上原ひろみ Live Report Index 

index_image_live.jpg

Live Report などとカッコイイタイトルを付けてしまいましたが
サイトタイトルにもあるように感想文でございます。

2017.04.25. 矢野顕子 × 上原ひろみTOUR 2017「ラーメンな女たち」
        @ 昭和女子大学人見記念講堂

2017.04.19. 矢野顕子 × 上原ひろみTOUR 2017「ラーメンな女たち」
        @ 東京文化会館 大ホール

2017.04.18. 矢野顕子 × 上原ひろみTOUR 2017「ラーメンな女たち」
        @ 東京文化会館 大ホール


--
2016.12.04. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT
        『SPARK』日本ツアー 2016 @ 東京国際フォーラム ホールA

2016.12.02. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT
        『SPARK』日本ツアー 2016 @ 東京国際フォーラム ホールA

2016.11.16. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT
        『SPARK』日本ツアー 2016 @ EX THEATER ROPPONGI

2016.09.15. 矢野顕子×上原ひろみ 
        Recording Live in Tokyo〜ラーメンな女たち〜

2016.09.04. 東京JAZZ2016 “the HALL”
2016.02.18. 上原ひろみ『SPARK』発売記念イベント
2016.02.08. <文春トークライブ>
        上原ひろみ~世界を駆けるピアニスト~

--
2015.12.24. 上原ひろみ with 新日本フィルハーモニー交響楽団
        クリスマス特別公演

2015.12.20. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT @ Blue Note Tokyo
2015.12.17. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT @ Blue Note Tokyo
2015.04.20. 上原ひろみ Solo @ Blue Note Tokyo
2015.04.17. 上原ひろみ Solo @ Blue Note Tokyo

--
2014.12.28. レキシ 対 オシャレキシ
        ~お洒落になっちゃう冬の乱

2014.12.07. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT
        ALIVE JAPAN TOUR 2014 @ 東京国際フォーラム ホールA

2014.12.05. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT
        ALIVE JAPAN TOUR 2014 @ 東京国際フォーラム ホールA

2014.09.07. 東京JAZZ2014 THIS IS JAZZ / DISCOVER
2014.09.06. 東京JAZZ2014 THE JAZZ POWER

--
2013.12.30. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT @Blue Note TOKYO
2013.03.22 HIROMI UEHARA SOLO @Blue Note TOKYO

--
2012.12.09. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT
        MOVE JAPAN TOUR 2012 @ 東京国際フォーラム

2012.12.08. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT
        MOVE JAPAN TOUR 2012 @ 東京国際フォーラム

2012.11.14. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT
        MOVE JAPAN TOUR 2012 @ 赤坂 BLITZ

2012.07.25. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT @ Blue Note TOKYO

--
2011.12.11. 矢野顕子×上原ひろみ 今年は2人でさとがえるツアー
2011.12.04. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT
        VOICE JAPAN TOUR 2011 @東京国際フォーラム ホールA

2011.12.03. 上原ひろみ THE TRIO PROJECT
        VOICE JAPAN TOUR 2011 @東京国際フォーラム ホールA

2011.09.09. 矢野顕子×上原ひろみ Recording Live in Tokyo~Get Together~
2011.08.04. 東京JAZZ2011 MAKIN' HAPPY!
2011.08.03. 東京JAZZ2011 GROOVE
2011.04.27. 上原ひろみ × 熊谷和徳 @ Blue Note TOKYO
2011.04.24. 上原ひろみ × 熊谷和徳 @ Blue Note TOKYO
2011.04.17. HIROMI UEHARA Solo Piano @ COTTON CLUB
2011.04.16. HIROMI UEHARA Solo Piano @ COTTON CLUB
2011.04.13. HIROMI UEHARA Solo Piano @ COTTON CLUB
2011.02.14. 笑福亭鶴瓶×上原ひろみ
 "NOW/HERE"

--
2010.12.28. 上原ひろみ Solo Piano JAPAN TOUR
           @ Tokyo Opera City Concert Hall

2010.12.27. 上原ひろみ Solo Piano JAPAN TOUR
           @ Tokyo Opera City Concert Hall

