Tony Grey / Chasing Shadows 

tony_chasing.jpg

先週、Tonyの新作がamazonから届き
Duetと交互にヘビロテ中です。
--

暖かいのに、攻撃的な音。

歌心のあるメロディーに
挑戦的なリズム。

トニーの音楽には景色が見える。

--
スミマセン。マンマ帯に書かれている
上原ひろみさんのレコメンドコメントです。w

さすがというかなんというか
短い文章でこんなにうまく表現されてしまうと
何も言うことなくなっちゃいますね。w

と、いいつつも


感想文を提出いたします。
--
説明するまでもなく上原ひろみさんの楽曲を支えるキーパーソン
ベーシスト Tony Grey のリーダー作2枚目。

前作「…moving」ではその幅広い音楽性に驚かされましたが
今作も素晴らしいアルバムに仕上がっています。

印象はとにかくポジティブなアプローチの作品。

透き通るようなサウンドとメロディは
アルバム全編通してとても心地よく聴くことができます。
特にグレゴア・マレットのハーモニカがこのアルバムの印象を
ポジティブな方向に加速させているように思います。

間髪入れずに連続で聴いてしまいます。
そして連続で聴いていても全く飽きません。
むしろ繰り返して聴くことでどんどん味わい深くなる感じ。

その理由の一つにはコンポーザーとしての Tony Grey が
優れているということだと思います。
収められている楽曲がどれも非常に魅力的です。

もう一つには Tony のプレイスタイルかなぁとも思います。
前回の感想でも触れましたが決して派手なスタイルではないと思います。
ドゥパドゥパとスラップする訳でもありませんし。
(もちろん熱く素晴らしいソロパートも収録されていますが)
派手では無くても丁寧に丁寧に組み立てられていく
ベースライン。「歌心」が魅力なんだと思うんですよね。
繰り返し聴いていく事で見えてくる音。素晴らしいです。

--
さて、上原ひろみさんがGuest PlayしているT7.

「歌心」に「スケール感」が加わった素晴らしい曲です。

オープニング部分~前半では Tony のベースに
寄り添うようにささやくピアノが印象的です。

中盤のピアノソロ。
熱いピアノと対称的にソリッドなリズムを刻み続ける
クリス・デイヴ(ds)とのからみも非常に面白いです。
ロバート・グラスパーは個人的にあまり好みではなくて
しばらく聴いていなかったのですが今一度聴いてみようかと。
--

まぁとにかく大満足のアルバムでした。
気になる方は是非 Tony のリーダー作を体感してみてください。

チェイシング・シャドウズチェイシング・シャドウズ
(2008/04/23)
トニー・グレイ

商品詳細を見る


上原ひろみ CD Review Index
CD Review Index





CD Review Index 

聴いたCDの感想一覧です。
なにぶん素人感想ですのであまり内容が伝わらないザックリ感想ではありますが
専門的な事が何も書いていないので逆に参考になったりすればウレシイなぁと。(w

-----
Chick corea / Five Trios BOX

Frank Zappa/The Mothers Of Invention / Uncle Meat(1969)
Frank Zappa/The Mothers Of Invention / Weasels Ripped My Flesh(1970)
Frank Zappa/The Mothers of Invention / One Size Fits All(1975)
Frank Zappa / Hot Rats(1969)
Frank Zappa / Burnt Weeny Sandwich(1969)
Frank Zappa / Waka/Jawaka(1972)
Frank Zappa / The Grand Wazoo(1972)
Frank Zappa / Sleep Dirt(1979)

THE GREAT JAZZ TRIO / July 5th, July 6th

school food punishment / amp-reflection

Tony Grey / …moving
Tony Grey / Chasing Shadows
Tony Grey / Unknown Angels

小林大吾 / 小数点花手鑑





東京JAZZ 2008 

tokyojazz2008_01.jpg


東京JAZZ 2008 キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

上原ひろみ~HIROMI'S SONICBLOOM の参戦だそうですっ!
年末ツアー前にライブが観られるのはうれしいでっす。

楽しみでありつつチケット入手が心配でありまっす。w

昨日のNHKの海外向け番組J-MELOは字幕が付いていて助かりました。w
演奏された I got rhythm も素晴らしかったです。
って早くもようつべに上がってるしw 
リンク貼りませんが見逃したはようつべへGO!

