Keyboard magazine 2009年 10月号 AUTUMN 

Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2009年 10月号 AUTUMN (CD付き)[雑誌]Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2009年 10月号 AUTUMN (CD付き)[雑誌]
(2009/09/10)
キーボード・マガジン編集部

商品詳細を見る

新譜発売に合わせたインタビュー掲載誌は
沢山出ていますが全部買うとキリが無いので
よっぽど面白い内容でなければ中々購入にいたりません。

で、今回多分これは買うだろうなと思っていた1冊。
Keyboard magazine 早速購入してきました。

毎回譜例と共に上原ひろみさんご本人による全曲紹介が
掲載されているので楽しみにしていました。
--
インタビュー2P
ご本人による譜例付き全曲紹介7p
PLACE TO BE のスコア(楽譜)10p
--
と、期待通りの内容とボリュームでした。

これは毎回書いてますがボク楽譜読めませんし
当然楽器も演奏しません。

でも譜例付き解説では曲作りの過程や独特の奏法、
こだわりのある部分など文章で触れられていますので
かなり面白く読むことができました。

なんか宣伝みたいになっちゃってますがw
とにかく面白かったです。

--
ミュージシャンが取り上げられる事が滅多にない雑誌ですが
Cut とかでロングインタビューしてくれないかな?と
密かにそしてズーと思っています。w いつか叶うといいな。

あぁそれから1つネタバレ。
(ちょっと改行入れます)






インタビュー記事内で
STANLEY CLARKE TRIO での
ツアーがあるって書いてありましたっ。
これは聞き捨てなりませんっ!
日本でもライブありますかね?
ってかあって欲しいっ。





NO MUSIC, NO LIFE ? 

20090910.jpeg

という事で矢野顕子さんと上原さんのポスターが
タワレコで掲載されるとOfficial Siteで告知されましたが
タワレコの特設ページにてインタビュー動画を見ることができます。

って知らなかったのボクだけ?w
これからインタビュー見てみます。
これなんとか保存できないかなぁ?
わかる人いたら教えてくださいませ。





上原ひろみフリーライブ @ 表参道ヒルズ 

素晴らしいパフォーマンスとボリュームでした。
感想はまた後ほど。ゴハン食べます。w
--
って寝てしまいました。w 感想書きます。

20090909_02.jpg
上原さんのブログより転載。隠し撮りじゃありません。ってどっちもダメだろっアセ

18:00から30分の予定との事で
「実際の演奏時間は結構短いかな?」と思いつつも
どんなに短い時間でも全力で演奏してくれる方ですから
ワクワクしながら表参道へ行ってきました。

開始40分ぐらい前に到着すると思いの外
人が集まっていてビックリ。
とはいえ吹き抜け階段の周りは螺旋状の通路になっているので
まだ1列目で見ることができる状況でした。
最初は「少しでも近くで~」と思ったのですが全体像が見える正面に移動。
縦長の螺旋通路なのでちょっと遠くになっちゃうのですが
プレスのカメラの真下なのでよく見ることができました。

参加前のオレ勝手に予想セットリスト。w
BQE → Place to be → Choux a la creme

タイトルトラックの「Place to be」は当然として
バランスを取って元気な「Choux a la creme」。
「BQE」は願望で「なんとかもう一曲聴きたい」と。w

で、上原ひろみさん登場。
1曲目の高速フレーズイントロ。「BQE」でした。
「これは3曲きけるな。」心の中でガッツポーズ

「短い時間ですがトーク短めで少しでも多くの曲を~」

と「Place to be」。で次のイントロでウレシイ誤算。
3曲編成の「Viva! Vegas」じゃないですかっ!

