モーツァルト/歌劇『フィガロの結婚』 ~庭師は見た!~ 

figaro1-1.jpg

別ブログに書いた感想ですが音楽ネタでもあるので
少々加筆してコチラにもペタリ。
(このブログネタが無くて中々更新出来ないので…)

----
まず最初にワタクシ、オペラリテラシー0でございますので
素人の思い込み・勘違いもあるかと思いますがご了承を。


野田秀樹氏の演出による公演という事で
野田ファンとして観に行ってきました。

結果を先に書いてしまいますと
想像を遙かに上回る素晴らしい内容でした。

そして2004年に観たオペラ「マクベス」の評価を
下方修正しなければなりません。

2004年の「マクベス」というのは
新国立劇場で上演された野田秀樹氏演出によるもの。
当時はブログを書いていなかったので感想を書き残していない。

もちろん10年以上前の公演の内容を事細かに
覚えている訳ではないのだけれど
それでも今回の『フィガロの結婚』とは
明確で大きな違いがありどうしても比較してしまう。

2004年の「マクベス」の感想は
「随所に野田秀樹氏らしい演出が盛り込まれた~」というものだった。
この感想はともするとポジティブな評価に思えるかもしれない。
実際、当時のボクの率直な感想は絶賛とは言わないまでも
好意的な感想を持っていたと思う。

ただ今改めて思うのは「随所に~」という部分。

そもそもシェークスピア劇であるマクベスは
野田演出とも、普段オペラを観ない野田ファンとも
相性が良いだろうと思っていたのだがさにあらず。

ヴェルディの手によって「歌劇」となった「マクベス」。
当たり前の事だがアリアを含めた音楽部分にはテンポがある。
そして演じるのは身体的な激しい動きを要求するのは難しいオペラ歌手。

それらの要素の取り除いてしまっては
ストレートプレイの「マクベス」になるので
オペラのオペラたり得る部分には手が入れられない。

つまりヴェルディ/歌劇「マクベス」という
既に屋台骨が組み上がっている所に
「いかに手を入れられるのか」という挑戦であったように見えた。

そしてその挑戦した結果はボクには失敗には見えなかったし
「随所に野田秀樹氏らしい演出が盛り込まれたオペラ」という感想。


しかし今回『フィガロの結婚』を観た後では
当時の観客としてのボク自身に
「オペラとはこういうものなんだろうな」という
根拠の無い既成概念があった事を痛感させられた。


本作「フィガロの結婚」は

「これは野田秀樹の演出によるオペラだ。」

と、言い切っていい内容だった。

モーツァルトによる歌劇『フィガロの結婚』は
既に組まれた屋台骨ではなく、あくまで設計図であって
組み立てそのものが野田秀樹氏によるできあがり。


何が一番違うのかといえば芝居としてオモシロイ事。


『フィガロの結婚』は喜劇ではあるものの
少なくても(いわゆる)オペラとしての公演、
特に言語の違う日本での公演ではその筋立ての
面白味を感じたとしても観客席から実際の「笑い声」が
起きる事はないのではないかと思う。(←憶測

本公演では何度も客席から笑い声が起こり
時に爆笑が起こる場面もチラホラ。

つまり演出の力で「音楽」劇としての面白さを超え
音楽「劇」へと変貌させ、芝居としての面白さを
十二分に引き出した「オペラ」になっていた。

その手法で大きく目を惹いたのは2つ。

一つは日本語による上演部分。
今回は字幕付き公演であったのだけれど
表示される字幕自体が野田秀樹氏によるもの。

セリフ・歌唱部分に関しては
舞台を黒船の時代の日本に置き換える事で自然な形で
伯爵らの外国人キャストはオリジナルのイタリア語でありながら
日本人キャストの歌唱部分は日本語に作り変えられた。

この効果は絶大でオペラを観賞するという域を超えて
芝居の流れの一部として歌詞をとらえる事ができるようになり、
物語の停滞を極力少なくする事に成功していた。

そしてセリフ・歌詞には野田秀樹流言葉遊びが折り込まれている。
理解できる言語(日本語)で思いも寄らない歌詞が飛び出てくるので
笑いが起こるという構図を作っている。


