雑談。見た番組など。 

久々に上原ひろみさんの話題。

MOVE発売以降の出演番組ちゃんと見ています。
本日はNHKの「あさイチ」に出演されていましたね。
ひきこもりニートのボクは放送されたのを見ました。
(もちろん録画もしましたけどね。)

まっとうな生活をしている方は録画されたのを
ご帰宅後にみる事になると思いますし
きっとお忙しいでしょうから
上原ひろみさんの出演シーンまで
チャプターを飛ばすと思うんです。

でもこの番組を録画で視聴なさる方はスグに編集せずに
出来ればお時間のあるときにでも全部見て欲しいなぁ。と思います。


実はボク昔っからズーと思っている事がありまて
上原ひろみさんってお若い時の樹木希林さんに似ているなぁと。
共感してくれる方がいなくてもいいんですが
ボクは樹木希林さんが好きな事もあって
ズーとズーと前からそう思っていました。

で、本日の「あさイチ」のを見始めて知ったのですが
メインゲストは樹木希林さんなんですよ。
ボクが「似ているなぁ」と思った写真ではなかったのですが
トーク中に出てくる昔の樹木さんの写真にやっぱり似ているなぁ。と。

ボクは根っからのネガティブ野郎ですのでたまに(よく?w)
素晴らしい上原ひろみさんの演奏を体験した後に
「自分は上原ひろみさんの数十年後の演奏を聴くことができるだろうか?」
なんて事を考えて始めてサゲサゲになる事があるんですが(病気だろw
あらゆる意味でステキな形で歳を重ねた樹木希林さんの生き方に
「勝手に」上原ひろみさんの将来の姿を想像したりする事があります。(コワッ

まぁそういう事とは別に樹木希林さんのトークは
とても楽しく、そしてスルドイというか為になる
お話でしたので見る価値ありだと思います。

で、ボクこの番組の視聴は初めてで構成を知らなかったで
樹木希林さんが楽屋とかで上原ひろみさんの演奏聴いて欲しいな。とか
思っていたのですがメインのゲストは番組の最後までいるんですね。

なのでボクの繰り広げていた妄想シチュエーションが現実に(笑
樹木希林さんの隣に上原さんが座ってトークし
上原ひろみさんの生演奏を樹木さんが聴く。という。

しかもならんで座るお二人とも白い衣装を着ていて
なんというオレ得シチュ。個人的には神番組になりました。(笑

樹木希林さんの素晴らしさについてはまた別の機会に別の所で。


あと随分前の放送になりますが日テレで放送された
「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」という番組。

番宣映像などでピアノ前に座る上原さんの後ろで
加藤さんがなんか歌を歌っているみたいな映像がありました。
アレを見て「無茶ぶり的な悪ふざけになるんじゃ…」とか心配していました。
もちろんバラエティ番組としての形もあるんでいいんですけど
ファンとしては気が気じゃない、というか。
まぁねTV番組ではインタビューなんかでも
ボクのようなヲタファンが感じる事は
一般の人が感じる印象と全然違うでしょうからいいんですがね。

って、ちょっと話は脱線しましたが
前述の番宣映像から感じた心配は必要無かったですね。
「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」素晴らしい内容の番組でした。
というかここ最近の上原さんの出演された番組では
一番満足感が高くて楽しく見る事ができました。


まぁそんなこんなで
赤坂BLITZも無事取れましたので(ホントは2階席が良かったんですが…)
MOVEを引っさげてのライブが楽しみなのであります。





ICHIGO ICHIE / 毒苺 

DOKUICHOGO_ICHIGO_ICHIE.jpg

今日は一風変わったCDの感想です。

ICHIGO ICHIE というアーティストの「毒苺」。

タブンほとんどの人が知らないと思うんですが
なかなか素晴らしいアルバムでした。
ICHIGO ICHIE さんはルックスも好みです。

とりあえずPVをペタリ。



ぱっと見

深津絵里さんみたいですよね。

ボク深津絵里さんも好きです。



ってか深津絵里さんです。(笑


これはボクの大好きな劇作家で演出家で俳優、
野田秀樹氏が現在公演中の「エッグ」というお芝居の
オリジナルスコアCDなんです。

肝心の芝居の方は来週観劇に行きます。

今回はこのCDがあるためだと思うんですが
パンフとCDのセットBOXをamazonで販売。

ボク芝居とか手ぶらで観に行きます。
いつもパンフとかむき出しで持って帰る感じなので
「これは便利やん」と購入してみました。

野田秀樹氏による作詞に
椎名林檎さんが音楽を担当。
このこと自体がオモシロイ試みだと思います。

劇中歌という事もあってか様々な曲調の楽曲。
椎名林檎さんはシンガーソングライターの
枠に収まらない「音楽家」なんだなぁ。と。

芝居の中でどのように扱われるのかは
まだ観ていないのでわかりませんが
なかなか聞き応えのある内容。

それから何と言っても
ICHIGO ICHIE こと深津絵里さんの歌が素晴らしいです。

CDを聴く前にパンフレットの椎名さんと野田さんの対談部分のみ
先に読んだのですが椎名さんが深津さんの歌唱力をベタ褒めしてて
「まぁ公演用パンフの対談だからちょっと盛ってるのかな?」
とか失礼な事を思っていたのですがCD聴いて納得っす。

収録曲の「別れ」という曲。
「別れ 1940」「別れ 1964」「別れ 2012」と
3バージョン収録されているんですが
それぞれのJAZZ風・歌謡曲風・テクノポップ風と歌い分けがスゴイ。

特に「別れ 2012」の歌声は萌え死ぬかと思いましたよ。w

その他の楽曲も歌い分けがすごくて
「優れた女優さんは様々な役を演じ分けるからそういうモノなのかなぁ」
一瞬 思いましたがそんな事は無いですね。


ボクの好きな他の女優さん思い浮かべてみました。。。。。。絶対違うw


これは深津さん固有の才能なんでしょうね。

しかし上記のPV「The Heavy Metallic Girl」と
「別れ 2012」を同じ人が歌ってるんだもんなぁ。

女優さんで歌手としてCDを出している人も結構いますが
それらの人と比べても遜色無い…というか
深津さんの歌の方が遙かにいいと思います。


そんなこんなで芝居への期待が一気に膨らみました。
お芝居の感想はまた別の場所で。