たらたらと雑談っ。 

上原ひろみさんの
NEW CD「Place to Be」とNEW DVD「Duet」。

「オフィシャルサイトで買ったら特典とか付くのかな?」と思い
予約とかしていなかったんですが特に無いようなので
先ほどDVD だけAmazonでポチしてきました。



DVDは1000円以上安いし送料もかからないですから
ビンボーなボクにはちょっとウレシイ。w

厳密に言えばCDも結構安いので(ナゼか初回版DVD付きの方が安いw)
両方頼んだ方がお得なのは重々承知ですがフラゲして聴きたいので。
で、すぐ東京JAZZなのでどうせ見る時間も無いし「Duet」のDVDは
到着が若干遅くてもいいかなぁと。
(とはいっても大体発売日の夕方には届きますよね)

ってよく考えらたらCD買いにタワレコ出かけたら
電車代でDVDの割引分が結構減っちゃってるな。w 
まぁそれでもちょっとは安いからいいか(自分に言い聞かせる)

「上原ひろみ」でググってこのエントリーに
訪れてくれている人もいると思うので(ほとんどかな?)
毎度書いていることですがサインが欲しい人は
例年通りなら東京JAZZや年末のツアーの物販で購入すると
先着でサインもらえるハズなのでそこで買うのもいいかもですね。

最寄りのCD店への交通費なども考えて購入は計画的にです。w

追記
ちょっ発売日延期ってw 東京JAZZの後かぁ。
こんな事ならamazonで注文しておけばよかったっス。


イベントの詳細も発表されましたね。詳細はOfficialSite

入場自由との事ですしライブ生演奏有りとの事なので
ちょっくら行ってみようかなぁと計画中。
とうとうサイン会も抽選になりましたかぁ。
全く当たる気がしない。w
当然ビヨスタの時のイベントもこの間のNHKもハズレました(ToT)

まぁボクはサインにそんなに執着は無いんですが
当たらなかったらそれはそれで悲しい。w

当たらなかったらといえば今年の年末ツアー。
オフィシャルの先行にエントリーしました。
ピアノソロなんで会場は小さい方がいいですが
個人的にチケット入手が一番困難だった
2006年の状況になりそうで怖いです。w

国際フォーラムが1アカウントで1日分しか
エントリーできませんから多少緩和されているでしょうが
サントリーホールの方は心配でなりません。

オフィシャル・マイスペで発表されているスケジュールでは
12月の後半ががら空きですが今回追加公演ってないんですかね?
関東に住んでる人間のエゴですが
ファイナル東京に戻ってきて欲しいです。
去年の東京JAZZでは会場のチラシで熊谷さんとの
コラボライブが発表されましたから今回も
矢野さんとのコラボライブとか期待しちゃいます。

「たまにはゆっくり年末を過ごして欲しい」
と思うのが正しいファンの姿勢なんですかね?w

それからインタビュー掲載誌も立ち読みしていますが
今のところ1つも買っていません。ビンボーではありますが
一応雑誌ぐらいは買えるんです。(ホントですっアセッ)
ただ雑誌って結構スペース取るんですよね。
古い物は該当ページを切り取って処分とかしているんですが
今回は一番ボリュームがありそうな雑誌をキメ打ちで
買おうかと思います。という事で↓コレ待ち。

Keyboard magazineは毎回恒例なんですが今回も
上原ひろみさんご本人による譜例付きの全曲解説に
「Place to be」の完全コピー楽譜掲載との事ですので
コレだけは必ず買おうと思います。

あぁそれから今では書店でもAmazonでも買えなくなっている
アレ(決定では無いようなので伏せますがファンのバイブルのアレっす)
加筆された内容で文庫版として発売される予定らしいですよ。
これはかなり楽しみにしています。

追記2
って伏せていたのですが情報もう出てるじゃないですかっw
上記は『上原ひろみ サマーレインの彼方』です。
10/9発売予定だそうです。ボクは絶対買いますっ。


という事で雑談でしたっ。





Official Site リニューアル 

20090809.jpg

上原ひろみさんのサイトがリニューアルされましたね。
ツアー情報も一緒にアップされています。

<オフィシャルサイト先行予約>
8/22(土)~9/1(火)受付予定!
※札幌公演のみ、8/15(土)~8/23(月)受付になります。

だそうです。東京の公演は
11/28(土) 東京国際フォーラム ホールC
11/29(日) 東京国際フォーラム ホールC
12/14(月) 東京 サントリーホール

の3公演のようです。
サントリーホール楽しみだなぁ。
やはりソロだとホールAは向いていないんですかね?
チケットの争奪戦が大変そうです。w

しかし年末のツアーってこれで全部なんですかね?
ツアーファイナルが東京じゃないのがちょっとザンネン。





HARLEM NIGHTS vol.8 

header_bg.jpg

毎年夏に横浜で行われるイベント、ハーレム・ナイト。
去年に引き続き今年も参戦してきました。
リピータの多いイベントですが
新参者だった私も今や参加歴3年目です。w


感想文を提出いたします。
--
途中休憩を挟んでの3時間のショー。
盛りだくさんな内容でお得感満載です。

毎年JAZZ・Seoul・R&B・tap etc… てんこ盛りの内容。
とはいっても出演者は毎年入れ替わるのでその年によって
演奏される曲のテイストの比重が若干かわっているので
見るたびに印象が変わるのも魅力の1つ。

去年は JAZZ が色濃く感じられたという印象に対して
今年は Seoul が色濃くの激アツな印象。

本場ハーレムの舞台で活躍している出演者達は
ショーマンシップに溢れていて開場を盛り上げていきます。
客席のノリも毎年恒例の素晴らしい一体感。
やはりお土地柄なんですかね?

タップダンサーの Omar A Edwards はもちろん今年も出演。
オマー氏の超絶テクニックと
アイディア溢れるパフォーマンスは圧巻でした。

一緒に行った知人の
「タップダンスがあんなにも音楽だとは。印象が変わった。」
と言う感想を聞いて「やっぱりそうなのかぁ」と。
ボクもそんなに数を見ていないので偉そうな事は言えませんが
グレゴリー・ハインズの流れを汲むタップはホントに音楽です。
オマー氏や熊谷和徳さんの音楽(タップ)を
もっともっと多くの人に体験してほしいなぁ。

とにかく今年も素晴らしいライブでした。


--
ちょと本編の感想からズレます。
ここのブログでは触れていませんでしたが
ボク、マイケル・ジャクソン大好きです。
マイケルの突然の訃報から少し時が経ちました。

今回の公演1stの前半で Heart Break Hotel が
演奏されたのですがかなりグッときてしまいました。
どういう意図でこの曲が選曲されたのかボクにはわかりませんが
キット追悼の意味もあったのだと思います。

2ndでは Man in the mirror の音源に合わせて
オマー氏のパフォーマンス。
スポットライトに照らされた黒いハットと白い手袋。
ボクは思わず泣いてしまいました。

マイケルの曲を聞いたことで彼がいなくなってしまった事を
改めて実感し悲しかったのはもちろんですが
「彼の切り開いた道と音楽はしっかりと生き続けている」
という事が感じられて感動してしまいました。

ボクなりの追悼の意を込めて Man in the mirror の動画貼らせていただきます。
THRILLERやBADのPVの一部はワイドショーなどで流れまくりましたが
お時間のある人は Man in the mirror 是非聴いてほしいなぁ。