2010.12.03. STANLEY CLARKE TRIO with HIROMI & LENNY WHITE
        
@ Bunkamura ORCHARD HALL

2010.11.28. STANLEY CLARKE TRIO
        with HIROMI & LENNY WHITE @ Blue Note Tokyo

2010.11.27. STANLEY CLARKE TRIO
        with HIROMI & LENNY WHITE @ Blue Note Tokyo

2010.11.26. STANLEY CLARKE TRIO
        with HIROMI & LENNY WHITE @ Blue Note Tokyo

2010.11.23. Piano LIVE・Piano LIFE @ GINZA Yamaha Hall

--
2009.12.27. HIROMI UEHARA Solo Piano
          -PLACE TO BE- @ Blue Note Tokyo

2009.12.26. HIROMI UEHARA Solo Piano
          -PLACE TO BE- @ Blue Note Tokyo

2009.12.24. 上原ひろみ with 新東京フィルハーモニー交響楽団
          @すみだトリフォニーホール

2009.12.14. 上原ひろみ「PLACE TO BE」JAPAN TOUR 2009

          @ SUNTORY HALL



2009.11.29. 上原ひろみ「PLACE TO BE」JAPAN TOUR 2009
          @東京国際フォーラム ホールC

2009.11.28. 上原ひろみ「PLACE TO BE」JAPAN TOUR 2009
          @東京国際フォーラム ホールC

2009.09.08. 上原ひろみフリーライブ @ 表参道ヒルズ
2009.09.05. 東京 JAZZ 2009 [ Jazz is Beautiful ]
2009.09.04. 東京 JAZZ 2009 [ Gala Night ]
2009.03.10. みんなでドリする?
          DO YOU DREAMS COME TRUE? SPECIAL LIVE!


--
2008.12.28. Hiromi's Sonicbloom JAPAN TOUR 2008 FINAL
          @ 東京国際フォーラム ホールA

2008.12.26. 上原ひろみ×熊谷和徳 OUT of Control
2008.11.23. Hiromi's Sonicbloom JAPAN TOUR 2008
          @ 東京国際フォーラム ホールC

2008.08.30. 東京 JAZZ 2008 [ DREMATIC NIGHT ]
2008.08.30. 東京 JAZZ 2008 [ GREAT AMERICAN STANDARDS ]
2008.05.31. 上原ひろみトークイベント @ 新宿タワレコ
2008.04.30. Chick and Hiromi live in Budokan “Duet”

--
2007.12.09. Hiromi's Sonicbloom JAPAN TOUR 2007
          @ 東京国際フォーラム

2007.12.03. Hiromi's Sonicbloom JAPAN TOUR 2007 @ 横浜 BLITZ
2007.11.29. Time Control in Blue Note Tokyo
2007.11.28. Time Control in Blue Note Tokyo
2007.09.26. CHICK COREA Rendezvous in TOKYO
          DUET with HIROMI UEHARA @ Blue Note TOKYO

2007.07.31. Hiromi's Sonicbloom @ SUMMER LIVE IN KOCHI
2007.02.25. 上原ひろみトークイベント@池袋HMV
2007.02.21. Hiromi's Sonicbloom @ 渋谷タワレコ
2007.02.20. Hiromi's Sonicbloom @ 原宿クエストホール

--
2006.12.24. 上原ひろみAsiaTour@東京国際フォーラム
2006.12.23. 上原ひろみ × 熊谷和徳 L'ULTIMO BACIO
2006.12.11. 上原ひろみAsiaTour@東京国際フォーラム
2006.12.08. Jammin' The Piano Session 矢野顕子 × 上原ひろみ
2006.09.03. 東京 JAZZ 2006 【 ENCOUNTERS 】
2006.09.02. 東京 JAZZ 2006 【 PIANO NIGHT 】
2006.01.31. SWITCH ON LIVE Vol.04 
          Dreams COME TRUE × 上原ひろみ


