神舘 和典 / 上原ひろみ サマーレインの彼方 

20091009_01.jpg

神舘 和典さんの「上原ひろみ サマーレインの彼方」が
本日文庫版になって発売されました。

単行本の感想文はコチラに提出済みです。

最近では入手困難になっていたので
「あぁもう一冊買っておけばよかったかな」などと思っていました。
最近ファンになった人は絶対買って読んだ方がいいです。
上原ひろみさんの事がさらに好きになるハズです。

さて今回の文庫版に関してですが
本出版時(Spiral)以降の加筆と
本文中にもいくつか修正も入っているそうです。
どの部分か忘れましたが、たしかに以前読んでいたとき
「ここ間違えてね?」と思った記憶がありましたから
その辺が修正されているのかな?

で、
加筆部分40ページという結構なボリュームの上に
掲載写真が新しいものにかなり差し変わっています。
これは持っている人も買っていいんじゃないですかね。
(別に関係者ではありませんので。w)

早速加筆部分から読むという邪道なボクをお許しください。w

って
加筆部分も読んだ事があったりなかったり。w
まぁ神舘さんはいくつかライナーを担当されていますし
神舘さんの書く文章は好きなので掲載誌を見つけた時には
読んでるので当たり前といえば当たり前なのです。

・・・と思う自分の
上原ひろみヲタク度を再認識させられました。w

もちろん書き下ろし部分もありますし別所で掲載された
文章でも一冊にアーカイブ化される事は非常にありがたい。

そしてサイズも高評価ですね。
写真だと「ちょっと小さいだけじゃん」な感じですが
持ち運びにはこの「ちょっと」が以外と大きい。w

とにかく読んだことのない人には激しくオススメします。
読んだことのある人にもオススメですので
一度本屋で手にとってみてくださいまし。

神舘さんには是非何年後か続編を出版していただきたいです。
というか命果てるまで書き続けて「上原ひろみ大全」是非に。w


関連記事





コメント

>早速加筆部分から読むという邪道なボクをお許しください。w

僕も全く同じ行動を取ってしまいました(笑)

90歳になっても、日本のジャズクラブで
毎週ライブやりたいと書いてありましたね。
こりゃ、100歳まで長生きせねば!です。

やはり気になっちゃいますもんね。w>加筆部分

上原さんが90の頃にはボクらは年金暮らしでしょうから
ジャズクラブに通うお金貯めておかないと。w

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/149-8c4d7598