フリーライブだからといってひろみさんが
手を抜く事なんてあり得ませんから
当然素晴らしい演奏は期待して参加しましたが
まさかこんなボリュームのライブを
見ることができるとは思いませんでした。

もう演奏については語ること無しです。
本当に素晴らしかったです。

その後司会の方とのトークを挟み
Choux a la creme にちなんだ
プレス撮影用のミニシュークリームで作った
巨大タルトの前でフォトセッション。

トーク中後ろでミニシュークリームが
並べられていたのですが
「Choux a la creme を演奏すれば良かった」
とか言うのかな?と思っていたら
ナント最後に演奏されました。

いやぁホントに大満足のイベントでした。

--
その後幸運にもサイン会参加権が当たったので
サインいただいてきました。

20090909.jpg

一人づつ丁寧に手渡しされたのですが
あの時、みなさん何を話してるんでしょう?

尊敬している人の前に立つと激しく緊張してしまうので
正直ホントに辞退しようかと思ってしまいました。どんだけ小心者なんだw

結局何も気の効いた言葉が見つからず
「いつも素晴らしい音楽ありがとうございます。」
と伝え握手をお願いし
「こちらこそありがとうございます。」と
握手してもらいました。
その時不意に口から出た言葉。

「あっMC 面白いです。大丈夫っす。」

オレは何を言っているんだ。バカス。

もちろん東京JAZZの MC で
「いつかガンバってと言われない様なMCが出来るように~」
と言った直後に子供が「だめぇ~」とダメ出しした事が
思い浮かんで出た言葉なんですが今日もMC(トーク)してたし
唐突にそんな事言われてもねぇ。。。何の事やら。。。

ひろみさんの隣に立っていたスタッフの方に
クククッと笑われてしまったのですが
あのクククッはコメントに対しての笑いなのか
舞い上がったボクの姿に対しての笑いなのか定かではありません。
でもひろみさんも笑っていたので結果OKという事にしましょう。w

--
とにかく大満足のイベントでした。
今までのイベントだとスペースの問題とかあるので
演奏が出来なかったり、出来ても抽選だったり。。。

今回のイベントは演奏自体はみんな聴く事ができますからね。

以前の渋谷のタワレコでのイベントとか
今回みたいに自分が頑張れば演奏が聴けるイベントは
くじ運の無いボクにはホントにウレシイです。

--
で、話は変わりますが家への道のり
サイン貰ったときSmoke on the Waterの
フレーズの事を聞けば良かったなぁと。

Smoke on the Water はもちろん Deep Purple の名曲です。
スキではない曲を取り入れるハズはないですから
ひろみさんはDeep Purpleもスキなんだと思います。

でも Smoke on the Water の歌詞って
カジノでの Frank Zappaのライブでの出来事じゃないですか。
Zappaがスキなひろみさんですから着想の順としては
Viva! Vegas → カジノ → Zappa → Smoke on the Water
だったのでは?と思った訳です。

ってか良く考えたらみんな当然そう思っているのかな?
だとしたらあまりにもトンチンカンな質問だし
こんな質問をして質問の内容が伝わらないで聞き返されたら
テンパッてクククッどころではない大惨事になってたな。w

結果ボクには
「いつも素晴らしい音楽ありがとうございます。」
が精一杯で最善の選択だったのだと思います。w

--
ズームインで紹介されていましたね。

2009.09.08
上原ひろみフリーライブ
@表参道ヒルズ

1. BQE
2. Place to be
3. Viva! Vegas
    Show City, Show Girl
    Daytime in Las Vegas
    The Gambler
--
talk
--
4. Choux a la creme



--
このライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記 [ uzazo's friend blog ]
激近ポジションでご覧になっていた感想を読むことができます。

上原ひろみ Live Report Index





上原ひろみ / PLACE TO BE 

20090907_1.jpg

ファン待望のソロ・ピアノ・アルバム。

発売日にライブでの演奏(東京JAZZ)を体験できたのは
非常に良かったのですが発売日の延期などに
やきもきしながら待ちに待ったアルバムが遂に発売されました。


感想文を提出いたします。
--
帯に記された「世界をめぐるピアノとの旅」とあるように
世界各地の「居場所」をテーマにした楽曲達は
時にメロディアス時にアグレッシブ・プログレッシブ
と、バラエティーに富んでいて最後まで一気に聴き通すができた。