--
2005.12.03. SPIRAL TOUR@ステラボール

-----
セットリストなどに間違いがあったらコメいただけるとありがたいです。
同じ公演を見た方のコメも大歓迎でございます♪





Hiromi's Sonicbloom JAPAN TOUR 2008 @ 東京国際フォーラム ホールC 

081123.jpg

待ちに待ったフルセットライブ
やっと東京の番が回ってきました。w


感想文を提出いたします。
--
今年のツアー11月のライブでのギター、ジョン・シャノン。
実はボク、某動画サイトで彼を交えたSonicbloomのライブ映像を既に
見ていたのですがその時の感想は「正直ちょっとなぁ」という感じでした。
まぁ観客の撮影映像だったのでそれだけで判断するのも失礼な話です。
それでもちょっと心配というか期待薄というか。

で、今日の演奏を聴いて「ジョン、ホント失礼しました。」と。w

フューズは賛否両論巻き起こす(w)クセのあるギタリストです。
もちろんSonicbloomでのフューズのギターの存在感はかなり大きいです。
当然ジョン・シャノン氏が変わって演奏することで曲の印象が
大きく変わった部分もありました。がボクは非常に楽しめました。

最初はちょっと「控えめかな?」などとも思いましたが
その事でピアノが前面に押し出された印象でした。
ソロではフューズとは違う熱さを出しまくっていたと思います。
たとえるならフューズは「赤い炎(ボーボーw)」
ジョン・シャノンは「青い炎(メラメラ)w」。←全く伝わらないかww
これはそれぞれの好みによる所が大きいと思いますが、もしかしたら
ジョンのいるSonicbloomの方が好きという人もいるかもしれません。
そのぐらい素晴らしい活躍でした。

さて、ライブ本編ですが
客入れではBeyond Standardに納められている楽曲の
オリジナル(?)が流れ「朝日のごとくさわやかに」の部分で客電が落ち
「INTRO: SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE」で幕を開ける。
CD同様のノイズを混ぜながらCDより長めに演奏されつつ
メンバーがステージ上に登場するというオシャレな演出。

割と静かな曲と激しい曲が交互に演奏され(下記のセットリスト参照)
まるでジェットコースターに乗っているような感覚。w
素人の憶測ですがマーティンの体力配分もあるのかな?と。
特に2ndのXYGとCARAVANは離しておかないと
マーティンの命が心配になります。w

とにかく毎度恒例ですが全曲フルスロットルの熱いライブでした。
Beyond Standardの収録曲全てを
聴くことができて大満足のライブになりました。

1stのどの曲か忘れてしまいましたが(4or5だったと思う)
ピアノvsドラムの緊張感が漂うシーンがあったのですが
あまりの緊張感に「この2人どこまで飛んでいくんだ?」と
ひやひやしながら観ていたら着地失敗みたいなシーンもありました。w
(もしかしたらボクが感じ取れなかっただけで実際は
 素晴らしいパフォーマンスなのかもしれません。)

安定した演奏だけで型に収まったライブなんて
上原ひろみさんには似合いません。w
行けるところまで突っ走ってこそ上原ひろみっ。
ライブ全体が実はこういうギリギリの瞬間の繰り返しで
あるからこそあの奇跡のようなライブ空間が生まれるのだっ、
とボクは勝手に確信しています。
そして上記の「着地失敗みたい」に感じるシーンに
出会うたびにその確信が裏付けされるような気がして
勝手に感動してしまったりします。w


すでに少し触れましたが今回のツアーは
マーティンの見せ場(体力的負担w)がかなり多いです。
特にCARAVANでは最初から最後まで全力疾走した上に
ひろみさんのソロ終わりクラスター連発後にオープンソロという
Dancando No Paraisoを思わせるハードな構成。
素晴らしいプレーでした。

なんか今読み返したら上原ひろみさんについて
ほとんど触れていない感想になってしまいました。w
ひろみさんは会場の空間をふるわせるような熱い演奏を披露していました。
いい意味でいつも通りという事です。w

あと、だいぶ話がそれますがやや堅い雰囲気の客席の中
Time Outが始まったとたんスクッと一人で立ち上がった男性に
男気を感じました。w 本気で彼にも心からの拍手を送りたい。