--
追記。情報追加されましてね。以下転載。

8月30日(土)
13:00~【GREAT AMERICAN STANDARDS】
* 上原ひろみ & 熊谷和徳
19:00~【DRAMATIC NIGHT】
* 上原ひろみ~HIROMI'S SONICBLOOM

わぉ。1日に2ステージっ!しかも熊谷さんとのコラボまで。
こりゃ通しチケットで参戦決定ですね。w





【SSTV】2008.05.30. 上原ひろみ SPECIAL  

20080530sstv.jpg


5月30日。スペシャ。
上原ひろみ SPECIAL キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

内容はまだ発表されていませんが楽しみでありますっ。

※ちなみに上の画像はスペシャのHPにあった写真を使って勝手にレイアウトw
 新しい宣材写真、カッコイイっすね。w





WEB MAGAZINE[ e-days ]interview 

e_days_image.jpg


いつから掲載されていたのかわかりませんが
WEB MAGAZINE「e-days」に上原ひろみさんの
インタビューが掲載されていました。

今まで上原ひろみさんが体験してきた
海外ジャズ・フェスについてのお話を読むことができます。
非常に興味深かったです。

e-daysのデザインってシンプルで読みやすいしステキだなぁ。





HERS 2008年02月号 [雑誌]  

HERS (ハーズ) 2008年 05月号 [雑誌]HERS (ハーズ) 2008年 05月号 [雑誌]
(2008/04/12)
不明

商品詳細を見る

「今、聴きたい音楽」という連載に上原ひろみさんの
インタビュー記事が掲載されています。
新作の「Beyond Standard」に触れられている
インタビューとしてはこれが初になるのではないでしょうか?

今回に限らず新作の発売前ですからプロモーションとして
今後沢山の雑誌にインタビュー記事が掲載されると思います。
ボクも出来る限り目を通したいと思っているのですが
立ち読みだとしても、さすがに全部を網羅するのは無理。
まぁ新作に対してのインタビューですから質問の内容も
同じような切り口が多いのであまり必死になったりはしません。w

で、今回「HERS」を紹介したのは
初の「Beyond Standard」に対する記事だった事と
インタビュアーが「サマーレインの彼方」の著者であり
Spiralのライナーを担当している神舘和典さんだったからです。

たぶん神舘和典さんは最も上原ひろみさんに詳しい
音楽ライターさんだと思います。

ボクは業界の事情は全く知らない素人なのでアレですが
音楽ライターという職業は沢山のミュージシャンの
沢山音楽を聴き沢山のライブに行くのだと思います。

と、いう事は一人のアーティストに限定した場合には熱狂的なファンより
CDを聴く回数やライブに足を運ぶ回数が少ないという事もママあるでしょう。
もちろんそれでも豊富な知識と鋭い着眼点で新作のレビューや
ライブレポートをファンに紹介してくれるので
非常にありがたい存在であるのは間違いないです。

ただ神舘和典さんに関しては音楽ライターとして
沢山音楽を聴き沢山のライブに行っているでしょうが
それに加えて、たぶん上原ひろみさんのファンでもあるという。w

「サマーレインの彼方」以降も上原さんがアクションを起こされるたびに
雑誌の特集などで継続的にインタビューされていますから
「上原ひろみさんに最も詳しい音楽ライター」で間違いないハズ。w

今までに神舘さんが書いた上原さんに関する記事も
かなりの数読ませていただいています。
もちろん雑誌のターゲットによっては基本的な紹介が
必要な事もあるでしょうがどんな記事にも必ず一つは
他で触れられていない情報が入っている。w

「HERS」でのインタビュー記事も1ページなので
立ち読みでも充分押さえられますが今知りたい情報が
しっかり押さえられていますのでオススメです。
本屋に行った際には「HERS」を後ろから5枚めくって
記事を読んでみてはいかがでしょうか・w

ネタバレになりますが自分メモとして記事内に
「上原さんがリスナーとして聴いている音楽」
として紹介されているCDをあげておきます。
(詳細は雑誌の記事を読んでください。)

