上原ひろみAsiaTour@東京国際フォーラム 12/11 

2006ATpamphlet.jpg

なんなんでしょうアレは?

つい先ほどあそこで起こっていた状況は
なんという言葉で表現されるのだろう?

「スゴイ」とかでは表現しきれないあの感覚。

なにか新しい言葉を編み出す必要がありそうな気がする。

そしてその何という言葉で表現してよいかわからない状況が
まさにspiralとなって全体を包んでいく・・・
感動したよ。生きてて良かったよホントに。
あの空間を共有した全ての人に感謝。

と、客観性を失ったこんな感想を書くと「オーバーだなぁ」と
思われそうですが決してオーバーでは無い・・・・・・よね?

感想文を提出いたします。
--

--1st set--
1曲目。Spiral。
ボクが参加してきたライブではMCをまたいで
必ず2曲目で演奏されていたこの曲。

個人的には上原ひろみちゃんの曲はどんな曲にでも
ドラマ性を感じるのだけれど特にこの曲は
ドラマティックで壮大なスケール感がある。

1曲目ということでMCを挟まず幕開けから
息をするのもためらわれる様な緊張感の中
インプロヴィゼーション全開で紡ぎ上げていく序章部分に
逆光の照明演出はまるで芝居を見ているかのようだった。


2曲目。Summer Rain
1st Album の 代表曲の1つ。 Spiral のシリアスな
雰囲気が一変しキラキラと太陽の光を反射する
雨粒がオレには見えるぞっ。と。w

この2曲終了後の割れんばかりの拍手は凄かった。
このまま終わるのでは・・・と思ってしまう程。w

もしかしてしょっぱなにこの選曲ってことは今回のツアーは
BRAIN tour と Spiral tour のMIXという感じなのかしら?

「長いあいだトリオで世界を回ってきた集大成。」

そんな風に思ったらなんだか3人でかみしめながら
演奏しているように見えてくる。(妄想かな)
この時点で早くもグッときてしまった。

と、いうのも来年に発売される新作はGuitarを加えた
カルテットになるそうなのでコレまで見てきた
トリオでの演奏は今回のツアーが聴き納め。

もちろんボクは東京で行われた数回しか見ていないのですが
ドキュメンタリーの本を繰り返し読んだり
DVDとか激しく見過ぎなので。w なんかね。グッと。

そして毎度の恒例のちょっと鼻にかかった声で
「みなさんこんにちは。上原ひろみですっ。」ペコリペコリ。
開演時にはすっかり夜も更けておりますよ。w
パワフルな演奏との激しいギャップに萌えてみる。

以降
3.IF...
4.Desert on the moon
5.010101(Binary System)

2nd setは4曲ぶっ通しになるハズなので
この時点で Spiral tour で演奏されていた
代表的な曲のいくつかは演奏されなくなる。

しかしこの進化した形で披露された曲達には大満足。
BRAIN tour は映像でしかみていませんが
特に「010101」は進化するにも程があるっ。
(もちろんいい意味ですよ。w)
かっちょよすぎ。

XYZ・Love & Laughter など大好きな曲は
もちろん聴きたいが欲を言い出せばキリがなく
結局アルバム3枚全部やってくれ。という気持ちになる。w


--2nd set--
こちらもインプロヴィゼーション全開でスタート。
Music for Three-Piece-Orchestra と題される
・Open Door-Tuning-Prologue.
・Deja Vu
・Reverse
・Edge
の4曲。間髪入れずにぶっ通しの演奏。
どんどん加速していく。
聴き納めといえばトリオでなくなるということで
この4曲は選曲される事自体が今回のツアーが最後になるハズ。
一音も聞き逃すまい。と。

10.Green tea farm
毎度しつこく書いてますが
ピアノソロのこの曲。泣けます。

11.Kung-Fu World Champion
Spiral tour ではNord Leadの活躍する場面が
少なかったのでNord君全開の「Return~」を必で
聞きたかったけど今回は個人的にこの選曲がうれしかった。

ec.JOY
楽しい宴の終演にふさわしい楽しい演奏。
ものすごく盛り上がった。
スタンディング‐オベーション。


以下、Spiral ライナー・ノートより引用
--

 何か逃れられないような、
 巻き込まれてしまうような渦が、
 音楽から産まれた時に、
 ステージと客席は一体になる。

--
今日はその瞬間が起きた日だと思う。


・・・しかしあんなに盛り上がっていたのに
みんな(観客のみなさん)の引き際がやけに早い。w

と、思いつつ時計を見れば軽く2時間越え。
ふと我に返れば僕自身もかなり疲れてるし
口半開きで見ていたようで喉もカラカラ。

もう大満足です。

それから超絶プレーといえば
マーティンのドラムソロ中の口演奏。
あまりにも意外な超絶プレーに噴飯しました。w

2006.12.11
上原ひろみAsiaTour@東京国際フォーラム

--1st set--
1.Spiral
2.Summer Rain
3.IF...
4.Desert on the moon
5.010101(Binary System)

--2nd set--
Music For Three-Piece-Orchestra (6~9)
6.Open Door - Tuning - Prologue
7.Deja Vu
8.Reverse
9.Edge
10.Green tea farm
11.Kung-Fu World Champion

EC.JOY

上原ひろみ Live Report Index
関連記事





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/10-aebc428c