約3時間の夢の様な時間を過ごして
待ちに待ったライブは幕を閉じました。
余韻に浸りつつもホールAへのwktkは止められません。w
--
と、その後、某ブログで拝見したのですが
>終演後のバックステージでは
>いつも2時間半なのに今日はなぜ3時間だったのかを検証中。
>30分も長くなった理由がわからないとのこと。
だそうです。ちょっw30分っww。なんだか得した気分です。w


2008.11.23.
Hiromi's Sonicbloom JAPAN TOUR 2008
@ 東京国際フォーラム ホールC

--1st set--
1.INTRO: SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE
2.SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE
3.LED BOOTS
4.CLAIR DE LUNE
5.MY FAVORITE THINGS
6.UE WO MUITE ARUKO

--2nd set--
7.XYG
8.Double Personality
9.I'VE GOT RHYTHM
10.CARAVAN

EC1 GREEN TEA FARM
EC2 Time Out



--
このライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記[ uzazo's friend blog ]
各曲への感想が書かれていてライブの雰囲気が伝わってきます。


上原ひろみ Live Report Index





【DVD】Hiromi's Sonicbloom Live in Concert 

dvd08_hiromi_sb.jpg

ファン待望の上原ひろみさんのLIVE DVD。
official site とライブ会場での販売されている2枚同時に発売の一枚。

2007年の Time Control Japan Tourのツアーファイナル
12月9日の東京国際フォーラム ホールAでのコンサート映像。
Sonicbloom(カルテット)でのライブ映像になります。

全て初出しのライブ映像ですので全編見所だと思います。

しいて一曲あげるなら「Double Personality」。
この曲は上原ひろみさんの1st Albumに収録されていて
Sonicbloomのメンバーであるデビッド・フュージンスキーが
ゲストプレーヤーとして演奏している事で有名です。
DVD収録のこの曲では上原ひろみさんの演奏としては珍しく明確に
theme > solo > interlude > solo > interludeと繰り返していきます。
各ソロパートで曲の雰囲気がガラリと変っていくのは非常に面白いです。

あとこのライブは東京国際フォーラム ホールAでの初・単独ライブ。
現状の上原ひろみさんの単独公演では最も大規模な会場でのライブなので
後半は会場はもとよりメンバーの熱気までも伝わってくる
素晴らしいライブDVDだと思います。

これはSpiral Tourの方にも言えるんですが
個人的にはMCを入れて欲しかったです。


以下、独り言w
--
業界事情に詳しくないのでアレですがこのDVDの発売方法が
official site(期間限定) とライブ会場だけというのは
やはり複雑な契約の問題とかあるんですかね?

まぁそれはいいんですがこの販売方法がOKなら
素人考えとしては期間限定でofficial siteで購入者を事前に募り
今回同様、事前決済>限定プレスは可能なんじゃないですかね?
だとしたらライブパフォーマンスが最高の上原ひろみさんですから
BlueNoteでの公演やらなんやら映像ソースのあるモノは
片っ端から発売して欲しいです。w 全部買います。ww

まぁ編集などにかかる人件費は小ロットでは元が取れないとかありそうですが
パッケージのデザインはボクがタダでやらせていただきます。w


[ テラークがアップしているダイジェスト動画 ]



1. Deep into the Night
2. Time and Space
3. Time Contorol, or Controlled by Time
4. Time Travel
5. Note from the Past
6. Double Personality
7. Time Out
8. Return of Kung-Fu World Champion





【DVD】Hiromi Live in Concert 

dvd08_hiromi.jpg

ファン待望の上原ひろみさんのLIVE DVD。
official site とライブ会場での販売されている2枚同時に発売の一枚。

2005年の Spiral japan Tourのツアーファイナル前日、
12月2日の品川・ステラボールでのコンサート映像。
トリオでのライブ映像になります。

このライブの模様はNHKで「上原ひろみ LIVE」として
オンエアされていますが収録曲が数曲違うのと
同一の素材からの編集なので驚く様な変化はありませんが
アングルが今回の発売用に再編集されているようです。
(全編見比べた訳ではありませんが・・・)

