Entry Navi - Archives

 2005年12月 

SPIRAL TOUR@ステラボール 12/3 

051203Spiral.jpg


NO MUSIC, NO LIFE と言うのは少々おこがましい気がする
音楽にうとい私が唯一新譜のリリースを心待ちにしている
アーティスト上原ひろみさんのライヴに行って来ました。
去年は情報を仕入れるのが遅かったため残念ながら
チケットGET出来なかったので一年越しの念願のライヴ。

感想文を提出いたします。
--
お年寄りから子供までホントに幅広い年齢層のお客さんで驚いた。
私の斜め前にはハンチング帽をかぶった老紳士が座っていた。
キット昔はジャズ喫茶に通っていたに違いない。と勝手な推測。w
一曲目「KUNG-FU WORLD CHAMPION」とても激しい曲なのだが
老紳士は首を横に振りノリノリであった。カッチョイイっす。
首の角度から推測するにキット目はつむっていたはず。ww

--
ライヴ。
とにかく凄かったですっ!ホントに凄かったですっ!
あんな小さな娘さんのどこからあのパワーが出てくるのか?
ピアノを弾く彼女の後ろ姿は自ら奏でるグルーブに揺れ動き
まるでダンスを踊っているかのように美しく感動的だった。

どの曲も素晴らしくあげればキリがないのだけれど
2曲目「SPIRAL」という曲。
そのタイトルに偽り無し。3人で奏でられる音楽は
映画や演劇を見ているような感覚に襲われる
とても壮大でドラマティックなパフォーマンスだった。

そして2曲目に披露されたこの曲が
このライブ全体を象徴するパフォーマンスのように思った。
舞台上で台詞を交わす役者のように音を生み
呼吸するように答えていく。

そしてライヴが進むにつれ客席との一体感が
育っていくかのようにどんどんステージ上の
3人との距離が縮まっていくような感じがした。
他の人達が同じように感じたのかは
確認のしようが無いのだけれど
ヨメに聞いたところ同じように感じたそうなので
私独りだけの思いこみでは無かったようだ。


とにかく素晴らしいライヴを体験してきました。
今からいつになるのかわからない次回のチケットが
無事取れるかドキドキし始めています。w

--
年功序列が守られれば上原ひろみさんより
僕の方が先に死ぬ事になる。
そう考えると一生涯、新譜・ライブを楽しみに出来る
アーティストがいる事をとてもうれしく思う。

僕もいつかあの老紳士の様にカッチョよく
ノリノリできるでろうか?

2005.12.03.
SPIRAL TOUR@ステラボール

- 1st set -
1.Kung-fu World Champion
2.Spiral
3.Big Chill
4.Old Castle,by the river,in the middle of a forest
5.If...
6.Love & Laughter

- 2nd set -
Music for Three-Piece-Orchestra(7~10)
7.Open Door-Tuning-Prologue.
8.Deja Vu
9.Reverse
10.Edge
11.Returrn of Kung-fu World Champion

EC1.Green Tea Farm
EC2.Dancando No Paraiso
EC3.Summer Rain

上原ひろみ Live Report Index