もう一つは舞台上での演出そのもの。

装置や道具の使い方はもちろんの事
演じている俳優の身体性を存分に活かした演出は
通常のNADA・MAP公演の演出思想となんら変わる事が無い。

演劇アンサンブルパートの参加という要素は大きいにしても
主要キャスト、オペラ俳優陣が身体性を駆使した演技をしていた事で
このオペラに芝居として勢いと魅力が産み出されていた。

特にフィガ郎(フィガロ)演じた大山大輔さんと
スザ女(スザンナ)演じた小林沙羅さんの演技は
群を抜いて素晴らしかった。

あえて難を言えば外国人キャストの3人は
その部分では少々ザンネンであった。

当日劇場で配布されたパンフレットによると
日本人キャストのワークショップは
過去に無いほどの回数だったそうです。

野田演出の特徴でもある俳優の身体性を活かした演出は
役者自ら動き出すという「考え方」がしめる部分が大きいので
後から合流した外国人キャスト組としては
仕方のない部分もあったのだろう。

また日本人キャストに関してはワークショップの回数はもとより
畑の違いや好き嫌いはあれど、日本で活動する舞台人であれば
野田秀樹を知らないハズがないわけで
その演出舞台に参加するのであれば存分に楽しもうという
素地があった部分も大きいのではないか。と想像する。


という事で野田秀樹演出による
モーツァルト/歌劇『フィガロの結婚』 ~庭師は見た!~は
従来のオペラの美しさに芝居本来の物語の面白さの
融合に大成功した舞台であったと思います。

その事は客席からわき上がる笑い声や
終演後に贈られた会場が割れんばかりの拍手が証明したと思う。


冒頭に書きましたがワタクシ、オペラリテラシー0です。
従来の(と、一括りにするのは間違いだと思いますが…)
オペラの楽しみ方、美しさがあるのは重々承知しております。

しかしこういうオペラがあってもいい。

そんな風に思いました。

かつて野田秀樹氏が歌舞伎座に乗り込んだ
「野田版・研ぎ辰の打たれ」を観たときに感じたのと
同じ種類の感動が今回の『フィガロの結婚』にもありました。


最後に
野田秀樹ファンとしての感想を書きましたが
野田秀樹氏を理解・信頼し演出に迎えた
指揮・総監督である井上道義氏の存在無くしては、
その演出を体現してみせてくれたオペラ俳優の方々がいなければ、
決して実現する事は無かったと舞台であると思う。


いち野田ファンとしては
野田演出のオペラをみせてくれた事に
ただただ感謝。感謝。である。


次の野田芝居は来年の「逆鱗」を観に行きます。
その感想はまた別ブログにて。


< 井上道義×野田秀樹 >
二人の鬼才が放つ、新『フィガロの結婚』。
誰も見たことのない新しいオペラの幕が開く。

全国10都市13公演で開催される、音楽界と演劇界の夢のコラボレーションオペラ。
野田秀樹がモーツァルトの名作オペラに真っ向から挑みます!

--------------------------
全国共同制作プロジェクト
モーツァルト/歌劇『フィガロの結婚』 ~庭師は見た!~新演出
(全4幕・字幕付 原語&一部日本語上演)

指揮・総監督:井上道義 演出:野田秀樹

出演◇アルマヴィーヴァ伯爵:ナターレ・デ・カロリス
アルマヴィーヴァ伯爵夫人:テオドラ・ゲオルギュー
スザ女(スザンナ):小林沙羅
フィガ郎(フィガロ):大山大輔
ケルビーノ:マルテン・エンゲルチェズ
マルチェ里奈(マルチェリーナ):森山京子
バルト郎(ドン・バルトロ):森雅史(春期)、妻屋秀和(秋期)
走り男(バジリオ):牧川修一
狂っちゃ男(クルツィオ):三浦大喜
バルバ里奈(バルバリーナ):コロン・えりか
庭師アントニ男(アントニオ):廣川三憲

