Time Control in Blue Note Tokyo 11/28 

071128BlueNote.jpg


Blue Noteでは公演事にスペシャルカクテルが用意される。
本日のスペシャルカクテルは上原ひろみさんが命名した「祝い酒」。
ほんのりとピンク色が差したカワイイカクテル。
しかしBlue Noteに置くにはなんとも和風なネーミングである。

MC時に「祝い酒」のネーミングの由来があかされた。
今回の Blue Note TOKYO の公演で世界各地にある
Blue Note でのリーダー公演を制覇したそうだ。
図らずもそういった記念すべきライブを
一緒にお祝い出来たことは非常に嬉しかった。

ホントにおめでとうございます。


感想文を提出いたします。
--
前回は思いあまって高知に突撃してしまいましたがw
その時の感想は
「ライブを重ねて帰ってきた4人の関わり方が変わった。」
というものでした。CD発売時のライブイベントでも、
怖ろしい程の熱いライブでしたがその時から半年経った
SONICBLOOMは一人一人の自由度が増しどんだけ自由なんだと。
ただ自由度が増した分「おっと」と思う瞬間が合ったのも事実。
しかしアレほど自由で楽しい演奏の代償なら「おっと」ぐらい安いものです。

そしてその時の感想を今読み返して冷や汗ものなのですが
「その辺も修正されてくると思うので~」とか書いてやがるオレ。
「何様のつもりだっ」と。自分を一喝しておきます。w

で、今回の公演ではさらに進化した姿を見ることができた。
その進化とは元の型に納めるような修正ではなくて
「4人が一緒に演奏していくことで築き上げた形」
ひろみさんがよく使う表現を借りれば「化学変化」という感じ。

インプロヴィゼーション満載のステージは
トリオ時代から変わらないもののその形は大きく変化した。

伝わるかどうかわからないけれど
トリオの時は「針の穴」ほどの小さい光源に向かって
3人がツルのように絡み合いながら構築していくスタイルに対して
HIROMI'S SONICBLOOMは4人が一体となった「巨大な矢印」といった感じ。
(えっ?全然伝わらないって?ww)

曲によってイロイロな表情を見せるのはもちろんだけれど
ライブ全体を通した印象はそんな風に変わったように思う。
非常に強く思ったのは「DOUBLE PERSONALITY」。
各自が持ち回るソロパートでは原曲を忘れさせる程自由でありながら
一つの固まりとして同じ方向に突っ走っていく。

なんだかひろみさんの曲をベースに
個性あるミュージシャン達が独自の解釈で演奏すると
こんな感じになるのかなぁ。などとも思える程の自由ぶり。
そんな事を思いながら観ていた事もあって衝撃だったのは
アンコール。

非常にソリッドなカッコイイまったく聞いたことのない
フレーズをひろみさんが弾き始める「新曲かな?」などと
思っていたら「XYZ」じゃないですかっ!

もう気を失うんじゃ無いかと思うぐらい格好良かった。
上原ひろみの「XYZ」をこう解釈して演奏するバンドがあったら
即ファンになりますっ。ライブに何回も行きます。
で、そのバンドが SONICBLOOM という。w

他にもトニーの歌心あるベースソロに
(音もグルーブも)ファンキーなソロが増えた事や
ひろみさんとフューズのテニスのラリーの様なバトル、
JET LAGの最後では完全なパンクバンドに変容するなど。
4人で築いて進化させてきたバンドの形が
より明確に見えるようになったライブだったと思います。

そして2ndセットの「SOFTLY AS A MORNING SUNRISE」。
CDでは最後に「Time's Up」として収録されています。
イントロ部分からものスゴク壮大なメインテーマに突入した瞬間
「Time's Upっ!」の叫び声で曲が打ち切られメンバーの笑い声と
マーティンが指1本で弾く適当ピアノで終わるという
ひろみさん本人曰くネタ。

これはネタというには惜しいぐらいの導入部なので
(だから打ち切られるのが面白い訳ですが・・・)
CDを聞くたびにこの続きを作ってライブでやったら
面白いだろうなぁと思っていたらホントに実現しました。

この間映画の感想に
「音楽とは人格。激しくぶつかりあいそして共鳴する。」
(今読むとこれ名言すぎだな。パンフかなんかから引用したのかな?w)
と書きましたがSONICBLOOMは

4人だから出来る事・4人にしか出来ないことをする
素晴らしいバンドだと思いました。

2007.11.28
Time Control in Blue Note Tokyo

--1st set--
1. TIME DIFFERENCE
2. DOUBLE PERSONALITY
3. TIME FLIES
4. REAL CLOCK VS BODY CLOCK = JET LAG
5. PLACE TO BE (SOLO)
6. RETURN OF KUNG- FU WORLD CHAMPION
EC. XYZ

--2nd set--
1. TIME TRAVEL
2. DEEP INTO THE NIGHT
3. TIME & SPACE
4. SOFTLY AS A MORNING SUNRISE
5. TIME CONTROL OR CONTROLLED BY TIME
EC1. The Tom And Jerry Show(SOLO)
EC2. TIME OUT

上原ひろみ Live Report Index
関連記事





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/11-c6dfe7c1