ナイト・トレインナイト・トレイン
(2007/11/21)
オスカー・ピーターソン・トリオ

商品詳細を見る

・バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1955年モノラル録音
・「ウッドストック」オリジナル・サウンドトラック

--
ちなみに新作の「Beyond Standard」のライナーは
神舘和典さんが担当されているとの事ですので
個人的にライナーも楽しみにしています。

--
そして初回盤のDVDはSSTVで放送された映像と聞いてガッカリしつつ
ライブDVDの単独発売への期待が膨らみました。w





熊谷和徳 / Tap Secret ~アメリカは午前2時~ 

080409kaz.jpg

以前、上原ひろみさんとのコラボライブで観た熊谷和徳さん。

熊谷さんのパフォーマンスは何度かTVで拝見していて
その素晴らしさにコラボライブよりずっと以前から
いつか生で一度観てみたいアーティストの一人でした。

図らずも上原ひろみさんとの共演でその思いは
果たせたのですがやはり熊谷和徳さん自身の公演を
一度は観てみたい。という事で今回の参戦。

今回の「Tap Secret」という公演は2日連続の
公演だったのですがサブタイトルが日ごとに違っていて
4/8 ~アフリカは午後0時~
4/9 ~アメリカは午前2時~ となっていました。
公演情報の詳細がなかったのでググってみた所ご本人のコメントが。
--
 今年に入ってセネガル、NY、東京と見て来た、
 経験して来た『今』を伝えたいとおもいます。
 自分自身のこれからの通過点やプロセスも
 未完成でも見せていこうというコンセプトで、
 よりLIVEな感じでみなさんとの
 コミュニケーションがとれたらと思っています。
 ぜひぜひお楽しみに。
 円形劇場と言う自分の思い入れの深い場所で
 お会いするのを楽しみにしています。
(Official blog より引用)
--
なるほど。

ボクが参戦したのは~アメリカは午前2時~。

東京は午後7時。


感想文を提出いたします。
--
ホントに観に行って良かったです。
素晴らしいパフォーマンスでした。

青山円形劇場。
初めて行ったのですが想像以上に小さい箱でビックリ。
ちゃんと数えていませんが舞台を囲む客席は
多分5列ぐらいまでしか無かったと思います。

kazさんのソロからの幕開け。
(↑愛情と敬意をもって今日はこう呼ばせてもらいます。w)

2本の足から放たれるビートは
時には切り裂くような鋭さで
時にはささやくような優しさで
いろいろな表情をみせながら
PAを通す事無く生で会場に響き渡り
鳥肌ものでした。

次にベース・ギター・サックス・トランペットの
バンドとのセッションに。
kazさんはタップダンサーであるのはもちろん、
ドラムでありコンダクターでありボーカルでもある。
(ボーカルってココでは実際には歌ってませんが・w)

中でも素晴らしかったのは
Englishman in New York

正確な歌詞の内容は知らないのだけれど
異国で自分らしく生きる日本人。
Japaneseman in New York などと想像してしまった。

時折街並みを歩いていく振りなどが入っていて
もの凄く情感のこもった豊かなパフォーマンスでした。

以降の展開は・・・もう説明不能です。w

kazさんサービス精神旺盛すぎます。ww

どこからがアンコールと数えたらいいかわかりませんが
トリプルアンコールの次は何というのでしょう??
このステージはいつまで続くんだと。w


しかし1つだけ絶対に触れておきたいパフォーマンスがあります。
それは長いMC明けに披露されたソロでのパフォーマンス。
--
もしかしたらボクの思いこみかもしれないので
以下の話は話半分に読んで欲しいのですが・・・
--
MCではアフリカからアメリカに連れてこられた黒人が
奴隷船の甲板で足を踏みならしたことがルーツである事や
映画「タップ」の話を交えながらショービジネスの表舞台に
ホンモノのダンサーが出てくるまでの苦悩を語り
「命つきるまで踊り続けていきたい。」と。

