マイケル・ジャクソン THIS IS IT 

20091030_01.jpg
20091030_02.jpg

映画の感想なんですが音楽関連なのでココにも書いておこうかなと。

周知の事ですが念のために先に書いておきます。
この映画はリハーサルを収録したドキュメンタリーです。
ライブムービーではありません。

ライブを堪能したい方はDVDで発売されている
“Dangerous Tour”のライブ映像
「ライヴ・イン・ブカレスト」を激しくオススメします。

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]
(2005/12/07)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


さて映画の感想。

なぜ上記のような断りを最初に入れたかというとこの映画は
リハーサルをまとめたといってもゲネプロ(最終リハ)ではなく
主にサウンド・ダンスチェックなどを兼ねた段階のリハ映像と
ステージに使用する映像の撮影現場から構成されています。
歌もダンスもキメの部分と流す部分を使い分けているので
その事を理解したうえで是非観て欲しいです。

そしてその内容は
今まで観ることの出来なかった
マイケル・ジャクソンの姿が見える
実に素晴らしいドキュメンタリー映画にまとまっています。

何よりも驚いたのはリハから見える幻の公演の完成度の高さ。
ダンス・映像演出はもちろんのこと曲のアレンジにも
新しいアイディアが加えられていて
明らかに進化したステージになっています。
このライブが実現しなかったのがザンネンでなりません。

そしてこのリハ映像から垣間見えるマイケル。
演奏・ダンス・演出に対してのこだわり。
的確でわかりやすく自分のビジョンを伝え全てを自ら
作り上げていくアーティストとしての姿勢がすばらしい。
(もっと天才特有の感覚的な指示をするのかと思っていましたw)

所々歓声が入っているので最初は「?」と思ったのですが
後半その声はステージ下にいる出番待ちの
ダンサー達の声だとわかる。

自分が出演するステージのリハなのに
憧れのマイケルのパフォーマンスに子供の様に
大興奮するダンサー達の姿がとてもカワイイ。
それに盛り上げられ徐々に本気を出して歌い踊ってしまい
はにかみながら笑うマイケル自身もカワイイ。
そのシーンに続くマイケルの真剣な言葉。

「本気を出して歌わせないでくれよ。今はウォームアップ。
 本気で歌ってはいけない時期なんだよ。」

パフォーマーとしてのプロ意識の高さが垣間見える印象的なシーン。

そしてそのウォームアップでのボーカル。
フッと歌い出すシーンの透き通った声に
なんて美しい歌声なんだろう。と。

死の直前まで行われていたリハーサル。
そこにはプロとしての意識があふれる
アーティストの姿が記録されています。

そして
バンド・ダンサー・スタッフの愛に包まれながら
最高のステージの為にリハーサルを続ける姿を見て
なんだか少しホッとして涙が出てしまいました。
関連記事





コメント

映画は先週、DVDは今週観ました。

僕自身は熱烈なファンというわけではありませんが、
弟がマイケルファンなので、ビデオは観てましたし
曲も知ってます、という程度のファン度合い。

そのためか、
大拍手で涙を流す人もたくさんいた中で、
僕の温度は低めだったでしょうか。
映画には十分に感動したんですけど。。。

ブカレストのライブDVDでは、
客席から湯気が立ち上り、失神者続出なのに
かーなり驚きました!
楽曲、歌、ダンス、演出、全てが神懸かっていて
マイケルの偉業を改めて実感できますね。

>大拍手で涙を流す人
ボクの見た劇場では見かけなかったですが他の方のブログとか
読んだ感じだとスゴイ状況の劇場もあるみたいですね。
ドキュメンタリーとして良くできていたと思いますが
内容としては号泣する物ではありませんよね。

ただやはりマイケルが死んでしまったという事実も付加されていますから
号泣された方はMJの生前から個人的な思い入れが強い方か、
逆にゴシップ記事をなんとな~く信じていた人が彼の死後に誤解が解けた。
みたいな人が多いのではないかな?と思います。

ブカレストはパフォーマンスも会場の雰囲気もホントに凄いライブDVDですよね。
最後マイケル飛んでっちゃうし。w
オフィシャルで発売されているDVDがこの1枚というのがファンとしては残念です。
各ワールドツアーの映像は開催国で放送された物など残っているので
(youtubeで見られますが)是非なんらかの形で発売してほしいなぁと。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/151-9c9e4830