Entry Navi - Archives

 2006年03月 

はじめてのやのあきこ 

hajimete.jpg


矢野顕子さんのベスト・コラボレーション・アルバム。
書き下ろしの新曲一曲とセルフカバーで構成された
ベストアルバムであり、一曲のsolo以外は各曲毎に
Guest Artistを迎えたコラボレーションアルバム。

下記の収録曲の通りいろんな人達とのコラボですから
人それぞれに好き嫌いがあるとは思います。
実際ボクも「コレは無くてもいいんじゃね?」と思う曲もあります。
(敵を作りたくないのでどれかは言いません。w)
しかし豪華なゲスト陣でのコラボレーション。

ボクにとってはアルバムのタイトル通り
初めて購入した矢野顕子さんのCD。w
(余談ですが同時に「ピヤノアキコ」も購入。)

上原ひろみさんが登場しているのは
T7 「そこのアイロンに告ぐ」。

元の曲もジャズテイストの曲だった気がしますが
saxとのセッション曲だった記憶があります。
もちろんこのアルバムではツインピアノでのアレンジ。
疾走感のあるソロを挟んでの素晴らしい演奏。

ファンのひいき目な感想ではありますが・w
このアルバムに収められているコラボの中で
最も熱くスリリングなセッションだと思います。

ちなみにこの「そこのアイロンに告ぐ」は
Jammin' The Piano Sessionでライブ演奏されました。

あと、ジャケットのアートワークも素晴らしいです。

はじめてのやのあきこ

1. 自転車でおいで(Guest 槇原敬之)
2. 中央線(Guest 小田和正)
3. PRESTO(Acoustic Version)(Solo)
4. ごはんができたよ(Guest YUKI)
5. 架空の星座(Guest 井上陽水)
6. ひとつだけ(Guest 忌野清志郎)
7. そこのアイロンに告ぐ(Guest 上原ひろみ)



はじめてのやのあきこはじめてのやのあきこ
(2006/03/08)
矢野顕子槇原敬之

商品詳細を見る


上原ひろみ CD Review Index