上原ひろみ Solo @ Blue Note Tokyo 4/20  

20150424_02.jpg
Source of photo : BLUE NOTE TOKYO


上原ひろみさんのブルーノート公演最終日。
もちろん会場は満員御礼。


感想文を提出いたします。
--
どんな会場でも座る席によって
アーティストの見え方も
音の聞こえ方も大きく変わる。

特にBNTのような小さな空間、
しかもピアノの生音の場合その変化はさらに如実。

全ての要素を叶えてくれる席というのは10にも満たないハズ。

しかしピアニストの手元や表情が見えにくい席に座ったとしても
響版の向きから放射線状の延長戦上にいたのなら何も嘆くことはない。
その名のごとく振動する弦の音を反響させ
迫力のある音を体感する事ができる。

逆に響版による恩恵を受けにくい席に座ったとしても
その席ならではの楽しみ方があるハズ。

という事で聴く場所が良いか悪いかというのは
気の持ちようによって全然変わってくるものなんですよね。


今回は金曜・月曜の4セットの公演を観たのだけれど
4セットともに同じ席で見る事ができた。

見えるピアニストの姿は斜め後ろやや背中寄り。

この席は響板の向く方向には入っていない。

そこでワタクシはヨメ氏にこう説明をした。


uza「ここはアーティストが聴いている音と
     限りなく同じ音を体感できる席なのだよ」


ヨメ氏「ふ〜ん。で、誰の受け売り?


流石である。


はい。開場まで一緒に並んでいた Tさん の受け売りです。


今回はある程度選択肢をもって席を選べたのですが
並んでいる時にドコに座るのか。という話になった時のTさんの発言。
この説明はとてもフレッシュで大変気に入りました。
あまりにも気に入ったので「ブログに書くぜ!」と断りを入れておきました。

ピアニストの背中を見る事になる今回座った席。

アーティストとの身体的な距離の近さという
ミーハー心ももちろんあったのですが
ピアノの音色の弾き分けの違いがわかりやすいと感じていたんです。

ただよく理由が分からなかったんです。
響板が向いていない事で反響音が少ない事と
手元は良く見えますから運指のタッチの違いが視角情報として
認識される事があるのかなぁ。とかボンヤリと思っていました。

そんな風にボンヤリと思っていた所に

「アーティストが聴いている音と限りなく同じ音」

これはボクにとってスゴクフレッシュな発想でした。
前述のような細々とした説明を重ねるより
ストレートにその魅力が伝わりよりリッチな気分になります。

こういう説明はいいですよね。


そういうリッチな席で聴いた今回のライブ。

ソロでの公演ではおなじみになっている曲から
前回のソロ公演で度肝を抜かれた選曲の
「SPIRAL」や「Rhapsody In Blue」
初お披露目(かな?)の「Over The Rainbow」。

おなじみの曲であってももちろん違う景色を見せる楽曲。
「BRAIN TRAINING」途中の内部奏法で
「St Thomas」をガッツリ弾いていたり
細かい事を上げればきりがありません。

ピアノ一つでオーケストラと真っ向勝負の
「Rhapsody In Blue」も前回披露された時の迫力を保ちつつ
遊びのある展開も取り入れられてさらにスケールアップしていました。

これは聴いていない人には「スゴイ」といっても
そのすごさ伝わらないと思いますが
ピアノ一つの「Rhapsody In Blue」で
想像できる範疇を遙かに超えたスケールの演奏。
文章でいくら書いても伝えきれない凄さです。

逆に聴いた人ならしつこくスゴイと書いてしまう
そして「書いても伝わらないだろうな」と思う
ボクの気持ちを理解してくれるハズ。



そしてこの日、個人的にもの凄い体験をしたのは
2nd setの「Ue Wo Muite Aruko」。

演奏の素晴らしさはもちろんなのですが
聴き手であるボクの集中力やお酒の回り具合など
様々な要素があり得ない形でかみ合ったようで
完全に陶酔しきって聴いていました。