最大の見所は「Music for Three-Piece-Orchestra」の
4曲がノーカットで収録されている部分だと思います。

「Music for Three-Piece-Orchestra」は
Spiral japan Tourや翌年のAsia Tourで
2nd Setの冒頭からノンストップで演奏されていました。
曲間に拍手をするタイミングが無いぐらいの勢いで
演奏される4曲の迫力には毎回圧倒されたものです。

今後、上原ひろみさんがどのようなプロジェクトを
手がけていくのか分かりませんが
この4曲で30分を超えてしまいますから
新プロジェクト・新作のツアーと考えると
「Music for Three-Piece-Orchestra」の
完全版(4曲ぶっ通し)演奏というのは
当分見る事は出来ないのではないかと思います。
その意味で非常に貴重なLIVE映像です。

あと、「Dancando No Paraiso」も素晴らしいです。
Brain Tour」での映像と見比べてみるのも面白いと思います。


[ テラークがupしているダイジェスト動画 ]



1. Spiral
2. If...
3. Old Castle, by the river, in the middle of a forest

Music for Three-Piece-Orchestra
4. Open Door - Tuning - Prologue
5. DéJà Vu
6. Reverse
7. Edge

8. Love and Laughter
9. Dancando No Paraiso





Tony Grey / Mini Live & Clinic @ 渋谷タワレコ 

tony_event081115.jpg

ミニライブ&クリニックという事でボクみたいな楽器をいじらない
音楽素人が参加してもいいものか?と思いつつもトニーのプレイを
間近で見ることが出来るチャンスだったのでいそいそと参加してみました。


感想文を提出いたします。
--
内容の方はMacBookから音源を流しつつ
トニーが演奏するというスタイルで2曲と
質問コーナーのクリニック。そして購入者サイン会。

ボクは後ろの方から見られるだけでもよかったのですが
ちょっと早めについたので5Fを覗きに行くと
既にトニーがサウンドチェックをしていました。
というかサウンドチェックのレベルではなく
インプロ満載でグリグリと弾いていました。w

まだ人も集まっていなかったので間近で見入っていたのですが
気がつけばそこそこ後ろに人が集まってきたので動くのも惜しくなりw
イベント開始まで待つことに。結構前の方で見ることができました。

イベント本編1曲目。Chasing Shadowsから。
目の前で紡ぎ出される流れるような美しいフレーズに感動しました。

クリニックの方は「今日の朝ご飯」「サッカーの話」から
「テクニカルな事」まで幅広く非常に楽しかったです。
お客さんは自身の楽器を持ってきている方も多く
(ベーシストの方が多かったのでしょう)
テクニカルな質問も非常に興味深かったです。
トニー独特のミュート音でのプレーや
フィンガリング(っていうの?)の仕方に「へぇ~」と。

出版されるのはまだ先になるとのことでしたが
なにやらスケールやインプロの考え方やいろんなジャンルへの
アプローチの仕方などに触れた「Tony Style」的な
ベースプレイに関する本を書いているそうです。
ボクは楽器できませんが非常に興味ありです。

あと演奏している時に手に振りかけているパウダーについての質問では
「Johnson baby powder」と答えていたので冗談かと思いきや
冗談ではありませんでした。w (ちゃんと現物披露していました。)
ベースプレイヤー専用のものでは無いんですね。

最後に今日にあわせて作って来たという曲披露。
サウンドチェックの時の演奏から始まり
一時間弱のイベント。内容の濃い一日になりました。

--
で、ボクは知らなかったんですが今月に「Chasing Shadows」の
SHMCD版なるものが発売されたとの事。仕組みはよく分かりませんが
普通のCDプレイヤーで再生出来る高音質CDだそうで
ちょっと興味があったので購入してきました。。。。。