スタッフ◇美術:堀尾幸男(HORIO工房)
衣裳:ひびのこづえ
照明:小笠原 純
振付:下司尚実
音響:石丸耕一

more





UNICORN「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」@さいたまスーパーアリーナ 

20111010_01.jpg
写真は武道館の模様

ヨメに連れられ UNICORN のライブに行って参りました。

前回参加した『蘇る勤労』ツアーの時の感想
裏切らない素晴らしいライブだったと思います。

解散後、復活して活動するバンドは多くありますが
その多くは過去を懐かしむようにファンが集い
過去のキラーチューンを披露する事が多いと感じます。
もちろんそのこと自体は悪い事ではないと思います。

しかし『蘇る勤労』ツアーを見て
UNICORN はそれら多くの復活バンドとは
あきらかに違う立ち位置にあるとボクは感じました。

そして今回『Z』と『ZII』をひっさげた全国ツアー。
セットリストを見れば一目瞭然だと思います。
もちろん解散前の曲も含まれていますが
あくまでも新作アルバムをメインに据えた
非常にバランスのとれたセットリスト。


そしていろんな意味でぶっ飛んでいました。(笑
20111010_02.jpg



高校生時代にスキだったバンド。
UNICORNと同時期に活躍していたバンドはいくつもありますが
その中でも一番スキなバンドだったUNICORN。

時を経て再びUNICORNのライブを観て考えると
やはり自分の好きだった理由がキッチリと
そこに存在しているなぁと再認識しました。

前回の感想でも書きましたが
真面目に不真面目をやるバンドとでもいいましょうか。

J(S)WやBOOMに比べると
(↑キライではありません。むしろスキでした。誤解無きよう。)

やはりUNICORNのイメージと言えばハズシ系といった感じでしょう。
スタイル無きスタイルとでもいうのか解散前の活動では
バンドイメージが固定化される事を避けている節も感じました。

しかしそのハズシを実践するには裏付けされた技術も必要なわけです。
メンバー全員がそれぞれが作詞・作曲をしボーカルをとる事や
自分のパート以外の楽器を演奏する事。

一つのバンドのライブでボーカルがころころと変わり
ツインボーカルは当然の事でツインドラムになったり
トリプルギターになったりと変幻自在なスタイル。

そして何より音楽について理解しているという事。
これらの要素は解散前から持ち合わせていたと思います。

それが再結成されたUNICORNでは強力にパワーアップされている。

もっともわかりやすいのは民生さんではないでしょうかね。
生意気な事を書きますがソロでの活動中に
「えらいギターがウマクなったなぁ」と思ったりしましたが
最近ではライブで全パートを一人で演奏しながら
ステージ上で一曲まるまる作り上げるという
宅録再現のようなチャレンジもしていますし。

この日に披露されたドラムソロも圧巻でした。
(それに負けない本職・川西氏のドラムも凄かった)

とにもかくにも

UNICORNは今を走っているバンドなんだZ

という感じです。(笑)最高でしたっ!

2011.10.08
UNICORN「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」
@埼玉・さいたまスーパーアリーナ Setlist

SE. オレンジジュース(イントロ)~メダカの格好(イントロ)~ライジングボール(間奏)
01. ライジングボール
02. 頼みたいぜ
03. ハヴァナイスデー
04. 手島いさむ物語
05. BLACKTIGER
06. WAO!
07. Maybe Blue
08. いちじく
09. 水の戯れ~ランチャのテーマ~
10. レディオ体操
11. パパは金持ち
12. 君達は天使
13. メダカの格好
14. ブルース(RAP ver)
15. さらばビッチ
16. オレンジジュース
17. HELLO
18. Z LIFE
19. 大迷惑
20. デジタルスープ

EC1---
21. 手島いさむ大百科(DJ TESHIMA)
22. SAMURAI 5

EC2---
23. 晴天ナリ
SE. ぶたぶた


セットリストはよそ様のブログより拝借





RON CARTER -Golden Striker Trio-@ Blue Note TOKYO 

20110618.jpg

ひきこもり生活が続いている中こんな事ではいかんっと
不意に思い立ち「ここではないどこかへ」と(←おおげさw
でかける場所を探していたらBlue NoteにRON CARTERが
来ているではありませんか。