冒頭の“BQE”。
高速で複雑リフからは“Time Difference”
完全に独立し続ける左手のベースラインには“XYZ”
緊張感の続く状況から一気にメロディアスに展開する場面に“Edge”

テイストこそ全く違えど3曲から編成される組曲
“Viva! Vegas”からは“Music for Three-Piece Orchestra”

etc...あげればきりが無いが
今までのキャリアの中で培われたアイディアが
形を変えて次々と登場してくる。
しかしそれは過去の作品のトレースではなく
「今の上原ひろみ」を余すところ無く表現し尽くしたといった印象。

また、いくつかの楽曲では特殊奏法が取り入れられている。
特殊奏法自体は沢山のアーティストが実践しているし
上原ひろみ自身も2006のAsiaTourあたりからライブで披露してきた。

特殊奏法は実験的であったりパーカッシブなアプローチである事が多い。
(もちろんこれまでの上原ひろみ自身も)
しかし今作では弦を素手でミュートしながらベースを表現したり
金属定規を弦の上に置くことでチェンバロを思わせる音をだしたりと
楽曲に自然ととけ込んだ形で織り込まれ楽曲の世界観を見事に表現している。
こういった手法にももちろん先駆者は沢山いるが
非常にチャーミングなアプローチで好感が持てた。

自らのキャリアとピアノという楽器の可能性をフルに生かす
アイディアがちりばめられた楽曲・演奏の数々。
本当に素晴らしい作品だと思います。

ライナーノーツによると
「最低10年に一枚は必ずピアノ作品を録音する」との事だから
10年以内には次のソロアルバムを拝聴できるという事ですね。
上原ひろみの「30代の音」「40代の音」「50代の音」が
どう変遷していくのか一ファンとして心待ちにしたいと思います。



と、いつもの口語調ではなく評論家の体(てい)で
CDの感想を書いてみるテスト。w


ライナーでも紹介されていますが
“Viva! Vegas”の“Show Cuty, Show Girl”に
“Deep Purple / Smoke on the Water ”のフレーズが出てきますよね。
コレって実はひろみさんの大好きな「Frank Zappa」を
自身のアルバムにコッソリ忍ばせたのでは? と妄想しています。w

あと、Green Tea Farmの一番最後の所
ボーカルが意図的にカットされています。
これはボクが歌詞を知っているからですが
ピアノが最後の一行を歌ってますよね。

「ほんとにありがとう」

こちらこそいつも素晴らしい音楽を
ありがとうございます。

--
追記
初回盤のDVDについて書くの忘れてました。
今までも初回盤やツアーバージョンなどでDVD付きが発売されてきました。
もちろんファンとしてはひろみさんの演奏している姿を
見ることが出来るDVDが手に入るのはウレシイのですが
コレまではCSなど既にTVで放送された物が収録されていて
「特別っ」という感じが無かったです。
(実際TV放送を見ているので再生してないのもあるしw)

しかし今回のはひと味違う感じです。
レコーディングスタジオでのインタビュー映像が収録されているんですが
演奏シーンがカットインされていて非常に満足度が高いです。
すっんごくカッコイイです。今から買う方は是非初回盤を。

それと2008年国際フォーラム ホールAでの「Place To Be」が収録。
コチラはちょっとCSの番組で放送されましたがそれでも感動的です。
唐突に見るとなんで「泣いてるの?」と思いますが
あの割れんばかりの会場の盛り上がりは凄かったので。
ボクももらい泣きしてしまいましたし。

こういう特典DVDは非常にウレシイです。

あと、アレ当たったおっ


--
このCDの感想は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記 [ uzazo's friend blog ]
各曲ごとへの感想を読むことができます。激熱・激長w



