THE STANLEY CLARKE TRIO / JAZZ IN THE GARDEN 

jazz_in_the_garden0414.jpg

ついに発売日がやってきましたね。
ひょんな事で情報キャッチ後にこのブログで最初に紹介したのは
去年の年末でしたから非常に長かったです。w

なにぶん音楽の知識が無いもので情報ゲット後勢いあまって、
「上原ひろみさんがアコースティックバンドに参加するって」とか
書いた後にStanley ClarkeとLenny Whiteの組み合わせで作品を探した所
「VERTU’」という思いっきりフュージョン寄りの作品を見つけまして
「あれ?Stanley Clarke/Lenny Whiteに 上原ひろみならこっち系か?」
とも思えてきて焦ったりしましたがアコースティックバンドしてたね。
実際 VERTU’的なアプローチもイメージ出来ますし。w
(ちなみにVERTU’も素晴らしいので是非に)
--
VERTU’ スタンリー・クラーク&レニー・ホワイト
--

感想文を提出いたします。
--
今作は全編アコースティック。
最もシンプルなトリオ編成でのストレート・アヘッド・ジャズ。
その事自体は別段めずらしい事ではないけれど
このメンバーでの作品という意味では斬新な試みだと思います。

上原ひろみさんの新曲や さくらさくら、レッチリなど
上原さんの意向を汲んだであろう選曲を見ただけで
2人の巨匠が若い上原さんとガップリ四つに組んだ印象がありました。

やはり本物の大御所は懐が深い。

で、聴いてみた感想ですが
STANLEY CLARKEの特徴でもある堅く太い音はもちろん
パーカッシブな音や弓によるアプローチなど魅力を存分に楽しめます。

上原ひろみさんも巨匠2人がきっちりと
スペースを作っているからだと思うのですが
いつも通り自由に楽しんで弾いている印象。
とても素晴らしいアルバムだと思います。

何かの形で日本でこのトリオのライブが実現する事を切望します。

--
さてココからは上原ひろみヲタとしての感想ですw

何回も書きますが音楽の好みって人それぞれだと思いますから
上原ひろみさんが嫌いだという人もいると思います。

その理由も人それぞれだと思います。
ボクなんかはそもそも音楽理論なんて全くわかりませんから
かっちょよければ何でもいい訳ですがw
「ストレート・アヘッド・ジャズをやっていない」という事が
理由だった人もいるんじゃないかなぁと思うのです。
(実際、著名なJAZZ評論家の方で門前払い的レビューをするかたもいますし…)

もちろんこの「JAZZ IN THE GARDEN」を聴いて
好きになるかはまた別だと思うのですがファンとしては
上記の理由で嫌いだった方には是非一度聴いてみて欲しいと思います。


以前、何かのインタビューで
--
「ボクはあの頃のHIROMIが好きだ」と言われるぐらい
いろんな事に挑戦したい
--
というような趣旨の事を話していましたが
新しい作品を聞くたびに新たな側面が見えてくる。

上原ひろみさんの新作。
秋に発売予定と聞いていましたが
10月に予定されているのだそうです。

しかも全編ソロ・ピアノなんだそうですっ!
なんとっ!

ひろみさんは想像していた以上の速度で
駆け抜けていきますね。w 素敵っす。




ジャズ・イン・ザ・ガーデンジャズ・イン・ザ・ガーデン
(2009/04/15)
スタンリー・クラーク上原ひろみ

商品詳細を見る


上原ひろみ CD Review Index
関連記事





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/122-6097819f