うひひっ一人でウマイものを食ってやる。
などと息巻いて予約の電話を入れてみましたが「満席です。」と。
開場時間にかけたのであたりまえかぁ。

ただ通路に椅子を出すテーブル無しの席ならご用意できます。
との事だったのでこれはラッキーとゴハンはあきらめて
予約させてもらいました。

なにやらこの席は開演20分前のから入場なのだそうです。
どこの場所だか知っていましたがアソコの席が
そういったシステムになっていたとは知らなかった。

まぁ今日は気楽なもんで席もおおよそ決まっていますから
別にあせる必要も無くフラ~ッと行ってギネス片手に
まったり楽しむというある意味セレブコース。(笑
「開場の何時間も前から並ぶなど小僧のする事。」(←いつものオレだよ。w
と、若干負け惜しみ的なマインドで(笑)開演10分前に到着。

受付を済ませて開場に入っていくと
案内してくれるおにーさまが
「あの、奇跡的にアリーナの1番前のテーブルで
 一席開きがありまして。。。」
若干くいぎみに「じゃっソコでっ!」

ウヒョ~。
いつも何時間も並んで座っている位置とかわらないっす。
お一人様が少なかったんですかね?ラッキーっす。


感想文を提出いたします。
--
ってボクに感想なんて書けないのですが
レジェンド・ロン・カーターのプレイを
かぶりつきで観る事ができました。

東京JAZZ2008で
ハンク・ジョーンズさんと(お亡くなりになりましたね。残念です。)
オケとの共演で一度拝見した事はあったのですが
アレはかなり特殊な公演でしたから初めてと言っていいと思います。

今日はベース・ピアノ・ギターのトリオ。
ボクはドラム無しのトリオは初めてかな?

前述の通りボクにはうまく感想かけませんが
上記のライブの写真の通りの空間でした。

演奏は演奏者の人柄が反映されると思います。

ロン・カーターさんの演奏する姿勢は
ビシッと背筋が伸びていて美しいんですよね。

そのお姿の様にビシッと一本のスジが通ったような
揺るぎの無いロン・カーターさんベースを中心に
柔らかい布が広がるようにギターとピアノが
彩りを加えていく様な演奏。

開場には何か別のゆったりとした時間が
流れているような素晴らしいステージでした。

なんかもの凄く長い時間楽しんだような気がしましたが
終演後時計を見たらまだ1時間しか立っていないのには
ビックリしました。


なんか特等席で見せて貰ったのに
抽象的な感想しか書けなくてサーセン。
まだまだ小僧なもんで。。。


2011.06.18.
RON CARTER
-Golden Striker Trio-
featuring Russell Malone & Mulgrew Miller

ロン・カーター
-ゴールデン・ストライカー・トリオ-

6.18sat.
 [1st]Open4:30p.m. Start6:00p.m.

01.LAVERNE WALK
02.CEDER TREE
03.CANDLE LIGHT
04.MY FUNNY VALENTINE
05.SOFT WIND
06.BAG'S GROOVE

Ron Carter(b)
ロン・カーター(ベース)
Russell Malone(g)
ラッセル・マローン(ギター)
Mulgrew Miller(p)
マルグリュー・ミラー(ピアノ)






CHICK COREA TRIO @ BlueNote TOKYO 12/12 1st 

20101212.jpg

観たいなぁと思うアーティストは年末にやってくる。
年末と言えば毎年恒例の上原ひろみ祭りがあり
日程的に重なっていなくても予算的な意味で
自重してしまうのですが今回はっ!

感想文を提出いたします。
--
念願のトリオでのチック・コリアのピアノを堪能してきました。

想像通りいや想像以上に素晴らしかったです。
どんなピアニストも楽曲によっていろいろな表情を見せるのですが
あえてチック・コリアのピアノを形容するなら
メロディアスなのに歯切れが良い。という感じでしょうか。
どんな曲でも基本的にはポジティブなイメージに展開していきます。

実は今日演奏された曲は1曲も曲名がわからなかったのですが(←失格w
(熱心なファンの方にはかないませんが結構CD持っているんですが…)