激しいインプロビゼーションが入ったとしても
「上を向いて歩こう」ですから普段だったら
何の曲を聴いているのかわからないなんて事はありません。

ただこの日の演奏は上原さんのアイディアで
楽曲が際限なく広がっていく印象だった所に
前述の通り聴き手のボク自身の状態もあり得ない感じだったようで
なんの曲を聴いているとかいうレベルではなく
自分がドコにいて何をしているのかも意識にないレベル。

曲が終わって拍手をしていた(と思う…)時点でも
フワ〜ッとしちゃっていて上原さんがMCをするために
持ったマイクを見て「あっマイクだ」「そうだライブだった」
「しかもまだ始まったばかりだった」と、我に帰る感じ。


さらに追い打ちを掛けたのがその直後の「SPIRAL」。

CDと全く同じ導入部。

もちろんCDと同じ演奏をありがたがっている訳ではないんです。

実際前回のソロライブでも金曜日の演奏でも
導入部から別のアプローチで演奏されていましたし
それも素晴らしかったです。

ただアルバム「SPIRAL」の感想にも書いた記憶がありますが
アルバム「SPIRAL」に収録されている「SPIRAL」の
第一音とそれに連なる数音に上原ひろみさんの凄さが
集約されていると思っています。

この日の導入ではあの「SPIRAL」を初めて聴いたときの
感覚がメキメキと音を立てて自分の中に立ち上る感じでした。

誰にも共感してもらえないかもしれませんが
この日の「Ue Wo Muite Aruko」「SPIRAL」は
とにかくあり得ない程の多幸感に包まれて最高でした。

過去にもこういう感覚を味わった事があると思うのですが
数年ぶりレベルの「我を忘れて音楽を聴いている瞬間」。
「こういう瞬間があるからライブは最高」と書く事がありますが
ソレを超えたこの感覚はそう体験できる事は無い。

何年後でもいいのでもう一度この感覚を味わってみたいものです。

既に次のライブが待ち遠しくなっています。


2015.04.20.
HIROMI UEHARA Solo Piano
@Blue Note TOKYO

[1st]Open5:30pm Start7:00pm
[2nd]Open8:45pm Start9:30pm

1st
1. I've Got Rhythm
2. If...
3. BRAIN TRAINING
4. Desert On The Moon
5. Over The Rainbow
6. Viva! Vegas
     Show City, Show Girl
     Daytime In Las Vegas
     The Gambler
EC. Summer Rain
 
2nd
1. BQE
2. Ue Wo Muite Aruko
3. SPIRAL
4. Old Castle, by the river,
    in the middle of the forest
5. Somewhere
6. Rhapsody In Blue
EC. Seeker



上原ひろみ Live Report Index





上原ひろみ Solo @ Blue Note Tokyo 4/17  

20150424_01.jpg
Source of photo : BLUE NOTE TOKYO


上原ひろみさんのブルーノート公演初日。
緊急招集にも関わらず会場は満員御礼。


感想文を提出いたします。
--
いろいろなライブがあり楽しみ方や感じ方は人それぞれ。
この日のライブを他のオーディエンスの方が
どう感じたのか知るよしもない。

上原ひろみさんのライブはいつも素晴らしいので
優劣など付けられるハズなどないのだけれど
昨晩のライブはBNTの公演としては一風変わった印象で
他では得難いライブ空間が出現したと思う。

ボクは大満足・大興奮のライブになりました。

BNTの魅力と言えば会場のキャパシティから
アーティストとの身体的な距離が近い事。
最後列で聴いたとしてもホールAの10列目よりも遙かに近いだろう。

故にライブの雰囲気は一人一人の観客のしめる割合も大きい。
変なタイミングで手拍子したり、曲間にアーティストに
話かける人が出てくれば一瞬で台無しになる。(まれにある)
いいタイミングでかけ声をかける人がいれば盛り上がる。(よく有る)

ボクは割りとおとなしいお客さんです。
ステージ上で何が起こっているのか凝視したいタイプ。
勘違いだとしても演奏の途中に起こる出来事を発見したいんです。
ボクが最高潮に盛り上がった瞬間でも隣で観ている
ヨメ氏にも聞こえないぐらいで「イェッ」っていうぐらい。