もちろんそんなカッコイイ言葉もkazさんの
おとぼけ感漂うMCの中で語られたのだけれど
そのMC明けに披露されたパフォーマンスは想像を絶するものだった。

MCで話した内容をストーリーとしてタップのソロで語っていた。
甲板を打ち鳴らす絶望と希望の籠もった音。
表舞台に上がる為のオーディションでのお決まりのステップ。
グルグルと回り続ける日々。それでもタップを踏み続ける。

このソロの途中何度も拍手が送られるシーンがあったが
個人的にはこのパフォーマンスの途中には拍手は不要だと思った。
確かに技術的・体力的にも難しい事をやっているシーンでの拍手だったが
ボクが(勝手にw)観ていたそのシーンは大きな苦痛や絶望と
必死に格闘する姿に見えたからだ。

途中ステージ上のテーブルが倒れてしまったり
足下の照明を踏んでしまうという純粋なアクシデントがあったが
ボクに見えていたストーリーをより際だたせる様な効果になった。

最後。超高速ステップを延々と踏み続けるkazさんの姿に泣きそうだった。

その後、バンドのみで演奏がしばらく続いたのだけれど
このソロ終わりの所。ステージの端で唯一kazさんが座ったシーン。

限界まで踊り続けたこのシーンは苦難を乗り越えながら
踊り続けた多くのレジェンドを表現したのだと思うけれど
「命つきるまで踊り続けていきたい。」との決意表明にも思えた。

また機会があったら是非kazさんのステージを観に行きたいと思いました。


--
余談ですが
Spain を演奏したシーンがあったのですが
例のあのフレーズに来たので思いっきり手拍子しようとしたら
手を叩いたのが自分だけで思いっきり浮いてしまったのはナイショです。ww
あのフレーズは手拍子しちゃうよねぇ。ww
--
さらに余談ですが
昨日の公演には上原ひろみさんが観に来られていたようです。
ひろみさんご本人も何かで(雑誌かな?)熊谷さんとは
これからも何かの形で共演していきたい。と言っていたので
是非またお二人のコラボライブやって欲しいです。

ちなみに急遽決定したライブということでチラシやポスターなどはなかったようです。
上の画像は別の公演の写真を使って勝手につくっちゃいました。w


2008.04.09.
熊谷和徳 / Tap Secret ~アメリカは午前2時~
@ 青山円形劇場

熊谷和徳(Tap)
塩田哲嗣(Bass)
太田剣(Sax)
類家心平(Tp)

special guest
Shiho(Vo)



--
Hoofin' Is My Music Dance 4 Freedom
熊谷和徳さんご本人のblogです。公演後のコメントが掲載されています。
またコチラのエントリーで公演ようすが写真で掲載されています。





Radio出演だそうです。 

珍しく真面目に仕事しています。激眠いっす。w

そんな中、上原ひろみさんのメルマガでラジオ出演の情報。
--
4/9(水)11:30-14:00 TOKYO FM「ONCE」
--
生出演との事です。
武道館前だから「Duet」の話題がメインかなと思いますが
新作から何か1曲でも聴けるといいなぁ。
録音出来ればいいんですがウチ音も悪いので・・・
今からラジオ付けたまま寝ます。w
--
あと「英語でしゃべらナイト」に出演されるらしいですよ。
(sauce : 押切もえさんのブログ・w)


--
--
つーことで、番組開始寸前に寝おちしましたがw
奇跡的に上原ひろみさんの登場で起きる事ができました。

冒頭BGMでかかっていたのは時間切れ(Time's Up)になってない
「朝日の如くさわやかに」おぉ新譜の音源っっ!! 
世界初オンエアとの事です。すげっ!

他「キャラバン」「上を向いて歩こう」を放送していました。
あぁ発売が待ち遠しい。早く全部聴かせて欲しい。。。
どんどん期待が加速していきます。w

ちなみに以前のエントリーで紹介したようつべ映像は
「上を向いて歩こう」のソロ部分でFAでよさそうです。w

武道館の話題では
「チックに私が驚かされるのはあたりまえの事だけれど前回の共演で
 心にメモした事があるので少しでもチックを驚かせたい。」

との事でした。その会話のなかでは擬音に
「ギョッ」という言葉を使っていたので
これまた楽しみでありますっ!

--
これでゆっくり寝られる・・・ならいいのですが
本日予定がありましてこれから外出。w