Entry Navi - Archives

 2010年04月 

school food punishment / amp-reflection  

61RCnfDakGL.jpg

このブログ。
すっかり上原ひろみさんの追っかけブログになっていますが
一応ボクの音楽関連の感想を書き残していくブログなんです。
まぁ僕自身その事を忘れかけるほど偏った音楽の聴き方なわけですが。w


今日は珍しくJ-ROCK。


ボクの引きこもり度合いを加速させるamazon。
なんかポチポチ押してるんすよ。(笑

で、さっき「amazonさんかお届け物です。」と。

箱じゃないので「本買ったっけか?」
あけたらCDでした。しかも何枚か組になっている様子。。。

なんぞ?

アニメ「東のエデン」に楽曲を提供していたバンド
school food punishment のアルバムでした。

アニメ「東のエデン」はとても大好きな作品で
大好きゆえに愛ある辛口感想(笑)を書いているので
興味のある方はつたない感想ではありますが
別館にて読んでいただければと。

で、このバンドの提供している
TV版 東のエデン ED 「futuristic Imagination」と
東のエデン 劇場版 I ED「light prayer」を
ちょっとズルして聴いていたんですがあまりに好きすぎて
(特に light prayer)100回ぐらい聴いたので
買わないのも失礼という事で予約していたのでした。

(light prayerご紹介しておきます。)


内容は
アルバム本編 と 全曲ボーカルカットver.と 全曲紹介DVDの3枚組。
ってかデビューアルバムがこんな分厚いパッケージで
届くと思っていなかったのでかなり焦りました。(笑

light prayer を楽しんだお礼もかねて購入なので
他の曲が気に入らなくてもいいと思っていたのですが
全体的にかなり好みの感じの作品でした。いいバンドだなぁ。
またlight prayer と同じぐらい好みの楽曲もあったので大満足です。


しつこいですがボク楽器も演奏しませんし
もちろん楽譜も読めません。

ただボクが自己分析した好きになる音楽の傾向としては
--
・ストイックさを感じる
・楽譜にしたらが黒そう(音数が多い)
・変拍子などの仕掛けらしき物がある
・歌詞がわかりずらい・もしくは無い(意外と重要w)
--
などなどいくつかの要素があるんですが
(誰も興味ないでしょうがwいつか改めて書きます。)

このバンドはボクの好きになる要素のいくつかを叶えてくれています。
上に貼った light prayer を聴いていただければ判ると思うのですが
展開が面白かったりサンプリングで鳴らしている音の入れ方とか
鍵盤の鳴り方とかベースラインとか細かなところまでこだわりを感じます。
また 東のエデン 劇場版 II への提供曲「future nova」 に
東のエデン 劇場版 I への提供曲「light prayer」 のメロディを
仕込んだりする遊び心とか
アイディア満載で何度聴いてもホントに楽しい。



初回特典で付いている「全曲ボーカルカットver.」。
普通に考えるとカラオケ対応みたいな印象を受けますが
上記のような音作りをするこのバンドなら意味があるなぁと思いました。

まだ 1stアルバム ですが今後の活躍も期待したいと思います。

発売されたばかりで多分CDショップでに行けば
今なら試聴できると思いますので興味がある方は是非に。

--追記--
だいぶ聴きこんだので追記いたします。
昨日このCDを手にしてから起きている時間
通常ver.インストver.を繰り返しズット聴き続けております。

このバンドホント素晴らしいですね。確信に変わりました。

J-ROCKにエレクトロニカ的な要素を取り入れたサウンドといえば
SUPERCARを思い浮かべます。(ボクも大好き)
SUPERCARのストイックさは異常と言っていいぐらいで
音作りから歌詞の付け方に至るまで執念と表現したくなる程です。
もちろんボクはそこが大好きなわけですが。

(比較してどちらが良い悪いの話ではないので誤解なきよう。)

で、school food punishment。
SUPERCARに比べるとPOPでキャッチーな印象を受けます。
多分それは理解しやすい歌詞と明確なメロディラインから
来る物だと思うのですがアプローチの仕方が違うだけで
そのこだわりはやはり一流だと思います。
(アプローチの違いを語ると長いのでまたいずれ)

キャッチーであることは悪いことでは無いはずです。
しかしこのPOPでキャッチーな印象が
マニアック視点のリスナーには敬遠されたりして
彼らの緻密な音作りに対しての正当な評価が
されないのではないかと心配になります。

もちろんマニアック視点で聴いている人たちには
ジャンルが細分化した今、それぞれの人たちに訴えかける
素晴らしいアーティストが山ほどいるのは事実だと思います。
しかしホントに素直な気持ちで細部まで聴いて欲しい。

別に好きにならなくてもいいんです。
「J-ROCKに真剣な音作りするバンドが1つ増えたな」
ぐらいの感覚で。

逆にJ-POP、J-ROCKをライトに楽しみたい人に
この音楽が評価されないようでは邦楽はツマラナイ。
こういう良質な音楽を作るバンドが邦楽ランキングを
賑わすようになったら楽しい状況が生まれるんじゃないかなぁ。

まぁ「素人が偉そうに何言ってやがる」な感じですが(笑
とにかくこのバンドオススメ。