でも、かけ声が(良いタイミングで)バンバン飛ぶライブも好きです。
そのかけ声にアーティストが反応するのも上記の「発見」になるので。


この日のライブは緊張感のある密度の高い空間。
一音も聞き逃すまいという雰囲気と熱に包まれていた。

かけ声が飛ばないと盛り上がっていない。と
感じる人もいるかもしれないけど
これほど集中力の高い観客に満たされた
高密度な空間はなかなか得難い。

演奏中にかけ声や歓声が上がると確かに盛り上がるのですが
ボク個人としては空間がガス抜きというか
安心してしまう側面もあると思うんです。

上原ひろみさんのライブに緊張と緩和なんて
解説的な表現は似つかわしくないけれど緊張が極に達した時と
緩和の瞬間にかけ声や歓声が飛びやすいですよね。

故に高速パッセージでグイグイと圧縮して一気に解放される
最もカタルシスが産まれる美しいメロディ部分が
拍手や歓声にかき消される事はママあります。
(念のためもう一度書きますが別にイヤな訳ではありません)

そしてBNTはそういう意味で盛り上がりやすい会場だと思います。

この日も、もちろん要所要所で歓声や拍手は起きていましたが
鍵盤の沈み込む音まで感じられるような緊張感が終始持続し
たまりに溜まった感情が曲の終わりに
ワッと沸騰して突き抜けんばかりの喝采。

これが全曲に繰り返されるという別種類の熱い空間になっていました。


2nd setのアンコール。手拍子が起きる。

アーティストが促した時以外の手拍子については
ボクはあまり好きではありませんが申し合わせてするのでなければ
観客個人個人の素直なリアクションですから文句はありません。
SEEKERは手拍子しやすい曲ですしね。

凝視派としてはアーティストがその手拍子をドコまで利用して
どう終わらせるのかという対峙の仕方も楽しみですので。

この日のSEEKERはホント良かったなぁ。
キレのある前半部は完全に観客の拍手をリズムとして演奏に取り入れ
曲が展開する部分でペダルを踏み込んで音がフワァ〜ンと広がり
観客の手拍手がスッと止む。

手拍子好きではない派ですがこんなにキレイに決まる
空気の読めるお客さんの手拍子なら文句無しです。


あと小ネタですが覚え書きとして
BQEで拍子木をハズした状態で弱音ペダルと踏み込んで出す
不協和音を別の曲で拍子木付けたままシミュレートしてるのは凄かったなぁ。


兎にも角にもボクは素晴らしいライブ体験になりました。


各曲の感想は月曜の公演を観た感想にしようと思いますが


1曲だけ。

Somewhere


今月の初め父の三回忌だったのですが母が激しく体調を崩した為に
時期をずらして墓参りに行く事になり今週の土日は予定が埋まっていました。
2年前。父が亡くなった時に無信仰の葬儀をしたかったのですが
何の知識無く準備もしていなかったので「いわゆる」普通の葬儀をしたのですが
些細な抵抗として音楽葬で行われる献曲的な意味合いで
上原ひろみさんの「Somewhere」を流しました。

墓参りに行く前日に観る事たこの日のライブで
「Somewhere」を聴く事になり不覚にも泣いてしまいました。

ボクは映画・アニメなどの物語と音楽がリンクする事は沢山あるのですが
個人的出来事と音楽がリンクして思い出される事ありません。
今後「Somewhere」がそういう曲になるのかもわかりませんが
もし個人的な出来事と音楽がリンクしてしまうのであれば
大好きなアーティストの曲でホントに良かったです。

セットリストは後でBNTに更新されたらパクってこようと思います。

2015.04.17.
HIROMI UEHARA Solo Piano
@Blue Note TOKYO

[1st]Open5:30pm Start7:00pm
[2nd]Open8:45pm Start9:30pm

1st
1. I've Got Rhythm
2. If...
3. BRAIN TRAINING
4. Desert On The Moon
5. Over The Rainbow
6. Viva! Vegas
     Show City, Show Girl
     Daytime In Las Vegas
     The Gambler
EC. Summer Rain
 
2nd
1. BQE
2. Ue Wo Muite Aruko
3. SPIRAL
4. Old Castle, by the river,
    in the middle of the forest
5. Somewhere
6. Rhapsody In Blue
EC. Seeker



--
このライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記[ uzazo's friend blog ] 

上原ひろみ Live Report Index





上原ひろみさんのブルーノート行くぜ! 

