上原ひろみ with 新日本フィルハーモニー交響楽団 クリスマス特別公演 

20151224.jpg
Source of photo : Official blog

チケット先行がことごとくハズレ続けました。

どんなに観たい公演でもアーティスト・主催者には
全くメリットが産まれないので絶対にプレ値で
チケットは買わないと決めているので完全に諦めていました。
ところが滑り込みでチケットを定価で譲っていただきました。

ホントにありがとうございます!


感想文を提出いたします。

経済的にも全国追いかける事はできませんし
関東での公演でも随分と見る回数の減ったワタクシですが
セミ上原ひろみウォッチャーとしては
こういういつもと違う形式の公演は観ておきたい所。

冒頭に書きましたが滑り込みで
チケットを譲っていただき感謝感激での参戦でございます。

本公演は調度6年前、2009.12.24. に行われた公演の再演。
上原ひろみさんの楽曲をご自身でオケアレンジした形で
オケとの共演演奏を聴くという企画公演。

その意味においてはよく知っている上原ひろみさんの曲を
わかりやすく全く違う形で聴く事ができる。


1st 2曲目に披露された Reverse のスリリングな展開を
圧倒的な迫力でのオケアレンジ・演奏は鳥肌モノでした。

2nd 2曲目のオーボエが主旋律を歌い
ストリングスとピアノで紡がれる Place To Be も素晴らしかった。

あまり語られる事がありませんが「オリヲン座からの招待状」の
サントラに収録されている「Place To Be(ストリングス・ヴァージョン)」は
ピアノが入りませんが上原ひろみさん自身がディレクションされている
素晴らしい演奏が収録されているので必聴です。
(直接ボクの知り合いの人ならお貸しします。)

そして当初からオケを念頭に書かれた Step Forward。
ピアノコンチェルトとして素晴らしい作品だと思います。

何曲か6年前のセットリストと変わりましたが
EC.でまさかの MOVE には驚かされました。

会場は大変盛り上がっていましたし終演後のロビーでも
称賛の感想に溢れていたので大成功だったと思います。

ボク自身もとても楽しかったです。


ただ少し思った事もあるので more の方に追記します。

ボクと違う感想の方も沢山いると思いますので
余計な感想は読みたくないという方はココでお別れという事で。

2015.12.24.
上原ひろみ with 新東京フィルハーモニー交響楽団
クリスマス特別公演 @すみだトリフォニーホール

--1st set--
1. Brain Training
2. Reverse
3. Warrior
4. The Tom and Jerry Show
5. Spiral

--2nd--
6. Legend of the Purple Valley (Orchestra)
7. Place To Be
8. Desert On The Moon (Piano Solo)
9. Choux a la creme (Piano Solo)
10. Step Forward
     Step Forward 1
     Step Forward 2
     Step Forward 3

EC1. CHRISTMAS MEDLEY
EC2. MOVE

EC3. SEEKER (Piano Solo)



--
ライヴの様子は下記のサイトでも紹介されています。
--
Bagus日記[ uzazo's friend blog ] 
とても気が合います。過去にも何度かありましたが
久々の「オマオレ感想」に驚きました。w





上原ひろみ Live Report Index




さてさて、追記分です。

今日家を出る前に知人とメールのやりとりをしていまして
「uzazoの6年前の公演の感想読んだZE」と。

大体どんな感想だったかは覚えていたのですが
久々に6年前の感想文を読んでみたんですわ。

めっちゃ辛口過ぎで冷や汗が出てきました。
「素人風情が生意気言いやがってっ!」です。

同じ事は書きませんのでどのぐらい
生意気言っていたか読みたい方はコチラから

しかしですね。

今日の公演を観てみて

「あぁあの感想、あながち間違ってないな」

と思いました。

大前提として

上原ひろみさんの既存曲を本人のアレンジの元
オケとの共演で具現化する。という企画の公演です。
その意味で「アノフレーズがこんな楽器で」とか
「アノ楽器でこんな高速パッセージを」とか
「オケでこんな複雑な楽曲を」いう楽しさは
十二分にありました。ボクも楽しかったです。


それ以上の事を求めるのは筋違いかもしれません。


でもオケ曲・ピアノコンチェルトとしては
不完全に感じる部分が結構ありました。

例えば今回、新たに演奏された MOVE。
「オケで MOVE かよっ!」という驚きはありましたし
部分部分を切り取ると「いいっ!」と思うパートもあるんですが
MOVE の特徴でもある一気にメロディアスに展開する
解放パートはアレで良かったですかね?

