては「Uncle Meat」。
素晴らしい作品なんですが非常にマニアック。
「コレが好きならZappaは何を聴いても大丈夫だぜっ!」みたいな。
もうこれは踏み絵ですね。w 

「普段はどんな音楽聴いてる?」の質問を禁止されて
とにかく一枚選ぶという状況ならこの
「One Size Fits All」を選ぶ人が多いんじゃないかな?と思います。

アルバム全体を通してR&Rのドライブ感にあふれていて
比較的コンパクトな曲が多いので初めてでも聴きやすい。
それなのにZappaの魅力である奇想天外な裏切り展開も
ふんだんに取り入れてある素晴らしいアルバムです。

今も聴きながら書いているのですが
ホントに沢山の人に聴いて頂きたい
素晴らしいアルバムです。


以下、以前のエントリーから自分の文章コピペw
  -----
  Smoke on the Water はもちろん Deep Purple の名曲です。
  スキではない曲を取り入れるハズはないですから
  ひろみさんはDeep Purpleもスキなんだと思います。

  でも Smoke on the Water の歌詞って
  カジノでの Frank Zappaのライブでの出来事じゃないですか。
  Zappaがスキなひろみさんですから着想の順としては
  Viva! Vegas → カジノ → Zappa → Smoke on the Water
  だったのでは?と思った訳です。
  -----
と、Show City, Show Girl に登場する Smoke on the Water の
フレーズにこんな勝手な妄想を繰り広げていたのですが
先日の客入れでの「One Size Fits All」に「やっぱりっ!」と
さらに妄想を深める結果になっております。ww

これからツアーに参加する方、
是非、客入れの音楽にも耳を傾けてください。
(常に「One Size Fits All」が使われているのか定かではありませんが)


さらに余談。
ボクが上原ひろみさんのライブの客入れで
Frank Zappaを聴いたのはこれが2回目です。

一回目はTime Control発売時に行われた
原宿クエストホールでのイベントです。
その時は WAKA/JAWAKA が流れていました。

以上、もうすぐ命日を迎える
Frank Zappaの普及活動でした。w
Zappa先生はもっと多くの人に評価されていいはずなんですっ!




CD Review Index

関連記事





コメント

ウワサのザッパ先生は
このアルバムでしたか。
ザッパ先生はWAKA/JAWAKAばっかり
聴いていたので
そろそろ新ネタ仕入れてみます w

ボクも久しく新しいネタ仕入れていないので
命日も近いしちょっと買い行こうかなぁと思っています。

会場で流れていたことで
Zappaファンが増えるとウレシイんですがね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/157-be3ff6d9