当初予定されていた公演の延期で出来た空き日に
急遽決定された 上原ひろみさん のソロ公演。

本日(火曜日)予約の一般受付で金曜から
公演スタートという急展開。

平日の受付開始だからなのか、余りにも急で
予定を合わせられない人が多かったからか
珍しく電話繋がりましたよ!
(って30分ぐらいリダイアルの嵐でしたが…)

かく言うワタクシもめずらしく土日は予定があって
金曜と月曜の予約をいたしました。

まぁ予定が無くても8公演観るほどの予算は無いんですがねっ!フハハッ

今年はフジロックに出演されるとの事ですが
スーパーインドア派のワタクシがあんな激しい戦場に行くハズもなく。
「次は冬かなぁ」などと思っていたのでうれしいサプライズ公演です。

あとは仕事の方の急展開などがないように祈るばかり…





四月は君の嘘 

thumb.jpg
kimiuso50.png


久々にアニメ感想。

録画で撮りためて見きれていないアニメが沢山あるのですが
毎週欠かさずO.A.を待ってリアルタイムで見て
さらに録画したのも見ていた「四月は君の嘘」。

こちらのブログに書くのは音楽がテーマのアニメであったからです。

原作は少年マンガ誌に掲載だそうですが
少女マンガっぽいキャラクター造形に
ポエミーなシーンや展開が多かったですし
一期のOP曲のキラキラした感じが
オジサンにはまぶしすぎました。

が、しかしボクはとにかく好きな作品になりました。

音楽モノはアニメよりも音の無いメディアである
マンガの方が有利であると思っています。
それは「奇跡の歌声or演奏」などの表現は
そもそも音の無いメディアであれば
読者の想像にゆだねることができるから。

しかしここ最近でボクが見た音楽テーマのアニメは
歌モノで無いという要素も大きいですが素晴らしいモノが多い。

劇中の演奏で流れる音楽のクオリティはもちろんの事
演奏シーンにドラマを持たせる演出、
全く違和感を感じさせる事の無い運指など作画も圧巻ですね。

本作「四月は君の嘘」も、もちろん演奏シーンの素晴らしさは言う事無しです。
前述の通りポエミーなシーンもあるので演奏シーンにも
演奏空間が別のモノに置き換わるなどの演出がなされていますが
こういった演出をキッチリ効果的にみせているのがは
過剰なまでに緻密で丁寧に描かれている運指などのリアルな演奏描写。

キャラクターデザインや物語のテイストから考えて
音楽がテーマであっても作画上では逃げた表現もあり得たハズ。
しかし本作では表現の難しいフレーズであろう演奏シーンに
指のアップを差し込んで来る事で空間が変わるなどの
大胆な演出があってもリアリティを失うことなく見せている。


物語は演奏する事ができなくなった天才少年ピアニストが
自分を取り戻すまでのボーイ・ミーツ・ガール。

オジサンが見るにはまぶしすぎるお話ではあるのですが
シリアスな展開でありながらもギャグ絵を織り交ぜながら
小気味よいテンポで進む物語にグイグイ引き込まれました。



そして、結果…



号泣です。


もうね。登場人物全員の幸せを願いたくなる作品。


今期アニメ。
録画してまだ一話目もみられていないモノもありますが
間違い無くボクの中では「四月は君の嘘」が一位です。


次の音楽モノは京アニさんの「響け♪ユーフォニアム」ですか。
予告映像ではホンワカっぽい作品になりそうですが楽しみにしております。

話はそれますが京都アニメーションといえば
30周年という事でwowowで京アニ特集をやっているのですが
日曜の深夜から月朝にかけてというコロスきマンマンの時間枠。
久々に「涼宮ハルヒの憂鬱」全話見ましたが最高ですね。

あと「氷菓」の #10:万人の視角/#11:愚者のエンドロール も
昔から大好きでしたが改めて見て最高でした。
この回だけの感想を書きたいぐらい大好きです。
機会があったら別のブログで感想書きます。