Spiral。素人の思い込みだとオケにあっていそうな気がします。
その思い込み通りストリングスで鳴る部分は
壮大なスケールで素晴らしかった。
でも管楽器が追加されていく部分はどうなんですかね。
ちょっとメロディと楽器が合っていない気がしましたし
明らかにプピ音が鳴っちゃっていましたよね。

ボク楽器に詳しくないですがアレって担当楽器が
一音目から出すにはキビシイ音だったんじゃないですかね。
もちろんプピ音鳴らさないスキルがあればいいんでしょうが
プロの演奏でプピ音がなっちゃうって事は
楽器の最もキレイになる音域とズレがあったんじゃないか?と
素人の勝手な憶測。

以前、音楽をやっている知人がデイヴィッド・サンボーンの演奏を聴いて
「一音目からアノ音をクリアに出すなんてあり得ない」と言っていたんで
その事からの憶測なんですが…間違えていたらスミマセン。

1stの Brain Training とか The Tom and Jerry Showの
ウッドブロックもなんか合っていないような気がしました。

兎にも角にもそういった要素がイロイロな所に感じられて
オケで(大人数で)演奏しているのに楽曲のスケールが
ソロやバンドでの演奏と比べて
小さくなっている印象を受ける曲が多かった気がします。

もちろん素人の戯言です。
でも素人が違和感を感じたというのも事実。

念の為、
先に大前提を書きましたが
大前提の部分はクリアしていると思います。
ボクが比べようとしているのは
通常のオケ楽曲でのオーケストラ公演の演奏です。

ファンの思い入れが多分にありますが
上原ひろみさんの公演は
ピアノソロであってもバンド編成であっても、
もっと言えばこれまであった数々のコラボ公演、全てが
他のどのジャンルの音楽公演に混ざったとしても
「最も体験すべき公演の一つ」だとボクは思っています。

それは上原ひろみさんのピアノソロやバンド公演と
クラシックのオケ公演を比べたとしても
決して劣る事の無いスケールと密度のある公演で
「最も体験すべき公演の一つ」という意味です。

では、本公演はどうであったか。

特定の楽曲、曲内のアル部分にはもの凄い素晴らしい響きがあっても
2時間30分のステージとして考えた時には
「他のオケの公演を観た方が感動するんじゃないか?」と思ってしまう。

本感想で上げた「Reverse」、「Place To Be」、
「Step Forward」はオケ曲・ピアノコンチェルトとしても
申し分無い仕上がりに感じましたし
バンドでの演奏を聴いた時と同じ種類の素直な感動がありました。

こういった楽曲で2時間30分が埋め尽くして欲しい。

クラシックに詳しく無いボクでも
「上原ひろみのオケ公演は
 通常のクラシックのオケ公演にも劣らない」
と断言させてしまうステージをいつか観てみたい。

これは贅沢では無いと思う。

きっといつか実現する。そう信じています。



-----
公演と関係の無い事。

ドコとは書きませんがワタクシの直近の席にいた3人組。
ボクより年上と思われるオジサン・オバサンでしたが
何アピールかしりませんが開演前から周囲の人に聞こえる様に
大声でBNTを観た事とか去年のオシャレキシ観たとか
アレがどうだ、コレがどうだ、と評論家気取りの発言をし
客電が消えてもゴニョゴニョと話続け
曲間毎に、時には演奏中にもツレと話したり
2ndでは店を予約した時間に間に合わないかも。とかいいながら
中盤から演奏中ずっと時計を見て
あげくにスマホの電源をいれ予約店の電話番号を確認したり

それよりなにより公演中、2時間30分以上
呼吸する毎に鼻スーピー鳴ら続けやがって

曲間に鼻かめっ!

そんな時間気にするなら帰れ!

トンチンカンな解説いらねぇから!

トンチンカンな解説はブログでやれ!
オレの様に!


マナーの守れない人は

死んでください。

出来るだけ長く苦しんで

死んでください。



と、キリストの再来では?とウワサされる程
温和な事で有名なワタクシが
クリスマス・イブに怒り心頭でございます。

関連記事





コメント

びっくりポンでした!
uzazoさんとご一緒できて、むしろ僕が嬉しいです^^

公演の感想も200%同感。
ひろみさんの曲がオーケストラアレンジに生まれ変わっただけでなく、
所謂クラシック、特にピアノコンチェルトと呼ばれるジャンルと同じか、
それ以上の感動が、いつか実現すると思っています。

そして、マナーですよねぇ・・・
キリストの再来とウワサされるuzazoさんでなくとも
これは怒ります!
歩く瞬間湯沸かし器と言われる僕の周囲にそういう人がいたら
どうなっていたことか^^;

どもどもです!
ギリで潜り込みました。w

感想は人それぞれですが賛否両論になりそうな内容だったと感じたのに称賛の感想しか見かけないのは意外でした。そんな中でyasuさんと同じ方向性の感想だったのはウレシイというか安心というか。w

期待値が大きいせいもあると思うんですが…
通常の上原ひろみさんのライブと同等の感動が産まれるようなオケ公演がいつか来ると信じて期待し続けたいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uzazo.blog23.fc2.com/tb.php/324-711d2c1f

上原ひろみ with 新日本フィルハーモニー交響楽団 クリスマス特別公演 2015.12.24@すみだトリフォニー

上原ひろみ with 新日本フィルハーモニー交響楽団 クリスマス特別公演2015.12.24 Thu @ すみだトリフォニーホール指揮:下野竜也 今年の聴き納め、そして上原ひろみ祭り2015 冬の陣のラ ...