ボクの持っているチック師匠のイメージからすると
かなりオトナのイメージの艶やかなステージ。

しかしアイディア溢れるフレーズや遊び心はいつも通り。
ホントに素晴らしいライブでした。

音楽的な遊び心とは別にベースソロで
クリスチャン・マクブライドが目をつぶって
入り込んで演奏している時にピアノから離れ
彼の背後に隠れて
「ソロ抜けて目を開けたらチックがいねぇっ」みたいな(笑

そんな所も含めてホントに好きです。


特筆したいのは
ドラムのブライアン・ブレイド。
この人ホントに素晴らしかった。
今まで生で聴いたことのあるドラマーで一番好きかも。

音楽素人が生意気にも感じた事を説明しますと
ドラムって音の強弱で表情を付けますが
どの音量帯を基準(メイン)に演奏するかというのは
個性であり人それぞれだと思うんです。

で、ブライアン・ブレイド。
この人のメインでプレーする音量帯は激烈小さいんです。
そこからさらに押さえた音を出したりします。
故に最小音量から最大音量までの振り幅が大きいので
非常に表情が豊かで聴いていてとにかく楽しい。

特にブルーノートという空間、クラブサイズでの演奏
でその魅力が最大化するタイプのドラマーだと感じました。

本当に素晴らしいライブに感謝。

今日もちょっと早めに行ったのですが
もろもろの事情で1st setのみの参戦。
ブルーノートの美味しい料理で夕ご飯を食べて
素晴らしいライブを堪能し早い時間に帰宅。
これはこれでなかなかいいものですね。

しかし正直後ろ髪引かれる思いで帰ってきました。(笑

う~ん今回は事情があったので仕方ないのですが
やっぱ2ndも観たかったなぁ。


あっあとチック師匠めっさやせてましたっ!
事前に観た映像や写真でやせたのは知っていましたが
生でみたらもの凄い変貌ぶり。
ボクも見習うべきかなぁ。と思いました。

CHiCK COREA TRIO
featuring CHRISTIAN McBRIDE & BRIAN BLADE

2010.12.12.sun.
 [1st] Open4:30p.m. Start6:00p.m.

Chick Corea(p)
チック・コリア(ピアノ)
Christian McBride(b)
クリスチャン・マクブライド(ベース)
Brian Blade(ds)
ブライアン・ブレイド(ドラムス)





NONA REEVES 2010 @ Billboard Live TOKYO 1st & 2nd 

昨日はヨメに誘われてNONA REEVESのライブを観に
Billboard Live 東京へ行ってきました。

NONA REEVESの存在は知っていたのですが(もちろんヨメを通じて)
音源を一度も聴いたことはなくむしろVo.西寺郷太氏の
『小沢一郎・マイケルジャクソンほぼ同一人物説』を知っているという。(笑
--
念のためフォローですが西寺郷太氏は日本で一番マイケルに詳しいアーティストの1人で
もちろん真面目にリスペクトしていて「マイケルを研究し実践する」と語っている方です。


あと知っている事と言えば

目を閉じて聴けば美少年の歌声
しかし見た目は小籠包のような顔 という(笑
(小籠包はピピエール瀧さんの言葉です郷太氏本人がMCで言っていました。)

まぁそんな知識0のボクですがヨメがライブに行く
アーティストの中では楽曲やスタイルが(マイケルの件も含め
一番ボクに向いているだろうという事で
珍しく「一緒にどう?」と誘われました。

僕自身かねがね聞いていた話で多分好きだろうと思っていたし
ヨメにはいつも上原ひろみさんのライブに付き合ってもらっているので
「おっしゃ行くかっ」と。チケット入手後のヨメの一言。

「いやぁBillboardでゴハン食べると高いからさぁ~」

・・・ヨメよ。オレはスポンサーという事か。。。

まぁそんな前日談はさておき
トウシロのボクがセットリストを書ける訳もありませんし
内容を語っても説得力もないのですが一言だけ



スゴク良かったです。

特にマイケルのカバー曲を1曲披露したのですが
その後はアゲアゲ展開はまさに神展開で鳥肌ものでした。


「マイケルを研究し実践する」の言葉に偽りなし。

とりあえずヨメにCDを借りようと思います。