上原ひろみ CD Review Index





東京 JAZZ 2009 [ Jazz is Beautiful ]  

20090916_02.jpg

昨日に続いて 東京JAZZ 2009 に行ってきました。
Jazz is Beautiful というタイトルの今日は
上原ひろみさんのソロでのご出演。


感想文を提出いたします。
--
ソロでのライブは初めて見るのですが
Jammin'でも長いソロを演奏していましたし
ソロ公演では無いものの熊谷和徳さんとのタップ・ピアノのコラボ、
そして何よりも聞くたびに進化し続ける
I've Got Rhythm・The Tom And Jerry Show などなど。
微塵も心配に思うこともなく期待で胸を膨らませての参戦。

今日のステージを見て心配な事ができました。。。

あれでフルセットライブって体力大丈夫かいな?w

ホントに想像を上回る素晴らしいライブでした。
恐ろしい程の集中力と全身をフルに使った演奏。
迫力満点のアップテンポな曲はもちろんですが
静かな曲もものすごい集中力が必要だと思います。

ピアノ1台と上原ひろみ。

ステージに立つ姿はサムライですね。

緩急織り交ぜたセットリストで
どの曲もホントに素晴らしく
見ているコチラもかなり集中してしまい
ステージ終了後はボクも疲れてしまいました。

疲れるのが嫌いなぐうたらなボクですが
この素晴らしいライブを見ることでの
疲れならウェルカムです。w

CDの感想の方に書こうと思いますが
「今の上原ひろみ」を余すところ無く
表現しつくした内容で素晴らしかった。
年末のツアーが楽しみです。

--
その他のステージ。
--
メロディ・ガルドー。
オトナなステージでした。昨日の感想にも書きましたが
今のところボーカルにあまり興味も知識も無いのですが
もっと小さな会場で見てみたいなぁと。
繊細で艶やかな声。なかなか素敵でした。
でも少し気を失いました。w

--
L'Image
こちらも知識無しで見たのですが初生スティーヴ・ガットに
期待していたのですがなんかガッカリでした。
うまく表現できませんが「安全な場所から出てこない」みたいな。
あんまり感じるものがありませんでした。

2009.09.05.
東京 JAZZ 2009 [ Jazz is Beautiful ]
@東京国際フォーラム ホールA

メロディ・ガルドー

上原ひろみ
1. The Tom And Jerry Show
2. Sicilian Blue
3. BQE
4. Choux a la creme
5. Pachelbel's Canon
6. Viva! Vegas
    Show City, Show Girl
    Daytime in Las Vegas
    The Gambler
EC1. Place to be

L'Image



のちに追記するやもしれませんが、今日はこの辺で。。。。

--
このライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記[ uzazo's friend blog ]
各曲への感想が詳細に綴られています。

上原ひろみ Live Report Index





東京 JAZZ 2009 [ Gala Night ]  

20090916_01.jpg

昨年に続いて東京JAZZ2009に上原ひろみさんが
出演されるとのことで参戦してまいりました。
Gala Nightと銘打たれた本日は矢野顕子さんとの共演。
今年海外のフェスでも共演なさったそうですが
国内での公演は2006年の「Jammin' The Piano Session」以来。


感想文を提出いたします。
--
2006年のステージはSSTVで放送されたので
映像として残っていますが
あまりにも素晴らしいライブだったので
今回も期待マンマンの望ませていただきました。

そしてマンマンの期待を裏切らない素晴らしい内容でした。

セットリストはわからない曲もあるので後ほど
どこかからパクって来ますがw Jammin' で披露された曲と
同じ曲も数曲演奏されましたが「成功をトレースしない」と
明言される上原ひろみさんらしい全く違う演奏になっていました。
また前回より矢野さんのインプロパートが増えた様に感じられました。

