CHICK COREA DUET with HIROMI UEHARA @ Blue Note TOKYO 

07CHICKxhiromi_BN.jpg


-CHICK COREA Rendezvous in TOKYO-と銘打たれた
チック・コリアの公演の第一弾となる
DUET with 上原ひろみ をBlue Note TOKYOにて観てきました。

感想文を提出いたします。
--
毎度恒例の感想でアレですがw
とにかく素晴らしいライブでした。

チック・コリア×上原ひろみ という組み合わせは
昨年の「東京ジャズ2006」での息を飲むような
壮絶インプロビゼーションバトルが記憶に新しいのですが
今回のライブではまた新しい側面を観ることができた。
そんな感想を持ちました。

個人的な印象ですが「東京ジャズ2006」で観たときよりも
リラックスして聞くことができました。

これは決して「どちらが良かった」という事ではなく
「東京ジャズ2006」の時の(キット本人達も)いつ終わるのかすら
解らない状態でのインプロ全開のライブでは
聴く方も終始、前のめりにならざるを得なかったのに対して
今回は曲の展開が明確だったのでオーディエンスも
リラックスしたり、前のめりになったりと
楽しめたのではないかと思います。

これは憶測の域を超えませんが
前回に比べてリハーサルの回数が多かったのか
ある程度決め事を多くしておいたのかという所でしょうか?

しかしソレもコレもあくまでも「前回と比べたら」という前提で
その演奏はやはりインプロビゼーション満載。
ピアノを通しての会話そのもので
むしろより自由度が高くより伸びやかになった。
そんな風に思える素晴らしい演奏でした。

そしてチック師匠の懐の深さと言ったら圧巻です。
ひろみさんを自由奔放に走りまわらせつつ
いたずらでお茶目な笑顔でひろみさんを煽ったりする。w
ホントに楽しく素晴らしいライブ体験になりました。

さらにチック師匠の懐の深さを感じ、私にとっての事件は
・OLD CASTLE, BY THE RIVER, IN THE MIDDLE OF FOREST
・PLACE TO BE
・DEJA VU
の3曲の選曲。(もちろん演奏も素晴らしかった)

これは上原ひろみさん作曲の曲。
当たり前の事ですがJAZZではスタンダードと言われる名曲があり
様々な人に愛され様々なミュージシャンに演奏されています。
「テロレ~ン」という導入だけでボクも歓喜してしまう
チック師匠の「SPAIN」も多くの人に演奏されていますが
私の最もリスペクトする上原ひろみさんの曲を
チック師匠が共に演奏する。コレは事件ですっ。

JAZZ初心者であるボクにとっても
JAZZ通のひろみさんファンにとっても
上原ひろみさん作曲の曲にチック師匠の息吹が吹き込まれ
曲が新しい表情を見せるその瞬間に立ち会ったという事は
大事件だと思うのです。

「DEJA VU」に関しては矢野顕子さんとのコラボでも演奏され
その新しい印象に驚かされましたが
今回もまた別の表情を見せた新しい「DEJA VU」。

上原ひろみさん作曲の曲が将来スタンダードとなるかどうか。
「SPAIN」のように多くの人に演奏される曲になるか。
それは現在未知数です。
上原ひろみさんの曲はホントに素晴らしいし大好きですが
現在活躍する数多くのミュージシャンの作る曲の中から
現在存在しこれからも愛され続けるであろう
数多くのスタンダードに新たに加わる事。

これは「楽曲が良い」という事以外にも
非常に多くの要素が重なり会わなければ
実現する事が出来ない「奇跡」なのだと思います。
しかしながら
上原ひろみさんの作る曲から、
上原ひろみさんの音楽に対する真摯な姿勢から、
ボクはいつかその「奇跡」が起こる予感を感じます。

そんな気がします。


デビュー前の共演から10年後
「東京ジャズ2006」でプロとしての競演。
そして1年後の今回の公演。
また時を経てこの二人のDUETを観てみたい。


--
と、話は変わり間抜けな出来事。

Blue Note TOKYOは今回初めてだったのですが
開演前にビールを飲み過ぎまして1st Setの終盤に
どうしてもトイレに行きたくなったのです。
他の方の迷惑にならないよう曲の間に行ったのですが
偶然その曲が最後の曲だったらしく
トイレから席に戻ろうとしたらスタッフの方に
「アーティストが通りますのでしばらくお待ちください」と。
アンコールに応える為にステージに戻る
チック師匠とひろみさんが目の前を通る。
「ご協力ありがとうございました」とスタッフ。
「え?もういいの?」と思いつつ歩を進めると

スタッフ→チック師匠→ひろみさん→スタッフ→オレ w

アンコールを求める大喝采の中、視線を浴びながら
歩き続ける勇気はなく一端引き返したのは
言うまでもありません。w

まぁこのタイミングのおかげでトイレに立ったものの
幸い演奏は全て観る事ができました。w


2007.09.26.
CHICK COREA DUET with HIROMI UEHARA @ Blue Note TOKYO

-1st set-
01. WINDOWS
02. OLD CASTLE, BY THE RIVER, IN THE MIDDLE OF FOREST
04. PLACE TO BE
05. CHILDREN’S SONG

EC1.BOLIVAR BLUES
EC2.Spain

-2nd set-
01. Very Early
02. Summertime
03. Deja vu
04. How Insensitive
05. Humpty Dumpty

EC1.Bolivar Blues
EC2.Spain

上原ひろみ Live Report Index
--
MCでチック師匠がふれていましたが1月にライブCDとして発売されるそうです。
初回盤にDVDが付くようですので気になる方は初回盤を購入をオススメします。

デュエット(初回限定盤)(DVD付)デュエット(初回限定盤)(DVD付)
(2008/01/30)
チック・コリア&上原ひろみ

商品詳細を見る