半分ウソです。w SHMCDに興味があったのは事実ですが
せっかくこんな近くにいるのでやっぱサイン欲しいなぁと。
ミーハーなボクでスミマセン。w
一人一人丁寧に声をかけつつサインしてくれました。
写真をお願いしている人もいたのでボクも勇気を出してスタッフの方に
「もう一枚サインお願いしてもいいですか?」とワガママを。
「もちろんです」と言ってくれたので持参していった
前作「...moving」にもサインもらっちゃいました。
(「...moving」はタワレコに置いてなかったので
 持参したものにお願いしてもまぁ無礼ではないかな?と。w)

トニーも「...moving」を見て「Oh」と笑顔でサインしてくれました。
こんな時ばかりは少しでも英語がしゃべれればといつも思うのですが
ボクの脳にある数少ない単語を組み合わせ「I LOVE YOUR MUSICっ!」と
気持ちを伝えて帰ってきました。w


クリニックの内容覚え書き。(間違っていてもご容赦ください。)
--
スケールについて。
二つのコードを行き来するときに重複する音or半音ズレの近似音を
フックにして一つの大きなスケールにしてとらえているようです。
そしてコードをまたぐ部分も含めたスケール練習をすると
スムーズでメロディアスなインプロが弾けるようになるとの事。
これが出来ればコードチェンジが頻繁な曲にも対応出来るそうです。
そしてスケール練習はゆっくり正確に繰り返す事が重要だそうで。
そうすれば自ずと早いフレーズも弾けるようになるそうです。
--
Q:サッカーは好きですか?
とても大好きなようです。
どんなに狭いエリアでも自分のスペースを作り出し(見いだし)
そのスペースでクリエイティブするという点においては
音楽は共通だという事でした。
--
Q:高校生の時にコピーしていた曲は?
この解答は「Chasing Shadows」のライナーで紹介されていますが
本格的にベースを弾き始めたのは21になってからとの事。
--
Q:ミュートした音でのプレーが印象的ですが?
その場で実演。よく質問されるけど意識したことはないようです。
--
Q:ピッキングした後指は隣の弦に触れていますか?
触れていないそうです。レコーディングした時に入る
ノイズが気になるので当てていないとの事でした。
割とツメに近い部分ではじいているようでした。
そして弦高はメチャクチャ低いそうです。
--
Q:共演したいあこがれのアーティストは?
沢山いるけど「夢のまた夢、ホントの夢」として
スティングをあげていました。スティングはベーシストなので
「彼がベースを弾いているときはボクが歌う」とトニージョークw
その流れでいつどんな人から声がかかるかわからないので
いろんなジャンルへの準備をしておく事も重要との事でした。
未定としつつもデヴィッド・サンボーンに呼んでもらえるかも。だそうです。
う~む個人的にデヴィッド・サンボーン、嫌いではないけど今のところちょっと苦手w
--
Q:今後も上原ひろみさんと演奏していきますか?
「もちろん。hiromiが必要としてくれる限り一緒にやる。」
との事でした。また自身のプロジェクトも進めて行きたいとも。

2人のファンとしてはウレシイ限りですがちょっと気になる事も。
質問を通訳していたスタッフが「とてもタフな質問がきたよ」と
言っていたのですがコレが単なるジョークなのかどうか?
やっぱりただのジョークかな?笑ってたしw
以前、雑誌でのインタビューで固定したバンドとしての
プロジェクトをやってみたい。とトニーが答えていたり。
ひろみさんもいつかはウッドベースのアコースティックバンドを
やると(勝手にw)思っているのですがその時期は必然的に
トニーは別行動になると思います。
なんだかその時期が意外に近いんじゃないか??
なんて妄想的な勘ぐりをしてしまいました。ww

でもまぁトニーがリーダーのバンドプロジェクトも
ひろみ's アコースティックバンドもかなり興味あるので
いつその状況が来てもボクはウエルカムです。
どちらも全力で応援します。ww

--
それから最後に時間切れで通訳されなかった部分で
マイケルジャクソンやジャコの名前が出ていた様な
気がするのですが何と言っていたんだろう?
参加していた方で内容わかった方教えて

--
チェイシング・シャドウズ←SHMCD版
チェイシング・シャドウズ←通常版
--
感想文はコチラに提出しています

--
Moving
--
感想文はコチラに提出しています