その場でキラキラとした音楽が生まれていく瞬間を目撃する
とにかくスリリングで素晴らしいパフォーマンス。

途中ロックのライブじゃないかと思うような
ドライブ感に見舞われたりピアニスト2人で
「こんな表現まで出来るんだ」と驚きまくり。

“全く違う演奏”といえば上原さんのソロで披露された
「I've Got Rhythm」導入部分のアレンジが全く変わっていて驚きました。
I've Got Rhythmだけでワンステージ弾き続けられるんじゃないかと
思ってしまう程あふれ出るアイディアには脱帽です。

アンコールでは
「イントロを聞き流したのは歌詞の出だしを忘れたからです。」と
矢野さんのお茶目な一面も。w

是非ノーカットで放送して欲しいです。
NHKさんよろしくお願いします。

--
その他のステージ。
--
NHK交響楽団。
曲が始まる寸前の指揮者のカッコイイポーズに「ん?」と
思ったのですが“Rhapsody in Blue”で「はっ!」と思い出しました。
以前コチラの公演でタクトを振っておられた方でした。
(あの時は東京フィルハーモニー交響楽団でしたが・って感想書いてないしw)
「あの時のウエスト・サイド・ストーリーの組曲カッコよかったなぁ」などと
思い出していたら今日も演奏されて大感動でした。カッコヨカッタ。

WOUTER HAMEL。
前知識まったく無しで見ました。
今は僕自身がボーカル曲にあまり興味がないので
感想は控えさせてもらいます。

今日会場で上原ひろみさんのNEW CD
「Place to Be」買っちゃいました。
今聴きながら上記の感想書いていたのですが
あまりにも素晴らしいAlbumで手か止まってしまい
感想書くのにどんだけ時間かかってんだっと。w

「Place to Be」の感想はまたいずれ。寝ます。w

2009.09.04.
東京 JAZZ 2009 [ Gala Night ]
@東京国際フォーラムホールA

NHK SYMPHONY ORCHESTRA, TOKYO
special guest ELDAR


WOUTER HAMEL

AKIKO YANO + HIROMI UEHARA
1. そこのアイロンに告ぐ
2. あんたがたどこさ ~アフロブルー
3. Evacuation Plan
4. I Got Rhythm (Hiromi's solo)
5.BAKABON (Akiko's solo)
6. My Romance
7. Deja Vu
8. Rose Garden

EC.1 Green Tea Farm
EC.2 ラーメンたべたい ~ So What
という事で早速よそ様からパクって来ました。w



--
このライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記[ uzazo's friend blog ]
N響・矢野さんの事など詳細にレポされています。

上原ひろみ Live Report Index





【DVD】Duet 

20090903.jpg

2007年にBlue Note TOKYOで行われた
“CHICK COREA Rendezvous in TOKYO”公演の1つ
上原ひろみさんとのコラボレーションライブのDVD化。


2008年に2枚組のCDとして発売されています。
インプロヴィゼーション満載のこのライブ。
もちろんCDの内容も素晴らしかったけれど
初回盤に付いていたDVDでは
お互いの表情からどのような駆け引きが行われていたのか
感じ取ることが出来る素晴らしい内容だったので
当時からDVD化される事を期待していました。

視聴開始から10数秒。
とりあえず驚かされました。
そして驚かされたまま最後まで一気に見てしまいました。
このDVDに納められている演奏は
全てCDとは別のテイク(別の日の公演)になっています。

初回盤CDに付いていたDVD収録のSpainは
そもそもCDと別テイクだったので
今回のDVDと重複していますが
その他の曲は映像のみではなく
演奏自体が全て初出しの内容になっています。

CDで聞き慣れた楽曲が同じアーティストの手によって
全く別の表情に見えてくる様は本当に楽しく
このコラボレーションライブのコンセプトにも
合っている内容に仕上がっていると思います。

CDとDVDの両方を楽しむことで
コンセプトが立体的に見えてくる。

CDを気に入っている方には激しくオススメします。